経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

初の女性支店長が誕生 社会情勢の変化に対応し女性らしさと統括力を発揮―長谷工コーポレーション


創業80余年。「住まいと暮らしの創造企業グループ」である長谷工グループの代表企業、長谷工コーポレーションに初の女性支店長が誕生した。少子高齢社会やコロナ禍における対応力、また男性が多くを占める業界での女性の活躍を推進する新支店長への期待度は高い。

長谷工コーポレーション名古屋支店支店長・間瀬さゆり
長谷工コーポレーション名古屋支店支店長 間瀬さゆり(ませ・さゆり)


 関東や関西、中部、九州、中国地方、海外はベトナムなどに支店と営業所を持つ長谷工コーポレーションに、2021年4月、女性支店長が誕生した。

 間瀬さゆり名古屋支店支店長は1990年に入社し、2005年に名古屋支店の不動産部チーフ、17年に不動産部部長、19年には同支店の副支店長となり、リーダーとしての頭角を現してきた。

 「名古屋のマンション市場規模は東京や大阪に比べると圧倒的に小さいです。販売においても初月販売率は低く、時間をかけてじっくり販売するのが一般的です。また、事業用地は、鉄道や地下鉄沿線という考え方だけではなく、地域特性を十分考慮した上で選定を行いますので、東海地区特有の難しさがあります。しかしながら近年、市内中心部ではタワーマンションも増え、当社も現在2棟を施工中、来春には新たに3棟目を着工する予定です」

 今年度の支店目標は、タワーマンションの受注、駅前再開発事業の取り組み、老朽化マンションの建て替え等により安定した受注材料の確保と施工エリアの拡大と語る。

 「再開発事業は将来的には当社の柱の一つになるものです。街をつくることで災害時には拠点となったり、地域の活性化につながります。住みやすさ、防災、減災に配慮したレジリエントなマンションづくり、街づくりを目指します」

 15年の女性活躍推進法の成立から同社でも女性の働き方を考える動きがあった。①結婚・妊娠、②子育て、③介護に対するサポート制度を積極的に導入し、女性採用率30%を目標に掲げている。

 「東京、大阪、名古屋で女性社員の交流が図れるようになりました。また、私自身も営業職の若手女子社員から声を掛けられるようになり、それぞれの悩みを聴いたり、アドバイスできる機会が増えました。業界はまだ男性社会のイメージではありますが、女性も働きやすい環境を整え、営業職に限らず、設計や建設現場でも女性社員たちが活躍できる場所やシーンをつくっていきます」

 名古屋の体質、地域の感覚、そして女性社員への理解度が高い女性支店長への期待値が高まる。

会社概要
創業 1937年2月
資本金 575億円
所在地 本社:東京都港区
    名古屋支店:愛知県名古屋市中区
従業員数 2,523人
事業内容 建設事業、不動産事業、エンジニアリング事業
https://www.haseko.co.jp/hc/

【AD】