媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

その名も「イスカンダール計画」

ニュースレポート

マレーシアとシンガポール両国が共同で行う大規模な都市開発プロジェクト。その規模は、東京都の面積とほぼ同じ。その中心地区で三井物産が初のマスターデベロッパーとしてスマートシティ開発に挑む。 (本誌/古賀寛明)

壮大な国家プロジェクト「イスカンダール計画」

イスカンダール計画の中心街となるメディニ地区(完成予想図)

イスカンダール計画の中心街となるメディニ地区(完成予想図)

 アジアの金融センターとして、今や東京をしのぐ国際都市となったシンガポール。しかし、兵庫県の淡路島ほどの国土しかないため、人口の増加(過去10年で2割増え500万人に)、住宅価格の高騰など、小国ならではの問題を抱えている。

 マレーシアとの国境であるジョホール海峡を越えた目と鼻の先に、開発が行われるイスカンダール地区はある。イスカンダール地区と言われてもすぐにピンとこないかもしれないが、イランとの死闘を制し日本が1998年のサッカーワールドカップ初出場を決めたジョホールバルと言われれば、思い出す人も多いのではないだろうか。

 面積2217平方㌔㍍は、東京都とほぼ同じ大きさであり、その広大な土地をマレーシア政府がシンガポール政府と協力して開発する国家プロジェクトを2006年から始めている。

 その中で三井物産がスマートシティ開発を行うメディニ地区のあるヌサジャヤは、海峡を挟んでシンガポールと隣接しており、国境の橋を渡って通勤する人も多くいるなど経済的にも既に密接に関係している。

 今後も、公共交通機関であるMRT(18年開業予定)やクアラルンプールとシンガポールをつなぐ高速鉄道(20年開業予定)の開通も決まっており、新たなビジネス街の開発はもちろん、文字通り新たな都市が急ピッチで建設されている。行政もこの地区だけ法人税を優遇するなどしており、既に企業からも問い合わせが殺到しているそうだ。

 三井物産は、今まで再生可能エネルギーも含めた発電事業や水事業、ガスの供給などのインフラ整備、運営など数多くのプロジェクトに参画してきたが、マスターデベロッパーとして開発全体に取り組むのは初めて。今回その大役を外国企業であるにもかかわらず担う背景には、長年、病院事業をマレーシアの国策会社カザナ・ナショナル社と共同で行なってきた実績をマレーシア政府が高く評価していたことにある。

 プロジェクトの目的は、この地域を、急速な発展を遂げるシンガポールの受け皿としてではなく、国際的にも競争力のある持続可能な都市とすることだ。分かりやすく言うと「香港における中国の深セン市の位置付けですね」(三井物産 プロジェクト本部 環境・新エネルギー事業部第三営業室室長 松本誠志氏)とのこと。

 持続可能な街にするためにも、ハード面だけでなく、ソフトの充実も図らねばならない。

 特に目を引くのが学園都市(Educity)を含む教育機関の充実だ。欧米の名門校などが入る一大キャンパスシティが誕生する。

 マレーシア政府としても、教育におけるアジアのハブを狙っているといわれており、立地の良さや、人種、民族の多様性など、アジアの勢いを背景にした新たな教育拠点の誕生は、マレーシア、シンガポール両国にとっても優秀な人材を獲得するチャンスが増えるはずで、それは国力の充実に直結する。

 その1つ、既に開校した英国の名門寄宿学校マルボロカレッジ・マレーシア校が注目を集める。英国本校では、先ほどウィリアム王子と結婚されたキャサリン妃が卒業しており、費用は高いが、教育水準も超一流とあって、日本人はもとより世界各地から入学希望者が押し寄せているという。

 もちろん、快適に生活するために必要な、総合病院の充実やショッピングモールはもちろん、「007」シリーズや「ハリーポッター」シリーズなどを制作した英国の撮影所パインウッドスタジオや、テーマパークのレゴランドなども進出してきており、新たな都市は職、住、遊を徐々に拡大しつつあるようだ。

 三井物産にとっても、得るものは大きい。何より、初のマスターデベロッパーになって、大都市を一から造り上げる経験はそうそうないだろう。

 また、今世界中で行われているスマートシティ開発は、実証実験的な要素が強く、事業性については未知数な部分も多い、しかし三井物産としては、現実を見据えて、過度な先進設備よりも、経済性などを重視した街づくりを行い、新たな都市建設や再生のビジネスモデルを確立したい考えだ。そのため、短期的な利益は追わず、「次世代ビジネスの創造」に向けたイノベーション推進案件として、会社としても長期的な視野でプロジェクトに携わっていくことが決まっている。

「イスカンダール計画」に関わる両国の歴史的な懸念も払拭

 もちろん、気になる点もある。このプロジェクトを主導するシンガポールとマレーシアの反目の歴史だ。この「イスカンダール計画」も、両国初めての共同プロジェクトであるだけに関係を危惧する向きもある。

 この点について、前出の松本氏は、「現在、マレーシアのナジブ・ラザク首相とシンガポールのリー・シェンロン首相の関係は良好で、マレーシアの5月の総選挙でも与党が勝ったことで問題はありません」

 さらに「シンガポールにとって、自国の賃金が上がり続ける状況で、マレーシアの労働力や豊富な土地は魅力的。この計画にも政府系のファンドである、アセンダスやテマセクなどが相当額出資しており、お互いがメリットを享受しているだけに、逆に意欲的です」と続ける。

 「イスカンダール」とはペルシャ語で「アレキサンダー大王」のこと。彼の遠征がもたらしたヘレニズム文化のごとく、世界各地の叡智を持ち寄った未来都市の誕生に期待したい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る