媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

電機黒字化に自信を見せる 平井ソニーの次の一手

ニュースレポート

ソニーが上げ潮ムードに乗っている。ここに来て平井一夫社長が進めてきた改革の成果が表れた格好だ。エレクトロニクス事業の黒字化を今期の目標としているが、インタビューに応じた平井社長はその手ごたえを語った。

ソニーらしさの復活が業績を後押し

平井一夫・ソニー社長

平井一夫・ソニー社長

 エレクトロニクス事業の再生を掲げて、平井一夫氏がソニーの社長に就任し2年目となる今年、目に見える形での結果が出始めている。まず業績が回復基調で推移。3年にわたって赤字だったテレビ部門は2013年第1四半期に黒字に転じた。続く第2四半期は赤字となったものの、前年同期からの赤字幅は縮小し、回復に向けた流れは継続している。

 ソニーではエレクトロニクス事業の今期の黒字化を当面の最大の目標に定めている。第2四半期における13年度通期予想では、売り上げ・利益ともに下方修正し、数字だけを見ると第2四半期でややスローダウンした感がある。しかし、現在のところ改革は順調に来ているとし、黒字化に向けた強気の姿勢は崩していない。

 こうした流れをつくっているのは、「ソニーらしい商品」の存在だ。平井社長が掲げた「One Sony」の下に、各事業部が持っている最新技術を持ち寄り、融合させて商品開発を進めている。平井社長は、こうして開発した商品が計画どおりに市場投入できていることにソニー回復の手応えを感じているという。

 その典型的な製品が、「ソニーの総合力を結集」し、カメラ機能を高めたハイスペックのスマートフォン「Xperia Z」および最新機種「Xperia Z1」だ。NTTドコモの販売戦略とも相まって、国産スマートフォンとしては1つのブランドになりつつある。Xperiaのスマートフォン事業が回復の牽引役の1つになっている。ソニーとしては、スマートフォンで、当面は韓国サムスン電子、米アップルに次ぐ、ナンバースリーのポジションを確実に取っていく方針。

 もう1つソニーらしい商品展開として平井社長が挙げたのが、4Kテレビだ。テレビ事業はこれまで出血を止めることに専念し、どちらかというと守りの戦略だったが、今年からは攻めに転じる。その柱の1つが4Kテレビであり、ソニーらしさを打ち出した展開として、エンターテインメントとの融合がある。4Kテレビは、高精細な画質を表示できるが、4Kのコンテンツが少なく、2K(ハイビジョン)映像を4K画質に画像変換して視聴するケースがほとんどだ。そこでソニーでは米国で先行する展開として、ソニーピクチャーズエンターテインメントのネイティブ4Kの映画コンテンツを活用し、4Kコンテンツをプリインストールしたセットトップボックスを組み合わせて提供している。

 平井社長は「こうした展開ができるのはソニーだけ」と自信を見せる。

1 2