文化・ライフ

「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはずだ。本シリーズでは、20年間で2万人以上のファッションをコーディネートしてきた、ファッションスタイリストジャパン(FSJ)の西岡慎也氏が、ファッションとの向き合い方、具体的なテクニックなどを、ビジネスパーソンに向けて伝授する。

内面は重要、されど….

 私はこれまで企業経営者やエグゼクティブ層を対象に、ビジネスシーンなどで印象を高めるファッションコーディネートを、マンツーマンのコンサルティング形式で手掛けてきました。その経験から得たさまざまな気付きやノウハウを、本連載ではお伝えしていこうと思います。

 ビジネスにおいて、「印象」が大事なのは言うまでもありません。印象は英語で“impression”です。言葉を分解すると、「内側(im)」と、「押し出す(press)」、つまり人の内側が外側に押し出されたものと私は解釈しています。

 あなたの内面が無意識に外側に押し出され、押し出された内面が服という外見に表れるのです。印象を大きく左右するのが、服だということをまずはご理解いただければと思います。

 外見が重要なのは服に限りません。たとえば、あなたが運転する車の前を、窓にフルスモークを貼った黒塗りのベンツがノロノロ運転で走っていたら、どうするでしょうか。おそらく多くの人が追い越せないし、クラクションを鳴らすこともできないのではないでしょうか。

 一方、前を走っているのが軽自動車だったら、あまり抵抗なく追い越せるはずです。このように、無意識のうちに私たちは外見で多くの物事を判断しています。

 メラビアンの法則というのをご存知でしょうか。人物の第一印象は最初に会った時の3~5秒で決まり、「見た目・表情・しぐさ」などの視覚から得られる情報が55%を占めるというものです。ちなみに、「声の大きさや声質」などの聴覚情報は38%、「話す内容や言葉の意味」などの言語情報は7%に過ぎないということです。

 私自身、人は外見で判断されるということを身に染みて感じてきました。故郷の茨城県土浦市から東京に出てきて間もないころ、お金がなくてシェアハウスに住んでいました。それでも経営者の会合などがあるときは、きちんとしたスーツ、ネクタイ、チーフ、時計、靴で出向きました。すると「身だしなみがしっかりされてますね」と言われ、次のアポイントがすぐに取れたこともあります。

 逆に外見に自信が持てなかったせいで、失敗したこともあります。ある時、お葬式に出席したのですが、その時来ていたシャツのボタンに、たまたま少し配色があったのです。それで気後れしてしまい、式の後残ってほしいと言われたにもかかわらず、お断りしてしまいました。

 人は内面が重要であるという考えに異論はありません。しかし、内面はその人に何度もお会いすれば知ることができますが、初対面では外見しか判断材料がないのも事実です。外見がしっかりしていれば、確実に最初の印象をより良くすることができます。人と出会うとき、服が信頼、信用につながるのです。

第一歩は「知る」こと

 私はお客様と最初にお会いしたとき、まずはその方の「人となり」を知るために、2時間以上掛けてじっくりとコンサルティングを行います。その人の内面が押し出されたものが服だというお話をしましたが、ファッションはその人の「在り方」や「考え方」を知ることから設計する必要があるからです。

 皆さんの多くは、仕事に対する準備を入念に行われることでしょう。仕事の場合、設計、構築、見直しといったプロセスがとても重要だと知っているからです。

しかし、ことファッションに関しては、多くの方々が否定感を持っています。それはなぜでしょうか。恐らく「知らない」ことに対する不安感があるからだと思われます。

 例えば、スーツのジャケットの袖よりシャツの袖が長く作られている理由をご存知でしょうか。もともと欧米ではワイシャツは下着の位置づけで、ジャケットに皮脂がつくのを防ぐためなのです。

 そういうことを知れば知るほど、ファッションに対する恐怖心や否定はなくなっていきます。否定をなくせば、知ることが楽しくなり、振る舞いにも自信が生まれてくるのです。 

 では、自信が生まれることでどういう効能があるのか。次回は、ファッションとセルフイメージの関係についてお話させていただきます。

西岡慎也のワンポイントアドバイス

西岡慎也 コーディネートは、その人の内面からの「引き算」で考えるのが基本です。たとえば、リーダーシップが強く情熱的な方には落ち着いた雰囲気の色を中心に、逆におとなしいタイプなら、積極性が前面に出るようにコーディネートすれば、全体のバランスを整えることができるでしょう。

(にしおか・しんや)1979年生まれ。茨城県土浦市出身。21歳で米輸入会社ワイルドウエストジャパンに就職し、約4千人のファンを獲得。2001年、セレクトショップ「WITH PREASURE」を独立開業。従来のアパレルの販売方法ではなく、コンサルティングを中心としたコーディネートの手法を確立する。10年にファッションスタイリストジャパンを設立し、多くの著名人、エグゼクティブの顧客を獲得し、現在に至る。

ファッションスタイリストジャパンHP

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る