注目記事

カテゴリ別新着記事

政治・経済

一覧へ

安倍政権に襲い掛かる“逆3本の矢”とは

[永田町ウォッチング]

舵取りを誤れば政権崩壊の可能性も 「猛暑日が続く夏の東京で、冷水をかけられ鳥肌が立つ思いをしたことだろう」 ある元自民党古参秘書は、安倍晋三首相の心境をこう語…

20161004NAGATACHO_CATCH

[霞が関番記者レポート]

メンツ潰された日本が日韓通貨協定再開協議に応じた理由――財務省

[霞が関番記者レポート]

コップの中のAI実用化競争。米国との差は拡大へ――総務省

[霞が関番記者レポート]

浸透しないNISAにテコ入れ。20年の税制優遇案に不安も――金融庁

[霞が関番記者レポート]

三菱自の懲りない体質に頭を抱える国交省――国土交通省

マネジメント

一覧へ

以前の私は「株主は神」と思っていました。宮内義彦(オリックス シニア・チェアマン)×牛島信(弁護士、作家)前編

[企業統治の正鵠]

 2014年に経営の第一線から退いた宮内義彦氏だが、コーポレートガバナンスに関する鋭い視点は健在だ。今回は長いキャリアを通じて感じてきた日本企業の問題点、企業…

20161004USHIJIMA_CATCH

「辛抱しても、倹約しても、人材育成は続けなければいけない」――髙﨑秀夫(京都銀行会長)

[人が育つ仕組み]

銀座の一流クラブに学ぶ「人」の育て方

[人が育つ仕組み]

「朝型勤務」だけじゃない、伊藤忠商事の人材戦略

[人が育つ仕組み]

Jリーグが経営人材の育成に取り組む理由

国際

一覧へ

インドが抱える矛盾と不均衡

[連載]カオスの国、インド市場を知る(第20回)

成長を妨げる極端なコントラスト  どの国にも矛盾は存在する。しかし、インドが抱える矛盾は驚くようなものだ。ビジネスやレジャーでインドを訪れる外国人はインドを…

20151222NIRUMARA

[連載]カオスの国、インド市場を知る(第19回)

インドはなぜ休日だらけなのか―経済成長の阻害要因にも

[連載]カオスの国、インド市場を知る(第18回)

なぜインドの大都市でスラムが膨張するのか

[連載]カオスの国、インド市場を知る(第17回)

英国のEU離脱でインドが負うダメージ

[連載]カオスの国、インド市場を知る(第16回)

インドで労働争議を起こさないために(2)

テクノロジー

一覧へ

多士済々、創薬ベンチャー紳士録

[創薬ベンチャー風雲録]

 活況を呈し始めた創薬ベンチャー業界。その経営者は個性派ぞろい。果たしてどんな経営者がいるのか。その個性は経営判断にどのような影響を与えているのか。◎そーせい…

20160920shinshi

[創薬ベンチャー風雲録]

素人でも手を出せる創薬ベンチャー投資の手法

[創薬ベンチャー風雲録]

日本の創薬ベンチャーが世界を獲る日はくるのか 

[AIが変える仕事の現場 働き方革命]

「AI開発には金よりもアイデア」小林雅一 KDDI総研リサーチフェロー

[AIが変える仕事の現場 働き方革命]

AIで転職活動はどう変わるのか――峯尾太郎・インテリジェンス社長に聞く

文化・ライフ

一覧へ

「微妙なジャッジ」に不満なら人と機械の役割分担を探るべき

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第47回)

W杯アジア最終予選で公正性欠いたジャッジ  W杯のアジア最終予選が現行のホーム&アウェー方式となったのは1998年フランスW杯予選からだが、初戦を落として本…

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第46回)

障害者に対する環境整備は超高齢化社会への備えに

[連載]燦々トーク

「マルハビライフ」の勧め(後編)――蟹瀬誠一(ジャーナリスト)

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第45回)

大谷翔平の打者としての将来性

著者・あきばたまみさんに聞く

『インコの手紙』が教えてくれる「いのち」とは何か

経済界大賞

一覧へ

大賞 澤田秀雄 エイチ・アイ・エス会長

第41回 経済界大賞

5期連続最高益でも挑戦者の姿勢を忘れず 2015年10月期の連結業績が、売上高、営業利益、経常利益とも5期連続の過去最高となったエイチ・アイ・エス。躍進の原動…

20160126TAISHO_CATCH

第41回 経済界大賞

特別賞 清水信次 ライフコーポレーション会長兼CEO

第41回 経済界大賞

特別賞 德川記念財団 德川恒孝理事長

第41回 経済界大賞

優秀経営者賞 大西 洋 三越伊勢丹ホールディングス社長

第41回 経済界大賞

優秀経営者賞 小飼雅道 マツダ社長兼CEO

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

シェアハウス業界のトップを走るオークハウス(山中武志社長)。“ソーシャルレジデンス”として高い付加価値が評価され、外国人を中心に人気を集めて成長している。ライバルの追随を許さないのは、ハードとソフトが融合された顧客目線のサービス力にある。…

20161004OKAHOUSE_CATCH

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新たな価値観への シフトを目指すソフトウエアテストのプロ集団――SHIFT社長 丹下 大

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせく…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

フィンテックで個人向け資産運用業界の“破壊”に挑戦――高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト社長)

「世界ランキング上位の一流ヘッジファンドに低コストで投資できる」が売り。証券会社等の販売会社を「中抜き」することで、グローバルで一番良い選択肢を個人投資家に提供する投資助言サービス。契約累計877.4億円、継続率95%以上の実績で成長して…

20160115_TAKAOKA_CATCH

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

アニメーションから実写、3DCGまで、目的に合った動画の企画・制作を行うCrevo(クレボ)。マーケティング目線の動画をていねいな進行管理で制作し、リーズナブルな価格でありながら完成度が高いことで好評を得ている。── 起業のき…

企業eye

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

部材選び、設計、施工まで100%オリジナルの住宅を提供。木製サッシ生産にも注力――東京組

過去の記事

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界10月4日号
[特集]
人が育つ仕組み

  • ・人が育つ「仕組み」にトップの意思は欠かせない
  • ・髙﨑秀夫(京都銀行会長)
  • ・最少人数で、最大成果を発揮するための人事戦略 伊藤忠商事
  • ・人を育てる仕組みで、組織が強くなる タマノイ酢
  • ・伊藤由美(銀座「クラブ由美」オーナーママ)
  • ・中村 聡(Jリーグヒューマンキャピタル塾頭)

[Special Interview]

 上西京一郎(オリエンタルランド社長)

 誇りと成長がキャストの創意工夫を生み出す

[NEWS REPORT]

◆カープ優勝に便乗できない地元・マツダの販売不振

◆ソフトバンクのARM買収が完了IoT時代の覇者になれるか

◆電力自由化は「笛吹けど踊らず」ネックは料金プランの分かりにくさ

◆労使協調路線崩壊の引き金に「同一労働同一賃金」の賭け

◆完全民営化「仙台空港」に着陸料3年間無料の波紋

ページ上部へ戻る