媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「デジタルの世界における紙と鉛筆のような存在に」――山田正彦・ワコム社長

 電子機器の製造、販売を手掛けるワコムは、世界のペンタブレット市場で80%以上のシェアを誇る。躍進の要因と、中期経営計画で掲げる2016年3月期決算までの連結売上高1200億円以上の達成への取り組みを山田正彦社長に尋ねた。

山田正彦(ワコム社長)

山田正彦(ワコム社長)

サムスンとの協業が業績好調の一因に

―― 13年3月期決算では大幅な増収増益となりましたが。

山田 売上高は前期比50・0%増の610億6800万円、営業利益が94・6%増の79億1500万円を計上しました。  全体では、スマートフォンやタブレット端末といった部品の開発・販売を手掛けるコンポーネント事業が業績に寄与しています。プロのクリエイターや消費者向けに自社製品を提供するブランド製品事業との両輪で、成長し続けたいと考えています。

―― コンポーネント事業が好調だった理由は。

山田 韓国の総合家電最大手、サムスン電子とのパートナーシップが要因の1つに挙げられます。当社はサムスン電子製のスマートフォン「GALAXY Note」シリーズなどに電子ペン技術を提供しています。今年1月にはサムスン電子との資本業務提携を発表、5%の出資を受けました。中長期的な視野に基づく、非常に高いレベルでの協力関係を構築できたと認識しています。お互いの成長のためのロードマップを確認し、優れた技術をできるだけ早く世の中に出していく計画です。

―― サムスン電子以外の企業との協業はどのように進めていきますか。

山田 製品を市場に普及させるため、スマートフォン市場でトップシェアを誇るサムスンのように、最もシナジーが期待できる企業とタッグを組んでいきたいと思います。具体的には、マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」搭載商品向けにより一層製品を供給していきたいですね。

 それから、今後われわれが商機を見いだしているのは電子書籍端末です。携帯電話、タブレット端末、電子書籍端末とそれぞれのカテゴリーでペンの導入を進めて、業績の成長スピードを今まで以上に加速させます。

―― これまで貴社の業績が拡大してきた要因について。

山田 1990年代後半に自前の生産設備を持たないファブレス化への転換を果たしています。現在、自社では中核技術に関連した生産に特化し、外部生産比率は90%を超えました。海外各国のパートナー企業に下流工程を委託して、技術開発と市場開拓に経営資源を集中させる体制を構築しています。

 ファブレス化の利点は、複数のパートナー企業が持つノウハウを組み合わせて、多様化する顧客ニーズに迅速に対応できる点です。自社工場だけの生産体制だったら、品質とスピードへの要求水準が極めて高いサムスンとパートナーシップを結ぶことはできなかったでしょう。

 それだけに、パートナー企業にはグローバル市場の変化に対応できるだけのスピードと柔軟性を求めています。現在、パートナー企業はブランド製品事業で10社、コンポーネント事業で3社の計13社。パートナー同士の競争を促してコスト低減と品質向上を図っています。

1 2