経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

仕事で成長するための絶対条件は。

富裕層専門のカリスマFP 江上治

仕事で成長したければ相談相手を選べ

 先日、1年間の目標設定のための合宿「年収1億円手帳合宿」を箱根で開催した。その時、ある女性の生徒さんから、こんな相談をいただいた。

 「今年から新しいことに挑戦したいと、ある方に相談したら、全否定されてショックでした」と。

 自分を成長させたいと願い、相談することはよくあることだ。しかし、相談する相手はだれでもいいというわけにはいかない。気の毒に、この女性は相談する人間を間違えたのである。

 世の中には、3つのタイプの人物が存在する。「愚かな他人」「愚かな自分」、そして「優れたメンター」の3人だ。彼女が相談したのは、「愚かな他人」だったのである。

 「愚かな他人」とは、実績もなく、自分が体験したこともないにもかかわらず、あらゆることを自分の低い基準で判断してしまう人のことだ。このような人に相談しても、実りある回答をもらえるはずがない。

 例えばベストセラー本を出したいのなら、数冊以上のベストセラー本を出した作家か、ベストセラー作家を育てたプロデューサーや編集者に相談しないと無駄だということである。経営の相談ならば、自分が経営者として成功していて、かつ、後輩の経営者を育成している方に相談しないと意味がない。

成長する伸びしろを重視する

 いちばんたちの悪い相談相手とは、昔話で自慢ばかりする人だ。今も成功し、成長している人でなくては何の価値もない。私は過去の自著でも同じことを指摘しているのだが、そういう人は「昔を生きている人」であり、「時代の改変に対応し進化している人」ではないのである。

 次に「愚かな自分」。誰しも自尊心や虚栄心があり、自分をよく見せたいと思うものだが、現在の自分が「愚かである」と自覚できない人に成長できる可能性はゼロに近い。

 愚かな自分であることを自覚できれば、素直に人に聞くこともでき、言われたことを受け入れて行動することもできる。

 全国に200店舗以上の美容室を展開するアースホールディングスの國分社長は、スタッフが○か×だとすると、×評定の人のほうが、「成長する伸びしろ」が大きいという。〇の人は現状で満足してしまいがちであり、「愚かな自分」であることを自覚できないことが多いからだ。逆に×評価だと、自分の分というものを自覚していて、成長のために何でも吸収しようとする。結果的に成功するのである。

仕事で成功したければ優れたメンターの指導を受け入れよ

 そして「優れたメンター」である。それは、自身が成功していて、かつ、育成した人も成功に導いている。さらに今現在も成長し続けている。そういう人だ。

 そんな人をメンターに持つことで、自分にはない「高い基準」を強制的に導入することが可能である。結果も必ず出てくるのだ。

 いちばん典型的な例が、ライザップの方式だろう。痩せたいと願う人が、いくら自分の基準(低い基準)で頑張っても成果がなかなか出ない。さまざまな「愚かな他人」である商品やサービスを試した挙句、失敗続きだ。

 ところが「優れたメンター」であるトレーナーの指導を、素直に、実直にそのまま実践していれば、必ず痩せられるのである。

 「結果にコミットする」というキャッチフレーズは、まさに「優れたメンター」だからこそ言える言葉だと思う。

 もうお分かりだろう。あなたがすべきは、自分を「愚かな自分」と自覚し、「優れたメンター」の基準で物事を考えて行動することなのである。それが年収1億円の流儀だと言っていい。

[今号の流儀]

 自分を愚かだと自覚し、優れたメンターの基準で考え、行動せよ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る