媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

20年以上の実績を元にオフィス内装デザインのメニュー化を実現--MACオフィス・池野衛社長

企業移転に伴うオフィスデザインなどで業界でも長い歴史を持つMACオフィスが、新たなサービス「Work&Style」をスタートする。これまで積み重ねて来た実績を元に作成した500種類以上のメニューをベースに、効率的かつスピーディーなオフィスデザインを実現するという。今回は同社代表取締役、池野衛氏に話を聞いた。

池野衛氏は語る 一品もの創作料理から、メニュー化への変換

池野衛・MACオフィス社長

--オフィスデザインがメーンの事業ということですが、御社の特徴をお聞かせください。

池野 創業は1966年、現在の組織となったのが90年です。この業界では古参と言えると思います。競合として什器メーカーがあるのですが、什器メーカーはオフィス家具などを販売することがメーンで、そのためにオフィスデザインを手掛けています。

 当社は、什器は基本的にデザインに合わせて、各メーカーに縛られることなく選定しています。そういった点で、競合とは大きな違いがあります。

--オフィスデザインに特化している点で、課題はあるのでしょうか。

池野 数多いオフィスの中でも基本的に同じデザインのオフィスはないというのが、この業界の特徴です。いわば創作料理のようなものなのです。それだけ手間暇がかかる。そうなると、人材的にもスピード的にも無理が生じてきます。半年かけて顧客のヒアリングをしていると、その間に環境が変化してしまうこともあります。そこで、そうした作業をある程度パッケージングしてメニュー化する新たなサービス「Work & Style」の提供をスタートします。

 これまで設計会社として24年、5千件のオフィスを提案、設計してきた実績を元に、12種類のパッケージを作成、それぞれ企業の4つの成長段階に応じた提案ができるようになっています。

 これだけで48種類のメニューがあるのですが、さらにトレンドを掛け合わせることで、実際には500種類以上のメニューを作りました。ただ、このメニューどおりに進めるのではなく、これをベースにカスタマイズしていく。このメニューを利用するだけで、スピードアップ、効率化が可能になります。

オフィスだけではなく、理念の提案も行っていくと語る池野衛氏

--現在、オフィスデザインの需要は高まっているのでしょうか。

池野 東京では案件に困ることはありません。IPOを含めて成長企業が多いということも挙げられるでしょう。景気動向との関連についても、実はリーマンショックの時でも業容縮小に伴うオフィス移転があり、案件は減らなかったのです。

 また、当社の場合、リーマンショック時でも単価は下がりませんでした。この背景には、以前は当社の顧客は中小企業ばかりだったところを、意識的にある程度の規模以上の企業へのアプローチを増やしたことがあります。

マニュアル化で効率化を進めさらなる成長を目指したい池野衛氏

--具体的な顧客ターゲット層はどのような企業なのでしょうか。

池野 もともとは中小企業で、最近はその上の層を狙っているというお話をしましたが、基本的には成長企業をメーンターゲットだと考えています。成長企業だからこそ、独創的であり、将来像が見える。そういった企業との取引を通じて、当社も成長していきたいという思いもあります。

--今後の目標をお聞かせください。

池野 今回リリースする「Work & Style」というコンセプトメニューの認知度を高めていきたいと考えています。当社のやり方をまねされるくらいになりたい。この業界で突きぬけた企業がない原因として、人に依存し過ぎているということが挙げられます。いかに優れた人でも、物理的にできる仕事量には上限がある。そこで、メニュー化、マニュアル化することで、属人的な業務から脱却して、成長していけると考えています。

 専門的な知識がある人材を増やし、社内の組織改編で、営業、設計、施工管理の各部門が互いにフォローし合っていけるようになれば、もっと成長できると考えています。

 今後の成長のためには、このようなビジネスモデルの改革、持続的な成長のためのプランが欠かせないと思います。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る