媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「消費増税・食品表示違反・ヤオコーとの提携」を語る--岩崎高治・ライフコーポレーション社長

景気の腰折れが懸念される中、4月1日から消費増税が断行される。増税負担を真っ先に被ることになるのは日常性の高い食を中心とした生活必需品であるだけに食品スーパーの動向は注目される。 (聞き手:本誌/大和賢治)

岩崎高治氏の懸念は、客単価の下落

-- 来年4月から消費税が上がります。

岩崎高治・ライフコーポレーション社長

岩崎高治・ライフコーポレーション社長

岩崎 消費増税が売上に与える影響は不確定要素もあるので数字的なものは何とも言えません。ただ、われわれが扱っている商品は生活必需品ですから駆け込み需要はほとんどないと考えています。一方で、導入後は真っ先に節約の対象になる商品を扱っていますので短期的には厳しい局面になると想定しています。ただ、それも前回の税率アップ時のケースから見ても3カ月、長くても半年を経過すれば戻ってくると思っています。また、今回は国、各省庁を挙げて景気浮揚を命題として掲げていますので、希望的観測を含めてそれほど悪くはならないと思います。

-- 客単価の下落も懸念されますが、対応策として必要なことは

岩崎 ここ1年間でかなり進んでいますが、例えば惣菜ではこれまでアウトパックだったものをインストア製造に切り替え、手間ひまかけたおいしい物を提供しています。アウトパックとインストア製造をうまく組み合わせて、出来立て感や味にこだわった商品作りに注力しています。また、夕方の時間帯も強化しています。夕方の人員を増やし製造能力を上げて出来立てを提供する。これを実践した店舗の売上は上がっています。

-- 消費増税に伴い総額表示義務が廃止されます。本体価格と税額が併記される外税方式を導入しますが、これには賛否両論ありますね。消費者に値上げしたような印象を持たれることを敬遠したのですか。

岩崎 そういう面があることは否定しません。しかし一番大事な点は、日本では消費税導入後、しばらくは外税方式だった訳で、そういう意味では、元のあるべき姿に戻すということです。お客さまに本体価格を表示し、商品そのものの価値と税額をしっかり認識して頂くことが重要です。また近い将来、税率が10%へ再び上昇することが予想されますが、その時にも本体の価格は変わっていないことをご理解頂くことも同様に必要です。

-- レストランや百貨店で食品の表示違反が続出しています。同じ食品を扱う立場からの見解をお聞かせください。

岩崎 トレサビリティーを重要視してきた経験から言えば、正直まだそんなことがまかり通っていたのかと驚愕しました。食品スーパーでは、ずっと以前から偽装は絶対にいけないもの、順守できなければ、会社がなくなるということを徹底してきました。外食分野では、そういったルールが明確化できていなかったことが要因ではないでしょうか。もう1つ言わせていただくと、誤認識だった点と、意図的ともとれる問題が混同されていますね。「本当のケアレスミス」や「知識不足から発生した誤表示」と「悪意をもった偽装」は別次元です。全部を区別なく「偽装」というのは違和感があります。

岩崎高治氏の戦略 ヤオコーとの提携

-- ヤオコーと共同開発したプライベートブランド(PB)「star select (スターセレクト)」を9月から発売しましたが、両社の提携という部分では、もう少し踏み込んだ展開をすると考えていました。

岩崎 もともとヤオコーさんも弊社もPBを持っていましたので共同PBはできるところからやろうという話でした。これは一貫した考えで、何としても、共同開発PBを大型展開するんだというものではありません。よい意味で「肩の力を抜いて」、実質的にお互いにメリットのあることをやって行きましょうというスタンスです。そういう点では、個人的には良いスタートを切れたと思っています。

-- 発表時(2012年5月)の記者会見では、並々ならぬ意気込みを感じたのですが。ヤオコーのトップが代わったことで、両社のスタンスに温度差が生じたのかと思いました。

岩崎 (提携の)話を頂いたのは当時の川野清己社長ですが、近く退任されるという意向を既にその時お持ちだったと思います。ですから、当時、副社長だった川野澄人現社長も同席した上の両社の提携交渉を進めて来ました。トップが代わって心変わりした等ということは全くありません。「温度差が生じたのでは?」とはっきり口に出して聞かれたのは今日が初めてですが、そういう見方もあるんですね(笑)。

-- 資本関係のない提携は責任の所在がはっきりしないという指摘もありました。

岩崎 提携の発表直後から、上手く行くと言う人もいる一方で、破談になるという声も聞こえていました。お互いが協力してメリットを享受しましょうということですから、資本云々の話は全くの別問題です。皆さん、資本提携から合併というストーリーを作りたがる。それが念頭にあったから、そういう表現になるんですよ(笑)。資本提携が未来永劫全くあり得ないと、お互いにその可能性を閉ざす必要はありませんが、それありきの提携は止めましょうと当初から握っていたことです。

-- 提携の本丸はプロセスセンターの共同活用にあると考えていたのですが。

岩崎 確かに提携の骨子5項目の1つに入ってはいましたが、もっと言えば、発表と弊社がプロセスセンターの見直しに着手しているというタイミングが合致したので、最後に加えた項目なのです。本丸はあくまで商品・資材の共同調達にあります。「スターセレクト」の商品群の中では10%以上の原価引き下げに成功したものもあります。

-- 将来的にアイテムを増やす意向もありますが、今後の展開の中では、売り場で埋没しない品揃えは必須です。

岩崎 担当役員レベルで話し合いは続けており、かなり踏み込んだ商品展開までを考えています。弊社は他にも「スマイルライフ」(自社PB)、「くらしモア」(ニチリウグループPB)を展開していますし、さらには、ナショナルブランド(NB)もありますから少し考え方を整理する必要があるかもしれませんね。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る