[ 農協改革 ]の検索結果

  • [霞が関番記者レポート]

    戦々恐々のJA全中、政府の農協改革断行の姿勢に打つ手なし--農林水産省

    農協改革の中、理論武装が不十分なJA全中  全国農業協同組合中央会(JA全中)が11月6日まとめた自己改革案は、現状通り農協法上にJA全中を位置付ける方針を示したことで、農協の抜本改革を成長戦略の1つと位置付ける安倍晋三政権との対立が鮮明となった。 …

    霞が関番記者レポート
  • [NEWS REPORT]

    攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

    2019年までに農水産物や食品の輸出を1兆円まで伸ばすことを目指す政府。12年からトントン拍子で伸びてきたが、ここにきて伸び悩んでいる。16年は昨年比0.7%増の7503億円。果たして、19年の1兆円達成はできるのであろうか。文=本誌/古賀寛明 金額は伸び悩む最大の…

    農業画像
  • [霞が関番記者レポート]

    コンクリ上の植物工場も農地認定で企業参入促す――農林水産省

     政府は農業分野の規制改革をさらに加速させるつもりだ。今後の協議次第では、コンクリートの土地に屋内で農産物を生産する植物工場を設置した場合、その土地を農地として認める農地法の改正も検討されているという。9月13日の規制改革推進会議の農業作業部会では、生乳の流通改革や農…

    農業画像
  • [霞が関番記者レポート]

    改革派の事務次官就任で農協は戦々恐々――農林水産省

     政府は6月14日、農林水産省の本川一善事務次官の後任に、奥原正明経営局長を充てる人事を発表した。奥原氏は昨年の農協改革を主導した省内きっての改革派だ。この人事には守旧派の自民党農林族幹部から「待った」がかかったが、官邸側にねじ伏せられた。農政改革に向けた官邸の本気度…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    小泉氏がJAに配慮。「みたいな」を強調で言い切りを封印か?――農林水産省

     自民党の小泉進次郎・農林部会長が3月3日の農林水産業骨太方針政策PTの会合で、全国農業協同組合連合会(JA全農)に対して「株式会社全農“みたいな”形で頑張ってほしい」と述べた。何度も「みたいな」と付け加え、得意の断言型の発言を封印。昨年の農協改革の議論で全農の株式会…

    霞が関番記者レポート
  • [スペシャルインタビュー]

    「農業改革で問題点を解決し魅力ある仕事に」金丸恭文(フューチャーアーキテクト会長CEO)

    内閣府規制改革会議の農業ワーキンググループ座長を務めるフューチャーアーキテクト会長の金丸恭文氏。本業はITを軸にした経営コンサルティングだが、農業に関しては全くの門外漢だった。それでも「どこに最大の問題があるのか」を見極めるコンサルタントの目を存分に発揮。それまでタブ…

  • [連載] 永田町ウォッチング

    安倍改造内閣の「仕事人」 西川公也農水相の素顔とは?

    憎まれ役だが仕事ぶりは高評価の西川公也農水相  この欄で前号、第2次安倍晋三内閣の改造および党役員人事改造の裏側を書いた鈴木哲夫さんは、改造人事について50点と評した。  「〝安倍カラー〟で見れば90点だろうが、重要閣僚はほぼ留任。つまり、政策は何も変わらない。目…

    イラスト

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る