文化・ライフ

スーツにはシングルとダブルがあることぐらいは知っていても、その成り立ちやどんなシーンに合うのかまでは知らない人も多いのではないだろうか。スーツの種類と選ぶ際のポイントを、プロスタイリストの吉川浩太郎氏が解説する。

 

吉川浩太郎氏プロフィール

(よしかわ・こうたろう)1981年5月19日生まれ。東京都日野市出身。紳士服専門上場企業で人事採用や接客業務を経た後、イメージコンサルタントとしてのキャリアを基に依頼者独自の良さを引き出すコーディネート事業を展開。プライベートカジュアルからスーツスタイルまで幅広い知識・提案に定評がある。化粧品会社、大手建機会社、生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会(公益社団法人JAIFA)等で30~100名規模のファッション研修に携わっている。

 

シングルスーツとダブルスーツの違い

 

フォーマル度が高いのはシングルかダブルか

 皆さんはシングルとダブルのスーツ、どちらがお好みですか?

 一般的には、シングルのほうがダブルよりフォーマル度が高いとされています。ダブルのスーツの起源は諸説ありますが、とある英国人が雨の日に結婚式に出席した際、泥はねでズボンが汚れるのを避けるためにパンツの裾をめくり、それを見た人たちが真似をして広まったという話がもっとも有名です。

 裾をめくるという行為は屋外で着ることを前提としているので、それもシングルのほうがフォーマル度が高いとされる理由の1つでしょう。そのため、礼服などにはダブルは向かないとも言われています。

 ダブルの場合、裾を二重三重に折り返すので、パンツの下側に少し重みが出ます。裾がひらひらせずに生地がピンと伸びるというのが良い点です。ピンとさせるために、折り返しの部分に重しを入れるといったこだわりの強い人もいるようです。

バブル期のイメージが根強いダブルスーツ

 ダブルのスーツやタック入りのパンツなどは、バブル期のファッションを想起させるため、世代によってはどうしてもオジサンっぽいイメージを抱く方もいらっしゃいます。

 ただ、最近は雑誌などを見ても、ダブルのスーツが増えてきている印象です。座り仕事をされていたり、脚が太くてパンツがきついといった方には、楽に履けるタック入りが好まれるケースもあります。

 ダブルスーツに対する抵抗感は、むしろバブルを知らない若者のほうがないかもしれません。

 ダブルスーツが流行って廃れていったのを間近で見た40代以上の人のほうが、昔のファッションというイメージを刷り込まれているように思えます。ただ、40代以上でもファッション雑誌などをよく見て関心の高い人は、カッコよく着こなす術を身に着けているようです。

 着る人や着方によって印象は変わりますので、シングルとダブルのどちらが良い悪いというわけではありません。私の場合、2パンツスーツをつくるお客様には、それぞれ1本ずつ作って使い分けることをお勧めしています。

ダブルスーツは4つボタンより6つボタンを勧める理由

 ダブルスーツの場合、4つボタンと6つボタンを比較すると、6つボタンの方がスタイリッシュに見せやすくなります。4つボタンだと相手の目線が下がるので、腰のあたりがどうしてもズドンとした印象になりがちで、お腹当たりが目立ちやすくなるのです。

 6つボタンのほうは胸元にボタンがあるため、目線を上に持ってくることができます。40代以上でお腹周りが気になる方の場合、特に6つボタンがおすすめです。デザイナーによっては、8つボタンのダブルスーツもあります。

 昔はボックスシルエットと言って、ジャケットのシルエットが箱形で包み込むようものが多かったのですが、今はウエストが絞られたデザインが多くなっています。ジャケパンスタイルにしても大丈夫です。4つボタンもうまく着こなせれば問題ないのですが、お洒落の上級者でないと難しいかもしれません。

ダブルスーツではシングルスーツ以上にサイズ感が重要

 ダブルスーツはシングルスーツと同等かそれ以上にサイズ感が重要になります。特に身長が低い方は、丈が長すぎるとシングル以上に目立ちますし、幅とのバランスも意識したほうがよいでしょう。

 また、柄が強すぎるといかつい感じになってしまったりするのでその点も注意が必要です。たとえば極端に太いストライプの柄などを着ると、威厳が出すぎてしまって「社長か!」と思わずツッコミたくなるような雰囲気を醸し出してしまうこともあるので気を付けてください(笑)。

 ダブルスーツの前ボタンを外す着こなしも雑誌などでは紹介されています。ただ、どうしても前がヒラヒラとだらしない感じが強調されることがあるので、これも上級者向けの着方と言えるでしょう。

 

スーツジャケットの切れ目でもフォーマル度が変わる

 

 フォーマル度の話で言うと、ジャケットの背中や両サイドに入っている切れ目(ベント)も関係があります。

 昔、パーティ会場などのラウンジ(休憩室)には、くつろぐ際に椅子に座っても邪魔にならないよう、丈を短くしたラウンジスーツという服が用意されていました。それが、今われわれが来ているスーツの原型だと言われています。

 やがて馬に乗る人が増えると、またがった時に邪魔にならないよう、背中に切れ目を入れるようになりました。さらに軍人が腰にサーベルを差しやすいように、両サイドに切れ目が入るようになったということです。

 こうした変化を経てきたため、今でも切れ目なしのほうがフォーマル度が高いとされているのです。ただし、あまりそこを気に留める人もいませんから、ビジネススーツに関しては完全にお好みで選んで問題ないでしょう。

 ジャケットの切れ目がどこに入っていても、外から見える印象にも大きな違いはありません。横や後ろから見た時の形や、実際に着てみてどれが一番しっくりくるかといった感覚で決めれば良いと思います。

 

スーツの生地素材の種類と選び方のポイント

 

秋冬に着たい紡毛素材

 スーツの素材には細くて毛羽の少ない梳毛と、表面がフワフワして毛羽だっている紡毛というものがあります。オーダーメードでスーツを作る際、梳毛を選ぶとあまり季節感を問わないスーツに仕上がり易くなりますが、秋冬にはあえて紡毛を選ぶと、実際の機能的に暖かくなるだけでなく、見た目にも暖かそうな印象を与えることができます。

 仮に、明るいグレーや青っぽい紺など寒そうな色を選んだとしても、紡毛だと冷たさを感じさせないという特徴があります。梳毛と紡毛の違いは、誰にでも分かり易いものなので、実際に触って比べてみると良いでしょう。

 ただ、紡毛のスーツを持っている方は意外と少ないのが実情です。経済的な理由などから「1着のスーツを1年中着たい」という方が多いからではないかと思いますが、基本的にスーツは「春夏」「秋冬」に分かれています。ですから、絶対にダメというわけではないのですが、個人的には1着のスーツを1年中着るというのはあり得ないと考えています。

 特に「紺の無地スーツしか着ない」という人でも、素材に変化を加えるだけで随分と雰囲気が変わってくるものです。

季節感の出る素材はなぜ良いのか

 紡毛のスーツは着ている人が少ないからこそ、周囲と差をつけやすくなる、ということも言えます。

 夏場のクールビズの季節が終われば、少なくとも翌年の3月くらいまでは寒い季節が続くので、半年近くもの間、同じようなスーツを着るのはもったいないとも言えます。素材を変えることによって「あの人はいつも同じスーツを着ている」と思われなくて済むようにもなります。

 また、季節感を意識して服を選ぶと、ご自身のマインド面でも「季節が変わったな」というスイッチが入るので、変化を楽しめるようになります。そこから、ファッションに対する意識に広がりが出るということもあるでしょう。

 たとえ、1年中着られるスーツを持っていたとしても、そのほかに秋冬メインで着るスーツを1着持つだけで、周囲の人たちの印象も変わってきます。価格的には梳毛でも紡毛でも大きく変わらないので、ぜひトライしてみてください。

 紡毛のスーツに合わせて、ウール素材の入ったネクタイなどを合わせることで、さらに季節感を出す効果が大きくなるでしょう。まずはネクタイだけでも印象が変わってくるので、ぜひ試してみてください。

 

既製品のスーツを選ぶ際のポイント

 

サイズのフィット感には限界がある

 次に、既製品を購入する際に気を付けていただきたいポイントをいくつか紹介します。

 まず、サイズ感が重要であることは当然ですが、最も基本となるのは着丈と袖の長さです。特に着るスーツの丈はサイズを詰めすぎると、腰ポケットの位置に掛かってしまうので調整には限界があります。ですから、できるだけ丈がフィットしたものを選び、必要であれば袖の直しを行いましょう。

 肩幅や胴回りなど、スーツ全体の形に影響する部分の直しに関しては、量販店では対応できないことも多々あります。そんな場合はお直し屋さんなどを活用すると良いでしょう。いずれにせよ、サイズを変えられない部分がしっかりフィットしているかどうか、最初にチェックしておくことが大事です。

 既製服は基本的に標準体型の方を基準につくられているため、極端に肩幅が狭かったりお腹が出たりしていない場合でも、たとえば逆三角形の体型の方などにはフィットしにくい傾向があります。

 体を鍛えていて胸板が厚い方などは、胸や肩回りにサイズを合わせると、どうしても他の部分がブカブカになってしまいがちです。このあたりはやはり既製服の限界があることも知っておいてください。

サイズ感のチェックは横からも行う

 そして、サイズと見た目を鏡で確認する際、1つ気を付けていただきたいのは、正面だけではなく横からもチェックするということです。

 意外と多いのが、正面からはぴったりフィットしているように見えても、横から見ると背中でシャツが余って浮いていたり、パンツが太かったり、お尻がきつく見えたりするといったケースです。

 既製品のワイシャツなどは試着できないお店もありますが、できれば試着できるか店員さんに尋ねてから選ぶと良いでしょう。自分にフィットするシャツが見つかったら、袋をすぐに捨てずにそこに掛かれている丈、袖などのサイズをメモしておきましょう。こうすれば、仮に試着できない場合でも困ることがありません。

 

オーダーメイドスーツの種類と作る際の注意点

 

オーダーメイドスーツの種類

 オーダーメイドスーツと一言で言っても幅が広く、1人の職人が最初から最後まで手縫いで仕上げるフルオーダー、分業によって縫い上げていくイージーオーダー、いくつかのパターンに当てはめるパターンオーダーがあります。これらを全部ひっくるめて「オーダーメイド」と呼ばれることが多いので、その違いはよく知られていません。

 オーダーメイドのスーツを着ているという人を見て、既製品でももう少し良いものがあるのではないかと思わせるようなケースも時々あります。

 フルオーダーの場合、人気のある職人に頼むと何カ月も待たされることがあり、価格的にも高くなります。着る人に合わせてパーツごとの図面を引き、型紙を作成するところから職人が手掛けていくやり方です。

 イージーオーダーの場合は、何種類かある型紙のパターンから調整していきますが、かなり融通が利き、分業体制なのでフルオーダーよりコストが抑えられて納期も短くできます。

 パターンオーダーはコストも納期も最も手軽なのですが、サイズ調整などでかなり制約が多くなります。

 オーダースーツも価格破壊によってかなり手軽に買えるようにはなりましたが、品質や作り手側の負担を考えると、必ずしも良いことばかりとは限りません。ただし、たとえパターンオーダーでも、それまで既製服ばかり着ていた人が着ると、かなり良い物に感じられることもあるようです。

オーダーメイドスーツは「誰に作ってもらうか」が重要

 フルオーダーはもちろんですが、イージーオーダーの場合でも、「誰に作ってもらうか」に大きく左右されます。採寸する人によって感覚が微妙に違ってきますし、買い手としては運任せになってしまう部分は否めません。

 とはいえ、まずは「オーダーだから良い」という感覚を捨てて、作り手を選ぶことを可能な限り心がけてください。最初は作り手に全て委ねるのも良いですが、コミュニケーションを取りながら、「この人に頼んでも大丈夫か」と考えることも大事です。

 あまりにも自分の意見を押し付けてきたり、逆に顧客任せにしたりする作り手だと、仮に失敗した時の後悔が大きくなるでしょう。雰囲気や会話の波長が合うかどうかといった感覚で構わないので、作り手として納得できる相手を選んでください。

 顧客サイドとしては、「オーダーだから絶対にピッタリのものが仕上がってくる」と考えがちですが、「作り手と一緒に育てていく」という意識を持ってほしいと思います。たとえ完ぺきに近い仕上がりでも、着ているうちに「ここを調整したい」という部分が出てくれば、次回はさらに良いものができる可能性が出てきます。

 不思議なもので、コミュニケーションで違和感のある相手にスーツをつくってもらうと、失敗する可能性が高くなります。「この人に作ってもらう」と納得して、失敗しても責任の半分は自分という意識を持っていたほうが、上手くいくことが多いのです。

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る