経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

空軍上がりの異色女性経営者のモットーは「とにかくやる」― ゲスト 黒田真紀(エノアコーポレーション社長)前編

イゲット千恵子氏

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

黒田マキPHOTO3

(くろだ・まき)10代でカリフォルニアに家族で移住し、空軍に入隊。4年間勤務したのち、退役してMBAを取得。ソニーコーポレーションアメリカ、マリオットホテル、野村證券などを経て、1996年にハワイに移住。ワイキキトロリーの運行などを手掛けるエノアコーポレーションの代表取締役社長に就任し、現在に至る。

空軍でも問題児ぶりを発揮した黒田真紀氏

イゲット まず、黒田さんがアメリカに来た経緯からお願いします。

黒田 簡単に言うと、16歳の時、家族の関係で来たわけですけど、本当の理由は、私が問題児で学校でトラブルばかり起こしていたので、絶対に不良になると両親が心配して海外移住したんです。

まず、カリフォルニアに行って、空軍にいたころは日本や欧州など、いろんなところに行きました。ハワイには1996年に来て、それからずっと住んでいるので、22年になりますね。

イゲット 大学では何を専攻されたんですか?

黒田 2つ学位を持っていて、1つはビジネスアドミニストレーション(経営管理)、もう1つはマーケティングです。卒業後はすぐに空軍に入って、その後学校に戻ってMBAを取りました。

イゲット 空軍に入ったきっかけは何だったのでしょうか?

黒田 子供の頃から男っぽくて、F15戦闘機のパイロットになりたかったんです。男の子が好きそうなオートバイに乗ったり、中身はまるっきり男性でした。ただ、当時女性はパイロットになれなくて、仕方なく空軍の中の頭脳部に行きました。どんな仕事をしていたかは、機密だから言えないんですが。

イゲット 空軍に女性はどれぐらいいたんですか?

黒田 結構少なかったですね。私がスペインにアサインした時は、女性200人、男性4千人ぐらいの比率でした。今ではたくさん女性がいて、50:50になってるかな。女性もパイロットになれますからね。陸軍や海軍では、まだ女性の数は少ないと思いますが。

イゲット 空軍には何年ぐらい所属していたのですか?

黒田 4年いて、退役した後にMBAを取りました。MBAを取った理由は、国からGIビル(退役軍人に対する恩給)がもらえたからです。私としては空軍が好きだったので、20年間勤めてから退職しようかとも思いましたが、そうしなかった理由は、恥ずかしいことなんですが、子供の頃と同じく問題児だったからです。上官に「なんでこれやるんですか?」とかすぐに質問しちゃうんですね。

でも、軍隊では「やれ」と命令されたらやらなくてはいけない。なのに、「こっちのやり方のほうが効率的で生産的じゃないですか?」なんて提案してしまうほうだったから、そのままいても階級を上げるのが難しいんじゃないかなと。軍隊は民間企業より政治的で、ボスに嫌われたら階級を上げるのが非常に難しいですからね。ボスが右向けと言えば右、歩けと言えば歩かなくてはいけない世界ですから。アメリカの軍隊は、一定期間階級上がらないとクビになってしまうんです。だから、たぶん私はクビになるだろうと思って辞めました(笑)。

黒田真紀氏の経歴とハワイに来て感じたこと

イゲット MBAを取った後は、いろんなところで働いたんですよね?

黒田 ソニーやマリオットホテルや野村證券など、「フォーチュン500」に載るような大きな会社で働きました。それプラス、MBAを持っていると大学で教えることができるので、マーケティングやビジネスを学生に教えていました。HPU(ハワイ・パシフィック・ユニバーシティ)でも教えたことがあります。生徒たちと話しているといろんなアイデア出てくるし、こちらが給料もらって悪いなと思うくらい、教えるのって楽しいと感じていました。そのおかげで、今でもHPUから優秀なインターンが取れたりしています。

イゲット ハワイに定住することになった経緯は?

黒田 最終的にハワイに来た理由は離婚です。前からハワイは好きだったし、人生を変えようということで。最初は5年もしたら、アメリカ本土に帰る予定だったんですが、従業員さんたちがいい人ばかりで大好きになって、もう22年も住んでいます。従業員は300人近くいますが、みなさん心が優しいというか、以前勤めていた大企業とは、何かが違いますね。

この会社にきて、人間の良さがわかりました。正直だから、良いことと悪いことをちゃんと言ってくれるし、私も物事をはっきり言うタイプなので。いろんなことで迷惑をかけているとは思いますが、頑張っていただいて感謝しています。

イゲット ハワイで経営者として22年間過ごして、特に大変だったことは?

黒田 キャッシュフローですね。昔の話ですが、金銭的にきつかったこともあります。ただ、人間関係で大変だったことはないです。

イゲット ワイキキトロリーの業績は、観光業界全体のアップダウンにかなり影響を受けるのではないですか?

黒田 完全にそうです。どんなに頑張っても9.11の後はお客さんが半分に減りましたし。外部要因でハワイに人が来なくなった時は本当に大変です。

イゲット 海外から来る観光客以外に、エージェント向けにもビジネスを行っていますよね。

黒田 エージェントは大口の取引先で、トロリーをチャーターしてもらったりしています。ただ、旅行者の習慣が変わって個人でチケットを探す方が増えているし、インターネットでの販売も増えているので、そちらにも力を入れてようと考えています。

イゲット 旅行の仕方が変わってくれば、ビジネスも変わっていきますよね。

黒田 以前はアメリカ人と比べて、日本人は旅行スケジュールを詰め込む傾向がありましたが、今はもっと余裕を持って、リラックスした旅を楽しむ人も増えて来ました。ブランド物を買いに来るというより、楽しみたいとかいろいろ経験したいという人も増えています。そういう方たちに、どうやってプロダクトを売るか考えていかないといけないので、とにかくリサーチ、リサーチ、リサーチです。

黒田真紀氏の理念 ~失敗してもいいからとにかくやる~

イゲット 黒田さんはもともとマーケティング専攻ですから、新しいことに挑戦するのが好きなんじゃないですか?

黒田 大好きです。間違ってもいいし、100回やれば1回は成功するから何しろやってくださいと従業員には言っています。何かをやる前には、当然フィージビリティ・アナリシス(計画実現のための事前分析)を行って、いくらお金がかかってどのくらいの利益率かといったことは考えますが、とにかくやろうと。結構やるのが早すぎたりもして「今日の夜までにやって!」とか。せっかちなのが私の悪いところなんですが(笑)。

イゲット ハワイで一番せっかちかな人間は私だと自分では思っていましたが、まだ上がいたなと思いながら聞いています(笑)。

黒田 だからみなさんに感謝しているんです。こんなせっかちな人間と一緒に仕事していただいていますから。(後編に続く

ChiekoEggedDSC_3145

(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

イゲット千恵子氏の記事一覧はこちら

経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る