経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

“丸い6cmロックアイス”を家庭で 簡単に製造―― 俺の丸氷(ライクイット)

ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役 山本康博氏

丸いロックアイスの良さとは

第10回画像1 グッドデザイン賞をいくつも輩出するハウスウェアーブランドメーカー「like-it(ライクイット)」社が発売している、丸い6cmロックアイスが手軽かつ簡単に作れる商品をご紹介します。

 筆者も、実際に購入してロックアイスを作り、コカ・コーラを入れて飲んでみましたが、簡単に丸い氷が作れて、コカ・コーラも炭酸が抜けず冷や冷やでとっても美味しかったです。四角い氷だと、液体と接触する面積が大きくなることで氷が溶けてしまうため味が薄くなるものですが、ウィスキーのロックのようにちょっとずつ溶けていくという原理は理にかなっているかと。

 このライクイット社は、これ以外にもたくさんの優れもの生活グッズを販売していて、コンセプトも素晴らしい。

「生活者に愛され続けるモノづくり」をテーマとし、デザインは“Simple is Best”にこだわり続けてきたとのこと。

 なるほど、シンプルイズベストが根幹にあるのだから出来たのだと感じました。

 今回は、ライクイット社製“俺の丸氷”白(STK-06)をAmazonから1個540円で購入して、翌日に届きました。

 容器を取り出して洗い、コップに湯沸かし器のお湯を入れてから、人肌の温度になるまでに水で薄めて、氷容器に注ぎ、軽くポンポンと空気を出すだけという簡単さ。一度沸騰した水のほうが空気が抜けて透明になりやすいとのことだったので、今回はポットのお湯を使いました。

 そして翌日、冷蔵庫から出してみると、まあ見事に綺麗な丸い6cmロックアイスが出来ているではないですか。容器のにおいも全く付いていません。

 せっかくならと瓶のコカ・コーラを注いでみると、炭酸が余り抜けずにキンキンに冷えた状態になり、飲むと納得の味わいが堪能でき、普通に冷やしたものより2倍くらい冷えている感じです。のど越しに効く美味しさに大満足です。

家庭で丸いロックアイスが作れる実用性と遊び心の両立

第10回画像4 「俺の丸氷」というネーミングにもこだわりを感じます。ちょっとどこかで聞いた響きかもしれませんが、なるほどナイスなネーミングです。

 この製氷器は重ねることが出来る構造なので、2段にして6個買って凍らせておけば、綺麗な丸い氷がいつも用意されているという便利設計になっています。しかも、日本製です。

 夏に向けて、来客に麦茶をお出しする際に、丸いロックアイスで提供したらきっと驚かれて、そこから話題が広がるような気がします。

 家庭で、子供たちといろいろなものを丸い形にして楽しむことなどもできるでしょう。ライクイット社のように、実用性と遊び心を持った商品を真面目に作り上げる企業が日本でたくさん出現すれば、きっと景気も明るくなるのだろうなと感じました。

 ちなみに、この商品のさまざまな使い方の投稿サイトhttp://iceballrecipe.jugem.jp/もあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

※本連載の記事一覧はこちらから

++++++++++++

(やまもと・やすひろ):ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画・開発に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム、テレビCMは52本製作。1年以上継続した商品を計算すると打率3割3分、マーケティング実績30年。現在では新商品開発サポートのほか、業界紙をはじめとしたメディア出演や連載寄稿、企業研修、大学等でのセミナー・講義なども多数実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)、英語著書『Stick Out~a ninja marketer~』(BVC)など。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る