経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「健と結婚してよかったこと? 私の入るお墓ができたことよ」―宇津井文惠(クラブ「なつめ」オーナーマダム)

俳優・宇津井健が亡くなる数時間前に入籍した女性がいる、と話題になったのが6年前のこと。「日本の夜の商工会議所」との異名を取るクラブ「なつめ」のオーナーマダム・宇津井文惠さんです。健さんの七回忌(3月14日)に、色あせることのない思い出話を伺いました。

宇津井文惠氏プロフィール

宇津井文惠氏

(うつい・ふみえ)千葉県生まれ。19歳の若さで名古屋にクラブ「なつめ」を開店。各界のキーパーソンが集まる同クラブは「日本の夜の商工会議所」と呼ばれる。1970年日本料理「加瀨」開店。2014年俳優・宇津井健と結婚。

病床で渡された婚姻届と俳優・宇津井健の素顔

佐藤 本日はマダムの夫・宇津井健さんの七回忌ですね。そういえば、私がお二人の入籍を知ったのは新幹線のテロップでした。ビックリしてスマホを見たら、ネットニュースにも載っていました。
宇津井 私は結婚するつもりでいたんだけど、病床の健から「文惠ちゃん、これ書いて」と渡されたのが婚姻届で、すぐに「はい」と言ったのよ。健は自分の命の灯がもうすぐ消えることを知っていたのね。
佐藤 そうでしたか。それにしても、お二人は10年間も同居されていたのに、その関係が世間に漏れなかったのはすごいですね。
宇津井 そうね。ニュースを見て私たちの関係を知ったお客さまからは、「なつめの子たちはすごいね。何も一言も言わなかった」と皆さまビックリされてましたよ。なつめの幹部たちはみんな知ってたんですよ。
佐藤 なつめのお客さまは皇室、政財界、芸能界などの著名人が多いですものね。イベントではお花がたくさん届きますし。他の俳優さんのお花と並んで、健さんの立派な胡蝶蘭が目立つ場所に飾ってあって、ああ健さんもお客さまの一人なんだな、と思っていました。
宇津井 『なつめの流儀』の出版記念パーティーの時、健に「あなたも出席しなさいよ」と勧めたら、「僕はどこを見ていいのか分からない」と話していて、健の素顔を見た気がしたわ。
佐藤 ピュアでシャイな方だったんですね。1度お会いしたかったなあ。お二人は普段どんなお話をされていたのですか?
宇津井 彼はなつめで出会った名古屋の財界人や日本の政財界や芸術家の方々に憧れてたみたいで、元首相・中曽根康弘さんやあなたのお父さん(佐藤正忠)の名前もよく出て、私の話に健は目を輝かせて聞いていていたわ。
佐藤 自分の知らない世界に興味があったんですね。
宇津井 ええ。私の話に出てくる人たち、健が大ファンだった建築家・安藤忠雄さんや京セラ創業者・稲盛和夫さんにも紹介したんですよ。稲盛さんから京都賞に招待していただき、その折、安藤さんともお目にかかり、それ以来お二人とはとても仲良くしていただきました。お酒を酌み交わしながら、お互いにファンになるほど親しくなっちゃってね。それを健はとても喜んでいたの。
佐藤 そんなご縁結びはマダムにしかできませんね。健さんはお酒好きだったんですか?
宇津井 お酒には弱くてすぐに真っ赤になっていましたよ。だけど、私がベロベロに酔ったときは朝まで介抱してくれました。
佐藤 なんてうらやましい! 健さん、お優しいですね。

宇津井健

「守るべきものそれは『文惠』」の自筆文字。 正統派俳優が愛する人の名前を書いたポスター

今もマダムに寄り添う二人の永遠の愛のカタチ

佐藤 健さんが亡くなられた後、ご子息との確執が話題になりましたが、その後いかがですか?
宇津井 東京でのお別れ会ではホテルも二人で決め、連名で行う予定でしたが、直前で裏切られてしまい、健の望んでいた方たちに案内状を1通も届けられませんでした。健がどんなに残念がっていたかと思うとまだ許す気はないですよ。私は財産放棄もしていますし、騒がれたような金銭トラブルは一切ありません。
佐藤 健さんはマダムにみとられることを望まれて、それに応えただけですしね。
宇津井 健は家族との確執があって傷ついていたので、私のことも最初は信じられなかったと言っていました。これだけのお店を経営しているのだから、後ろ盾が誰もいないなんて考えられないと言っていました。
佐藤 晩年の健さんはマダムの側にいられて幸せでしたね。結婚してよかったことは?
宇津井 健のお陰で、私もいつか入るお墓ができたことが何よりもうれしいです。
佐藤 お墓、ですか。
宇津井 そう。この3日間くらい、健が私の近くにいるのを感じます。今日は法要のためにママの芳恵が素晴らしい桜を生けてくれました。その桜が風もないのに、枝がふわふわっと揺れてね。「健ちゃん、そこにいるの」と思わず声を掛けました。
佐藤 不思議なお話ですが、健さんの魂が今でもマダムに寄り添っているのかもしれませんね。今日が終わると、次の法要は十三回忌ですね。
宇津井 その頃には私もお墓にいるかしら(笑)。
佐藤 何をおっしゃってるんですか! まだ遠くに行かないでくださいよ。マダムに会いたい人は世の中にたくさんいるんですから。
宇津井 お墓に入るためには「終活」をしなくちゃならないでしょ。まだちっとも手付かずだから大丈夫よ。そういうあなたも、そろそろ素敵な方を見つけなさいよ。
佐藤 では、まだ見ぬ私のいい男に会うまでは頑張ってください。必ずご紹介しますから(笑)。これは約束ですよ。
宇津井 ありがとう。

「あなたもそろそろ素敵な方を見つけなさいよ」とマダム。 いつも気に掛けてくれてありがとうございます(佐藤)

聞き手&似顔絵=佐藤有美
構成=大澤義幸 photo=美崎政雄