経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

言い訳はしないと決意しなさい。

富裕層専門のカリスマFP 江上治

富裕層専門のカリスマFP 江上治

言い訳をする前に考えるべきこととは

誰だって、人との付き合いの中で失敗することもあるし、

相手の要望に応えきれず、不快な思いをさせてしまうこともある。

そんなとき、そのマイナス状態を逆転できない人が、よくやってしまうのは、言い訳をすることである。

「私が悪いわけじゃないんです……」

「そんなつもりではなかったんです……」

これがどうしていけないかと言うと、自分の感情にしか焦点を合わせていないからだ。

すると、どういうことが起こるか。

相手には、この人の、「問題を抱えたくない」、「ペナルティーを課されたくない……」といった、突然に起こったマイナスの事態から、いち早く逃げ出したい気持ちしか、伝わってこないのである。

これはクレーム処理にも通じる。

確かに問題が起こったのは、あなたの責任ではないかもしれない。

相手が、誤解しているかもしれない。

しかし、目の前の人は、現状として、不快な思いを抱き、怒りや不満の感情を持ってしまっているのだ。これは動かしがたい事実である。

相手のことを思うならば、まずは、その感情を和らげてあげる努力をするのが第一であろう。

言い訳をするな まず、謝罪をせよ

では何をすべきか。

もちろん「謝罪」である。

「不快な思いをさせて、申し訳ありませんでした。」

「本当に、ごめんなさい」

丁寧に頭を下げて謝る。

本心から、謝罪の気持ちを持って謝る。これができなければ、人生を切り開ける人になることはできない。

言い訳ばかりする人に限って、自分に自信がないし、引け目を感じている。

自分は謝ることもしないのに、既に成功している人たちを見て、

「彼らは、謝罪をする必要がなくていいな」

と羨ましがっている。

しかし、もちろん、それは間違いである。

今、成功している人も、これまで大失敗を何度も犯しているのだ。

しかし、最後に成功している人と、成功しない人との、決定的な違いは、真っ先に相手に謝罪する態度を示すことができたかどうか、という点なのである。

ある有名ビジネスプロデューサーは、広告の仕事をした時に、相手の名前を間違って掲載してしまったという。

その時、彼は、どうしたか。

謝罪することも、自分の成長の糧だ

いち早く、菓子折りを持って謝罪に向かったのである。

深々と頭を下げ、心からのお詫びを伝えた。

言うまでもなく、さんざん罵られたのであるが、それを黙って聞いていたそうだ。

怒られるのは恐いし、頭を下げなければならないのは、辛いものである。

そんなことは、だれにもわかる。だが。それをしなくてはならないのだ。

人間としても、ビジネスマンとしても、当たり前のことなのである。

怖い、辛いと言って、そうしたトラブルから逃げ回っていたら、いつまでも、人に対して何らかの行動を起こせない人になってしまう。

何よりも、コトを起こしてしまったのは、自分なのだ。自分が悪いのである。

謝罪することも、自分を成長させる勉強だと思い、素直な気持ちで、

「ごめんなさい」

と言える人間になりたいものである。

とてつもなく稼ぐ人は、幾多の失敗に向き合い、素直な気持ちで謝罪し、大きな信頼を得て、今の成功を掴んでいるのである。

今号の流儀  不快な思いをさせたら、まず謝ること。成長はそこから始まる。

筆者の記事一覧はこちら

経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る