媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「イオンモール幕張新都心」の成否を占う

ニュースレポート

今や大人気のモール型ショッピングセンター。イオンが12月にオープンする「イオンモール幕張新都心」(千葉県)は、単に物販だけにフォーカスせず〝コト〟を通じての購買力アップを狙う。 (本誌/大和賢治)

重責を担うこととなる岡崎双一イオンモール社長(中央)

重責を担うこととなる岡崎双一イオンモール社長(中央)

イオンモール幕張新都心は次世代への試金石

 イオンが総力を結集、旗艦店として12月20日のオープンを予定している「イオンモール幕張新都心」の全貌が明らかになった。

 モールコンセプトは、「〝夢中〟が生まれる場所。」。モール内で「夢中」になれる〝コト〟に出合う場を提供し、新たな欲しい〝モノ〟への購買に結び付ける。現在、小売業で盛んに言われている〝コト・モノ消費〟の具現化を目指した施設である。

 約19万2千平方㍍という広大な敷地に、延べ床面積は40万2千平方㍍。イオンの施設の中でも越谷のイオンレイクタウン、イオンモール成田に次いで3番目の規模となる。

 端から端までの距離は何と1・5㌔㍍。施設内には、4つのバス停を配置した周遊バスも運行するということからも、その規模感をうかがい知ることができる。

 この巨大な敷地に、大人のライフモール「グランドモール」を筆頭に家族をターゲットにした「ファミリーモール」、あらゆるスポーツを体験できる「アクティブモール」、ペットに特化、24時間対応する「ペットモール」の独立した4モールに、日本初上陸、関東地区初出店を含むブランドや91の新業態、85の千葉初出店を含む約350の専門店がイオンGMS(総合スーパー)を核として展開されることになる。

 これまでの同社のモールはファミリー層をターゲットにしてきたため、親子連れには好評だった半面、大人や目的を持って来店した利用者には物足りないという意見も聞こえていた。

 そこで同社では、今回、そういったマイナス要因を払拭できる施設の構築を目指してきた。さらには、購買意欲を掻き立てる施策として、趣味や娯楽性を通じて物販に結び付ける「コト・モノ消費」を実現する場として「リピーター」の囲い込みを狙う意向もある。

 確かに施設を見ると、これまでにはない全く新しいコンセプトが随所で展開されている。

 グランドモールの目玉は「大人のホビー」ゾーンだ。ジャズやクラシック等音楽全般、および名作やDVD化されていない映像作品まで幅広い品揃えを実現した。

 突出した成功例として、マスコミで話題の代官山の蔦屋書店のコンセプトをそのまま導入したことから十分期待できるだろう。

 フードコートにも工夫を施している。全国の人気店から、中華、イタリアン、カフェまでこだわりグルメを集結させた客席数1300席に及ぶ「LIVE KITCHN」では、厨房での調理がライブ感で伝わるように店舗と客席を融合させた。

 ファミリーモールのキーワードは親子3世代が楽しめることに着眼、仕事体験テーマパーク、エンターテインメントミュージアムに加え、メーカーのアンテナショップ等、約80店のコンテンツが詰め込まれている。

 注目したいのが仕事体験テーマパークの「カンドゥー」。日本初上陸した同社は、教育的価値を重視し、「子どもエスティーム(自尊心)の向上」を目指すという。仕事体験アクティビティーでは、子どもだけではなく、大人も参加でき、家族に〝共有できる思い出〟を提供する。仕事体験できるパビリオンは、警察署からラジオ局、ファッションモデルなど約35にも及ぶ。

 アクティブモールは、まさに〝モノ〟と〝コト〟の融合を具現化したものだ。「日本最大級の〝体験型〟スポーツモール」を標榜するだけのことはあり、大型施設を利用したランニング、ボルダリング、フットサル&テニスコートからサーフィン、さらにはスポーツ関連家電まで、あらゆるスポーツ体験が可能だ。

 どんなスポーツでも、最初のとっかかりがなければ一生涯体験しないということになりがちだ。同モールに行けば、少なくとも〝コト〟のとっかかりをつかめることになる。

 一般にあまりなじみのないボルダリングも約430平方㍍の大型WALLを誇るスタジオでは、ハイレベルから女性や子どもまで十分に楽しめる。

 

日本全国、海外からの人気スポットを目指すイオンモール幕張新都心

 

 「日本最大級ライフスタイル&ソリューション提案型ペットモール」をキーワードにするペットモールは、24時間対応のホテルや病院はもちろん、しつけや、リハビリ、シニア対応まで幅広いサービスを提供する。

 圧巻なのは、総室数約100室を誇る本格的ペットホテル「ペットインロイヤル」。散歩等を含め、専任のホテルスタッフが24時間体制でペットを預かるという。

 これまで簡単に施設を紹介してきたが、「幕張新都心」は、その規模に引けを取らないソフトも充実しているのが強みだ。

 イオンモールの岡崎双一社長は、「全く新しいタイプのコンセプトモールになります。最近の商業施設では350店舗というのは突出した店舗数ではありませんが、単なる店舗の集積ではなくあらゆるジャンルのコンテンツの集積として全く新しいコンセプトモールとなります。近隣だけではなく関東圏はもちろん全国、海外からの目的を持ってきていただける施設になると自負している」と胸を張る。

 消費者の購買意欲を喚起する〝コト・モノ〟が売り上げ向上のキーワードとなっているのは事実。そういう意味では、この「幕張新都心店は、格好の検証施設になる。同社の狙いである近隣からの集客にとどまらず、日本全国あるいは海外からの人気スポットとして認知されるか注目したい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る