経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

自責思考で最適の解決策が浮かぶ

江上治

富裕層専門のカリスマFP 江上治

「覚悟」はどこから生まれるか

 先日は、「覚悟を決めれば応援者が現れる」という話をした。私自身の経験がベースになっている。

 6千万円という途方もない借金をしている人間を雇った時、どう処理をつけたらよいか迷い、メンターに相談した。そうしたら、「自分でその借金を背負う覚悟を持て」と、一喝された話だ。

 おかげで覚悟ができたのだが、話はそれで終わらず、メンターは他の事業家に、私を紹介してくれた。

 おかげで年収が1億円を超える人たちが、次々とお客さまになり、その人たちがまた別の方に縁をつないでくれたのだった。

 まさしく今日の私は、あの時、一つの「覚悟」をすることによって、出来上がったと言ってもよい。

 それほどまでに、人間にとって「覚悟」は重いし、その波及効果は大きい。

 今日は、その「覚悟」とはどういう行動や意識なのかについてお話ししたいと思う。

 会社員であれば、希望しない部署への移動や転勤、会社そのものの倒産、リストラ……などということが、いつ起こるか計ることができない。

 いや、計ることもできないが、こういった逆境や苦難は、誰でも避けたいものだ。しかし、サラリーマンであれば、100%これを避けた生き方はできない。

稼ぐ人の思考はすべて「自責」思考だ

 問題は、不運に遭遇したとき、これをどう捉えるかである。

 年収1億円以上稼いでいる人は、不運をことごとくチャンスに変えている。そうして、さらに成長し、億単位の年収を稼いでいる。

 それはなぜか、である。

 ところで、起こった不運を他人のせいにするのが「他責」、自分のせいだと考えるのが「自責」ということは、ご存じだろう。

 1億円以上稼ぐ人の思考の根底にある共通点は、常に「自責」である。

 社員を雇っている経営者であれば、100%が自分の責任と思っていなければ、とてつもない年収を稼ぎ続ける人にはなれない。

 社員にやる気がない。

 社員が休みがちだ。

 スタッフが育たない。

 社員の営業成績が上がらない。

 こうしたことのすべては、そういう境遇しか与えられない経営者の責任だと考える。これが自責の思考である。

 夫婦関係でも同じだ。

 すれ違いがあったときに、相手のほうが悪いと思うから、問題が起きる。

すべては自分のせい これが報酬を呼び込む

 しかし、奥さんが食事を作らないとすれば、奥さんをそのような気分にさせている自分が悪いのだ。

 奥さんの機嫌が悪い。

 それも自分が悪いのだ。

 もしかして、「ただいま」の自分の声が暗かったのかもしれない。全部自分が悪いのだと、まずは思わなくてはならないのである。

 そうすれば、自然と解決策が生まれる。

 ところが、相手のあそこが悪い、ここが悪いと言い出すと、何の解決にもならず、同じ(いさか)いを繰り返すばかりとなる。

 そのような行動は、自分にとっての新しい気づきもなければ、人間的な成長もない。すなわち、稼げないのである。

 目の前にある問題は自分が引き受けていくしかない、そう思えば、すべてに向き合うことができる。

 やり方を変えなくてはならない、考え方そのものを変えなくてはならない、と気づくのである。

 まずは、すべて自分のせいであると受け止める。ただそれだけで、前向きな行動が生まれ、とてつもない報酬を呼び込むのである。

今号の流儀

「責任」はすべて自分、と腹を決めれば次の行動が分かる。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る