経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

セルフイメージはなぜ重要か

西岡慎也氏

「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはずだ。本シリーズでは、20年間で2万人以上のファッションをコーディネートしてきた、ファッションスタイリストジャパン(FSJ)の西岡慎也氏が、ファッションとの向き合い方、具体的なテクニックなどを、ビジネスパーソンに向けて伝授する。

 ファッションは永続的な自己啓発

  読者の皆さんの中には、自己啓発セミナーに通われたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 自己啓発の目的は、仕事で成果を出したい、人間的に向上したい、女性にモテたいなどさまざまでしょう。セミナーを受けた後、意識が高まってやる気が溢れた、という経験をお持ちの方も多いと思います。しかし、ほとんどの場合、そうした気分は時間が経つと萎んでしまいます。

 ファッションは、いわば永続的に続く自己啓発です。人はやる気と自信に満ちて、セルフイメージが上がっているときは行動範囲が広がりますが、気後れすると行動範囲が狭まります。

 行動範囲が狭くなると、会える人が限られてきて、ひいては仕事にも影響するということはお分かりいただけると思います。もし、「この服でOKなのか」という迷いがあると、セルフイメージは下がり、行動範囲が狭まってしまいます。

 たとえば、一流ホテルのパーティに、ファストファッションで参加できる方はほとんどいないでしょう。「全く気にしない」という方がいらっしゃれば、そのポジティブさ自体は素晴らしいと思います。

 ただ、周りの人々はどうでしょうか。たとえば同伴した奥様は嫌がるかもしれませんね。ファストファッションも素晴らしいものですが、「ファストファッションだから素晴らしい」という意味ではありません。それは逆に、ファストファッションのお店に対して失礼でもあります。

 勘違いしてはいけないのは、高いブランドものを着ることイコール、セルフイメージの向上ではないということです。高いお金を払って、一流のブランドを着るからセルフイメージが上がるという考え方だと、得てして態度が高慢になりがちです。

 本物のセルフイメージ向上とは、「自分にはこの服装がふさわしい。それはこれこれこういう理由だ」という、きちんとした根拠のある自信から生まれるものなのです。「どこに行っても安心感が持てる」という視点で服を選べば、セルフイメージは上がっても決して高慢にはならないのです。

 「自分軸」と「相手軸」の違い

 高いブランド服を着て満足することと、どんな人に会っても確実に相手から好印象を持たれるという理由から服を選ぶのとでは全く違います。

 ブランドを求めるのは、いわば「自分軸」の考え方です。対して、相手を不快にさせたくないという気持ちは、「相手軸」の考え方です。皆さんにはぜひ、相手軸によるセルフイメージ向上を目指してほしいと思っています。

 相手軸という視点で言えば、ファッションに関してポジティブになりすぎるのは実は怖いということも指摘しておきます。

 一般的に「ポジティブ」と「ネガティブ」であれば、ポジティブなほうが好ましいと思われることでしょう。しかし、ポジティブになり過ぎると、たとえば相手側から服装を変えたほうがいいと助言されても、「自分はこのままでいい」と現状維持に落ち着いてしまう可能性もあるのです。

 仮にセンスのなさを指摘されて、その時はショックでも、自分のファッションを改善するきっかけにすることができます。ネガティブなのも実は、自分の中でブレークスルーを起こす第一歩になり得るのです。

 西岡慎也のワンポイントアドバイス

西岡慎也 セルフイメージを上げる有効なアイテムの1つに、ポケットチーフがあります。人によっては「気取ってると思われるのではないか」と心配されるかもしれませんが、もともとチーフを入れるのはネクタイを締めるよりも礼儀とされていました。気持ちに余裕を持たせるツールでもあります。色の組み合わせなどを工夫する必要がありますが、不安があるのならシャツかネクタイの色に合わせると上手くまとまります。白のリネン(麻)チーフであれば、どんなコーディネートにも合わせられます。

 (にしおか・しんや)1979年生まれ。茨城県土浦市出身。21歳で米輸入会社ワイルドウエストジャパンに就職し、約4千人のファンを獲得。2001年、セレクトショップ「WITH PREASURE」を独立開業。従来のアパレルの販売方法ではなく、コンサルティングを中心としたコーディネートの手法を確立する。10年にファッションスタイリストジャパンを設立し、多くの著名人、エグゼクティブの顧客を獲得し、現在に至る。

ファッションスタイリストジャパンHP

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る