媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「多次元的な展開で収益機会を拡大する」--平尾 丈・じげん社長の経営ビジョン

飛び出せベンチャー

日本最大級の転職サイト「転職EX」をはじめ、多様な領域にわたる「ライフメディアプラットフォーム事業」を運営している。運営サイトの対象ジャンルを拡大しながら、創業以来7期連続の増収増益を達成。昨年には株式上場を果たし、快進撃を続ける。平尾丈社長に事業の成功要因とビジネスに懸ける思いを聞いた。

経営者のままリクルート入社、じげんの前身企業へ

じげん社長 平尾 丈

じげん社長 平尾 丈

 「さまざまな事業を多次元的に展開させていくことで、収益機会を増やし、イノベーションを生み出していきたい」

 平尾氏は経営ビジョンについて力強く語る。もともと独立志向が強く、学生時代からベンチャー企業を経営していた。

 会社経営を続けたまま働くことができ、「入社1年後に退職する」という要求を呑んでくれた懐の深さに惹かれ、リクルートに入社する。経営企画室で新規事業開発に携わり、コンテンツを企画開発するドリコムとの共同出資で設立された、じげんの前身企業に出向。2008年に社長就任、業容拡大に貢献した。

 父の死を機に「理想の経営を追求したい」と思い、09年に出向企業を現社名に変更。10年にMBOを実施、リクルートを退社した。現在では、あらゆる情報を集約してネットユーザーに提供する「ライフメディアプラットフォーム事業」をメーンに行っている。「EX」ブランドとして、ジャンルは求人情報を中心に住宅、引っ越し、太陽光発電などの17サイトを運営している。

多様なマーケットで展開するじげん

 主な収益源は、サイトの運営会社に見込み顧客を紹介して得る送客手数料。合計ユニークユーザー数は月間平均で600万超と、急速に増加しており、手数料収入を順調に積み上げている。

 「EX」ブランドでは、従来のポータルサイトのように、広告営業に多大な時間と費用を掛ける必要はない。利益率は約5割にまで高まり、余剰資金を新規事業への投資に振り向けている。

 具体的には「薬剤師求人EX」と「旅行EX」を昨年から運営開始。「EXブランドはさまざまなマーケットで展開可能」(平尾氏)として今後もカバー領域を拡大していく。就職や住宅購入、婚活といった“ライフイベント領域”に加えて、チケット販売などの、より生活に密着した“日常消費領域”を対象とする。

 加えて、今年2月にインターキャピタル証券(現・よじげん証券)を取得、インターネット証券事業に参入した。従来の「ライフメディアプラットフォーム事業」に加え、同社の利用者規模を生かせる介在価値の高い市場を探す。

じげん
http://zigexn.co.jp/

 

【イノベーターズ】の記事一覧はこちら

経済界ウェブトップへ戻る