経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

会うのが仕事と考えていないか。

富裕層専門のカリスマFP 江上治

1日に3人以上と会ってはいけない

 予定がびっしりと埋まっているスケジュール帳を見て、うっとりしている人はいないだろうか。残念ながらそんなあなたは、稼げない人だと断言しなくてはならない。

 スケジュール管理だけの思考法ではとても稼げる人にはなれないのだ。それは「捨てる」大切さを認識していないからである。捨てないから、最も重要なことに集中しないまま、エネルギーを分散させて日々を過ごす結果になってしまう。

 この捨てる意識がないと、誰に会う、何をやるという予定で真っ黒になった手帳を見て、「俺は仕事をしている」という気分に陥ってしまうことになる。

 実は私も若いころ、電話でアポを取り、手帳に書き入れている時、次々に空欄が埋まっていくのに不思議な満足感、充実感を覚えていたものだった。

 しかし、そのころのメンターである地方銀行の副頭取が、「江上君、毎日何人にも会ったらダメだ。1日に3人以上には会ってはいけない。集中しなさい」と、そんな私の行動をいさめてくれたことがあったのだ。

 2人だけに会う。その2人のためだけに提案資料を作り、2人の家族構成から趣味嗜好、好きな食べ物、どんな場所・店で会えば喜ぶか、すべてを調べてから会う。

人に会うことがあなたの目的なのか

 会う人を2人と限定しているからこそ、こうした情報の深掘りができる。

 しかし、手帳が黒くなるほど人と会っていたら、そこまで手が回らない。手が回らないということは、面会が粗雑になるということだ。粗雑になるから当然、成果が上がらないのである。

 人に会うことが目的だと思っている人は、成果を最初から期待していない人と言い換えてもいいだろう。

 その日々の行動がどのような目的を達成するために行われているのか、という最も重要な意識が、会うのが仕事と思っている人には欠けているのである。目的意識を欠いた行動は、毎日をバラバラな不連続の集合体としてしまう。

 稼ぐ人は、目的を定め、その目的から引き出された目標を定義し、その達成のために誰と会わなければならないかを考えて行動する。稼げない人には、そもそも、その意識がないのである。

 会うのが仕事ではない。目的を達成することが仕事なのである。しかし、どうしても日々の仕事に追われるうちに、人は会うことそのものが目的化してしまいがちになる。

手帳の最初のページに「目的」を書きなさい

 ではどうしたらよいのか。ここではそのヒントを簡単に紹介しておこう。簡単なことではあるが、実はここに記したことを実行すれば、あなたは間違いなく「稼げる人間」になるだろう。

 まず、手帳の最初に、あなたにとって、ゆるがせにできない「目的」を書き、それを毎日確認するのである。

 「目的」ということは、少し分かりづらい言葉であるが、「夢」を現実に置き換えたものが、「目的」となると考えていい。経営者ならば「理想とする会社」「ぜひ成功させたい事業」などがそれにあたるだろう。サラリーマンなら「○○事業で起業する」を目的としてもいい。

 あるいは目的から演繹された「目標」でもよい。目標は「売上10億円」のように数字で表されることが多い。

 この「目的」「目標」を達成させるために、いま会うべき人は誰なのか。ここで「会う人」を決めるのだ。とてつもなく稼ぐ人は、自分の仕事の成果とは何かを常に意識し、それを手帳の最初のページに書いて毎日確認し、行動がブレないように行動し、大きな成果を出し続けているのだ。

今号の流儀

目的を考えよ。その目的から、今日の行動が決まるのである。

適切な人か不適切な人か

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る