媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

システム統合に挑むみずほFGに突き付けられた課題

ニュースレポート

みずほフィナンシャルグループが最大の経営課題と言える基幹系システムの統合に再び挑んでいる。過去、統合に失敗してトラブルを発生させてきただけに、注目が集まる。次期システムが稼働する2016年までの3年余り、みずほグループはシステム統合が最大の課題となる。 (ジャーナリスト/土田和利)

〝大人の事情〟でやむなく4社体制のシステム統合に

 今回、みずほグループは傘下のみずほ銀行、みずほコーポレート銀行を統合するワンバンク化を実現した上で、システム統合に乗り出した。経営課題の一挙解決体制と言っていい。みずほ統合から10年超という歳月が経過した段階での再チャレンジである。

 みずほの基幹系システムは、旧みずほ銀行、旧みずほコーポのいずれでも本格的な更新が遅れていたため、このままでは、システム能力が他のメガバンクよりも見劣りする状況にあった。その意味でも、みずほグループにとって、今回のシステム統合では失敗が許されない。

 だが、その一方では、銀行業界には「引き続き、壮大な実験プロジェクト」と冷ややかに見る向きが少なくない。過去のシステム統合作業は、母体銀行のメーン先である富士通、日立、日本IBMをすべて活用する形態だったが、今回は、さらにNTTデータも加わる4社体制となっている。前例を見ないプロジェクト態勢であり、「開発の要であるプロジェクトマネジメントがうまくできるのか」と不安視する声がライバル銀行からも出ているのが現実だ。

 みずほグループは発足以来、第一勧銀、富士、興銀という母体3銀行の牽制関係が解消せず、社内融和が滞ったことで知られている。それを解消するためにもワンバンク化が求められていた。

 しかし、他のメガバンクでは、基幹系システムは母体銀行のいずれかに片寄せする方式となったものの、今回もみずほはそのような道は選択できなかった。それが吉と出るか、凶と出るか、というわけだ。

 この点、同情的な声もある。メガバンクとしての最後のシステム統合であり、わが国を代表するシステムベンダーである富士通、日立をないがしろにすることはできなかったという見方だ。三井住友銀行がNECで、三菱東京UFJ銀行が日本IBMを活用した結果、みずほグループがベンダーを絞り込めれば、富士通、日立が蚊帳の外になりかねない事態となっていたからだ。それゆえ、多社体制となってしまったことが、今後、どのような結果をもたらすのか。

 それにしても、みずほグループが過去、2度にわたって発生させたシステムトラブルは悲劇的だった。中でも、2度目は、11年3月の東日本大震災と重なって発生したこともあって、利用者に与えた被害は大きく、厳しい非難が全国から寄せられた。結局、経営陣の刷新へと、追い込まれたが、これによって、みずほグループの経営体制が正常化したことは間違いない。母体3グループのポスト確保という面から遅々として進まなかったワンバンク化も実現できた。

 そこで、いよいよ、本格的なシステム統合というわけであり、それを発表したみずほFGの、佐藤康博社長兼銀行頭取は自信あふれる態度を垣間見せた。だが、繰り返しになるが、このプロジェクトが「前代未聞のアプローチ」(有力システムベンダー)であることには変わりはない。

みずほFGにとって今後3年間のIT戦略が鍵となる

 それだけではない。あるコンピューターシステムの専門家は「基幹系システム統合となれば、銀行のシステム部門は総動員となる。その間、他の課題への対応は後回しにならざるを得ないだろう」と指摘する。

 何しろ、統合作業は3年を要する長丁場である。その3年間、ライバル銀行では、安定したシステム基盤の上で、最新のIT機能を駆使したチャレンジングな取り組みを行うことは明らかだ。

 「わが国の銀行は、欧米の有力銀行に比べて、システムを駆使した決済ビジネスなどにおいて後れを取ってきた。それにキャッチアップできる状況が整い始めたのが最近のことであり、この数年間は極めて重要なタイミングとなる」(外資系銀行の元システム担当責任者)

 確かに、コンピューター言語などの進化はすさまじく、それを刷新することによって、ビジネス領域が拡大するような競争が世界の金融ビジネスでは繰り返されてきている。欧米銀行の経営が苦しくなり、システム投資がままならなくなっている現在こそ、邦銀勢はシステム力を向上させて、この分野でキャッチアップする最大のチャンスを迎えているのである。

 その点、前掲の専門家が懸念するように、システム統合に経営資源を集中化せざるを得なくなると、みずほグループは、この数年間の中でライバル銀行に水をあけられることになりかねない。そうならずに、システム統合作業の中にあっても、同時並行的に基幹系システムに最新鋭のIT技術を搭載するような対応をみずほグループがとれるかどうか。これは「システム開発力というよりも、銀行の体力そして経営陣の決断力が試される」(金融関係者)と言う。

 もちろん、みずほグループにとって、再度の挫折は絶対に許されない。再び、大規模なシステムトラブルを発生させれば、顧客からの信頼という面からも致命傷を負うことは避けられない。みずほグループの存続まで危ぶまれかねないことすら想定される。しかし、システム統合作業の安全操業のみを追求した果てに、システム統合は無事に実現できて、トラブルも発生せずにやりこなせても、次期システムが稼働する3年後には、ライバル銀行にシステム力で差をつけられていたとなれば、それもまた、経営上では取り返しがつかない致命傷になりかねない。

 その意味でも、過去の失敗の痛手は大きかったことになる。みずほグループの綱渡りは悲願のワンバンク化を実現して、これから先、より重大な局面を迎えることになる。

 

【みずほ】関連記事一覧はこちら

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る