媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

コインパーキング事業で全国展開を本格化させる--アップルパーク

企業eye

山中直樹社長

アップルパーク・山中直樹社長

コインパーキング事業の全国展開を加速

 アップルパーク(東京都北区)は、駐車場や駐輪場に関わる幅広いサービスを提供している。主に手掛けているのは、コインパーキングを中心にした遊休地の活用提案。小売店や鉄道会社をはじめ、さまざまな企業向けに駐車・駐輪場の運営管理を手掛けている。

 同社では業績向上策の一環として、全国展開を加速させている。東京本社に加えて、昨年12月には沖縄営業所を、今年2月には大阪営業所をオープンさせた。

 同社が運営している駐車場と駐輪場は、現時点で約260カ所にまで達しており、地方における事業基盤を一層強固なものとする。加えて、ニッチ市場の創造を推進していく。山中社長は「コインパーキング業界では新規参入企業が増えるなど、競争が激化しています。駐車場は少ないけれど、需要が見込まれる地域を積極的に探しています」と力を込める。

 同社の2014年3月期における売上高は約17億円を見込んでいる。全国への浸透と新たなマーケットの開拓を行いながら、19年3月期の売上高40億円達成を実現させる。

 「目標を達成するため、人員を増加しています。従業員を増やしても、コミュニケーションを深めながら個々の力を高めていきたいですね」