経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

在宅ワークの悩み「腰痛」をどう解消するか

在宅ワークでつい座りっぱなしになり、腰痛を発症するビジネスパーソンは少なくない。今回は神奈川県で整骨院・整体院を開業する傍ら、はくだけで腰痛ケアができる整体パンツを開発したボディスプラウト代表取締役の小林篤史氏に、試行錯誤の末にたどり着いた腰痛改善法を聞いた。(吉田浩)

在宅ワークで腰痛患者が増加

 「在宅ワークの普及で腰痛になる方は確実に増えています。整体パンツ・ショーツの販売数だけでなく、整骨院の来院患者さんも20年6月以降非常に増えていますね」

 こう語るのはボディスプラウト代表取締役の小林篤史氏。通信販売で女性用に売り出した「整体ショーツNEO+(ネオプラス)」をはじめ、男性用の「整体パンツNEW ZERO(ニューゼロ)」も好評で、両シリーズの累計販売数は11万点を超えた(20年12月時点)。女性用、男性用ともに、通常の下着代わりにはくだけで腰痛を改善できる点を特徴として謳っている。

腰痛の主な原因は「猫背」にあった

 自らも学生時代に腰痛を患っていた小林氏は、カイロプラクティック、柔道整復、鍼灸などさまざまな治療法を学び、最終的にたどり着いたのが骨盤矯正だ。特に注目したのが、猫背になることで腰痛を引き起こすケース。そこで、2007年に当時はまだ珍しかった「猫背矯正」を全面的に打ち出し、経営する整骨院の看板メニューにした。

 「猫背は背中だけまっすぐにすることで治そうとしても難しく、実は骨盤の位置から治さないといけないんです。腰痛改善には姿勢が重要ということは治療家の間ではある程度知られていましたが、一般的にはあまり知られていませんでした」と小林氏は言う。

「猫背からくる腰痛は骨盤から矯正することが必要」と説く小林氏

猫背になる原因とは

 小林氏の説明によると、重要なのは骨盤を立てた姿勢を維持すること。上半身を支えるための土台となる骨盤の位置が正しく決まらないことによって、猫背になるケースが非常に多いという。

 「椅子に座っているとき、背もたれがあるとどうしても骨盤が後ろに倒れがちになります。多くの人は正しい姿勢ではなく、自分が楽な姿勢を取ってしまうので、それが定着することで腰痛が悪化していきます」

 では、どのような椅子が腰を痛めやすいのか。

 「例えば、小学校にある木製の椅子などは、座面がツルツル滑って体が後傾するうえに、座面に傾斜がついている場合もあるので、厳しいですね。背もたれに背中を付ける必要はなく、正しい姿勢をキープするよう意識したほうが良いです」

 姿勢が後傾することで反り腰となり、それが猫背を引き起こしている場合は、背中の筋肉が縮む一方で腹筋が伸びている状態。矯正するには、縮んだ部分を伸ばしたり緩めたりする必要があるが、土台となる骨盤を立てて、その上にしっかり乗せることが重要だと小林氏は語る。

 太ってお腹が出ている人も要注意だという。

 「お腹が出ていて骨盤が前傾している人は、重力がおなかに集まっているため、腰が前方に引っ張られ形で固定されていることが多い。固まった状態からはなかなか骨盤が立てにくいんです」

 また、立ち仕事も同様に、骨盤の位置が大きく影響する。ヒールを履いた女性が立ち仕事で腰を痛めやすいのは、骨盤の前傾度が深まることが原因だと小林氏は指摘する。

普段の姿勢が腰痛を引き起こす原因になる(写真はボディスプラウト提供)

腰痛改善の秘訣は「骨盤を立たせる」

 座りっぱなしの作業が腰に良くないのはもちろんだが、特に悪いのが炬燵などで作業しながら床に座りっぱなしの状態で、座椅子を使っても腰への負担は避けられない。やはり椅子にしっかりと座り、骨盤を立てた正しい姿勢を維持するのがポイントだ。

 ただ、姿勢を意識するのが大事とはいえ、作業に熱中するとつい姿勢が崩れてしまうもの。そこで、家庭で使用できる商品として小林氏が開発したのが、記事冒頭で紹介した整体ショーツ・パンツだ。

 下着としてはくだけで腰痛を改善することを目的とした類似商品は既にあったものの、その大半が単に骨盤を締めつける、あるいは骨盤を立てることを主眼にしていないものだった。

 最初に開発したのは、女性用の整体ショーツ。メカニズムはシンプルで、独自開発のパワーネットによって、骨盤底筋に向かって締める力を働かせることで仙骨を支え、骨盤を立たせる。類似商品の多くは下から上に力を働かせるために、反り腰となって逆に腰に負担をかけてしまうのだという。

 「お尻の穴に向かってに力が働きますが、お尻が下がって見える心配はありません。むしろお尻の筋肉が使われやすくなるので、引き締まってきます」

 コルセットなどと違い腰回りの筋肉に負担がかからず、下着として24時間着用が可能となっている。デスクワークだけでなく、立ち仕事時にも自然と骨盤の位置を補正できるという。男性向けの整体パンツも同じ理論に基づいて作られている。

骨盤底筋に向かって締める力を働かせ骨盤を立たせる

在宅ワークによる精神面のストレスも腰痛の原因に

 今後も整骨院の経営や商品の改良を重ねることによって、腰痛改善ための環境づくりを進めたいと語る小林氏。多忙な企業経営者のために、施術時間が短く月額制で何回でも通える整体院をオープンするなど、腰痛に悩むビジネスパーソンの支援にも力を入れる。

 「コロナ自粛で皆さんの健康への意識が高まっているのを感じます。腰痛の原因は姿勢の悪さのほかにも、精神面、生活面などのストレスが一番弱い部分に圧し掛かってくることで起きるとも考えられます。ですから施術の時には、姿勢以外にも大きなストレスの要因がないかを見させていただきます」

 慣れない在宅ワークの負担は、思わぬ部分にかかっているかもしれない。整体ショーツ・パンツのようなグッズを上手く活用するとともに、家族や気の置けない友人と頻繁にコミュニケーションを取るなど、ストレスを開放してあげることも重要だろう。