文化・ライフ

ゲストはASTRAX社長の山崎大地さん。世界中の人々の「宇宙へ行きたい」という願いを叶えるリアリティあふれるお話は、宇宙旅行は遠い未来の夢物語と考えていた佐藤にとって、それまでの価値観を覆すものとなりました。

世界で注目の宇宙事業で新サービスを実現

201801SANSAN_P01

やまざき・たいち 鎌倉市出身。東海大学工学部航空宇宙学科卒業後、1997年三菱スペースソフトウエア入社。国際宇宙ステーション「きぼう」開発・運用準備に従事。2005年独立。16年ASTRAX設立。民間宇宙ビジネスの創出に力を注ぐ。

佐藤 山崎さんは民間の宇宙飛行士として、宇宙旅行や無重力飛行体験などのサービスを提供されているそうですね。この「民間」とは何ですか? また私も興味があるのですが、宇宙や海外まで行かなくても、日本国内で無重力体験できる場所があるのでしょうか?

山崎 「民間」とは国家予算ではなく、お客さまからサービスの対価を頂き、それを元に事業活動をしているということです。航空自衛隊と民間旅客機のパイロットの違いと同じですね。無重力体験は1人60万円からの参加費で、名古屋空港からチャーター機を使ってできます。高度7500~1万メートルの自衛隊の訓練空域で、パボリックフライトという特殊な飛び方をすると、機内が20~30秒間無重力状態になる。1時間半のフライトで約10回体験でき、都度インターバルがあるので、好きなコスプレに着替えたり、プロポーズをしたり、ダンスを踊ったり、商品宣伝やプロモーションの撮影ができます。

佐藤 実際の映像を見ても、みなさん笑顔で楽しそうですね。こうしたサービスは世界的にも類がなく、海外でも注目されていると聞きました。

山崎 無重力体験サービスを行う会社はありますが、どこも搭乗者全員に同じツナギを着せて、飛んで下りてを繰り返すだけ。お客さま一人一人の要望に応えられるのはASTRAXだけなんですよ。例えば「魔法使いになって箒で空を飛びたい」という万国共通の子どものころの夢が叶えば、無重力の楽しさが何倍にもなります。

佐藤 夢がありますね。これから訪れる宇宙旅行時代のシミュレーションといえるサービスですね。

山崎 仰るとおりで、ASTRAXでは宇宙を切り口にしたさまざまなサービスを生み出しています。今は宇宙旅行の申し込みが増えているので、お客さまの訓練用シミュレーターもつくっていますよ。例えば「宇宙婚」(宇宙での結婚式)をやるなら、どんな衣装を着て、牧師やカメラマンを誰にして、参列者はどこに座るかというリハーサルが必要なので、これをパッケージにして提供します。

佐藤 日本にはそういうサービスがまだないのですね。

山崎 日本どころか世界を見渡しても存在しません。宇宙船を開発している最先端の民間企業でもやっていない。あるのは、国所属の宇宙飛行士用の国際宇宙ステーションの訓練施設くらいですね。このほか、生きている間に家族と天国の下見に行く「生前葬」のサービスなどもあり、「有人宇宙葬」も提供しています。これは私が「宇宙おくりびと」となって亡くなった人の灰を宇宙船で宇宙に持っていき、大気圏突入させて流れ星にするというもの。今後は月への散骨サービスも提供していく予定で、これなら月を拝むだけでお墓参りが済むのでとても手軽になります。

宇宙旅行は身近なものに

201801SANSAN_P02佐藤 今はまだ宇宙旅行も数千万円と高額だと思いますが、私たちが宇宙に気軽に行けるようになるのはいつごろですか?

山崎 すぐですよ(笑)。1~2年後には宇宙船ができて宇宙旅行が本格化します。今年10月にニュースになりましたが、数年後には、飛行機で10時間以上かかる上海~ニューヨーク間が39分で移動できるようになります。宇宙船は空気抵抗のない宇宙空間を飛ぶので、燃料を節約でき、飛行機の何倍も速い。料金もエコノミークラス程度、とスペースXが発表しました。発着場もアメリカには既に10カ所以上あり、今後ハワイに2カ所、イギリス、シンガポール、ドバイ、スウェーデンほかに建設予定です。

佐藤 「リニアモーターカーで東京~名古屋間が40分」とニュースになる日本とは大違いですね。この完成を待つ間にも世界がガラッと変わってしまいます。海外に行くのに、宇宙を経由するエコロジカルな移動手段が常識になるんですね!?

山崎 数十分で各国に行けるようになると、国境の概念も変わります。入国審査の手間を省くために、スマホを使った電子パスポートが主流になり、顔認証や指紋認証だけで済むようになる。宇宙でも買い物できるように、地球全体の共通通貨も必要になるので、ビットコインなどの仮想通貨がもっと世に出てくるでしょうね。

佐藤 宇宙旅行は富裕層だけのものではなく、私たちのこんなに身近にあったのですね。民間宇宙産業のこれからが楽しみです。

山崎 スマホに例えると、宇宙船やロケットや人工衛星などはあくまでもスマホのボディでしかなく、中のアプリケーションやサービスがあって、初めて産業として発展していきます。そこに寄与するのは宇宙船を造る技術者たちではなく、例えばブライダルや葬儀業界、映像やエンターテインメント業界などでサービスをする人たちです。そのために、日本は国家事業である宇宙産業をいかに早く民営化するか。これが産業活性化の糸口になると思います。

似顔絵=佐藤有美 構成=大澤義幸 photo=佐藤元樹

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る