文化・ライフ

繊維メーカー昌和莫大小、奈良県産業技術センター、畿央大学の3社で共同開発した、外で履いて歩ける靴下「はだし靴下」がインターネットで密かに評判になっています。

本来、人の体幹や足の機能を最大限に引き出すためには「はだし」が良いとされています。そこで、この商品は屋外で「はだし感覚」を体感するための「靴下」として人気が出ているのです。

 

「はだし靴下」の構造と特徴は?

 

「はだし靴下」は、最低限の足裏保護で、人間本来の持つパフォーマンスを取り戻し、体幹から体を鍛える靴下です。

 人間の足裏には、身体の傾きや地面の状況などを感知するセンサーが無数に備わっていますが、最近流行の高機能シューズなどを履いていると、足裏のセンサーが退化してしまうとの意見もあります。

 特に、小さな子どもたちには、靴で歩くよりもはだしで歩く教育が推奨されているように、はだしの良さが近年見直されています。外で履くことを前提とした「はだし靴下」の人気が高まっているのには、こうした背景があります。

 「はだし靴下」は意匠登録済みで、東洋紡の開発したイザナス糸とポリエステル、ポリウレタンなどが三層構造になっています。靴下の裏側には強力な滑り止めが付いているために、外でも履ける仕様となっており、足の各指を、手袋のように1本ずつ履く点も特徴です。

「はだし靴下」の外観

「はだし靴下」の外観(筆者撮影;原宿キャットストリートにて)

 

 

「はだし靴下」の発想は高機能シューズの逆張り

 

 「はだし靴下」の発想は、現在流行している高機能シューズの逆張りと言っても良いでしょう。

 ナイキ社の厚底シューズやニューバランス社の薄底シューズなど、高機能シューズの利点は、最先端のソール部衝撃吸収材やアーチ部の反発機能で、着地衝撃が緩和される点にあります。

 しかし、そのことによって人間が本来持つ筋力やバランス補正機能が低下して、身体が自ら行うフォームの矯正が出来ずにそのダメージが蓄積されてしまうといった弊害も指摘されています。その結果、稀にですが重篤なケースに発展してしまうこともあるそうです。

 「はだし靴下」開発側の考えとしては、人間が本来の持っている感覚を大事にし、足裏センサーを最大限に使って走る気持ちよさを訴求したいというところでしょう。そもそも靴下なので衝撃吸収や反発などがなく、人間本来の自然な走る形を維持できるのです。

 ちなみに、価格は税込みでスタンダード子ども用(1,728円)、スタンダード大人用(2,700円)、大人ロードモデル(3,780円)と比較的手が出しやすくなっているので、経済的負担もそれほどではなさそうです。試してみる価値はあるでしょう。

 

「はだし靴下」のデメリットとは

 

 「はだし靴下」のメリットは、体幹を鍛えるために足裏センサーを鍛えて体の自然を保つということですが、いくつかのデメリットがあることも事実です。

 まず、危険な場所は走れないということです。もしガラスが散乱した場所などを走れば、足に怪我をすることになります。

 また、シューズと違って靴底の強度が低く、実際にフルマラソンで42.195キロを走り続けると、足裏が破れてしまいます。開発メーカーが実際にメルボルンでフルマラソンで試験したことがありますが、途中で靴底が敗れてしまって現在改良中だということです。現状では1足だけでフルマラソンを走り切る耐久性はありません。

「はだし靴下」の足裏

長時間走り続けると足裏が破れることもあり改良の余地あり(筆者撮影;原宿キャットストリートにて)

 

 

「はだし靴下」は体育館内や校庭では安心して使える

 

 安全な路面でないと使えない、フルマラソンなど長時間の走行に耐えられないということなので、使用できる場所は限定されます。

 そこで推奨されるのが、学校の校庭や体育館などでの使用です。特に近年、子どもたちの間で扁平足や浮き指等、足の変形が高い確率で発症していることがさまざまな機関より報告されています。「はだし靴下」で足裏に外部からの刺激を与えることで、健全な足の発育を促すことができるわけです。

 子どもたちの健やかな成長をサポートするために、「はだし靴下」開発者メーカーの昌和と奈良県産業振興総合センターでは、既に幼稚園や小学校において子供たちに商品を履かせるテストを行っています。その結果、子供たちの66%で駆けっこのタイムが向上し、90%以上の子どもから、「楽しい、使いたい、欲しい」という回答を得たということです。

 小中学校で体育館シューズを「はだし靴下」に変えてみたり、校庭で運動をさせてみたりするのは、比較的安全で現実的な使用法だと思われます。

 

「はだし靴下」の機能にアスリートも着目

 

 「はだし靴下」が持つ、体幹、筋力、バランス力を復活させてパフォーマンスを最大化させるという機能は、既にマラソンランナーやプロのサッカー選手などにも着目されています。

 サッカー選手の場合はシューズの中に履くことになりますが、靴の中での足の滑りが無くなり、パフォーマンスに好影響を与えるということです。

 他には登山家が下山する際の靴下として使われたり、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックで正式種目として採用されたサーフィンでも、この靴下を履いて波乗りするとボードと足が滑らなくなり激しいアクションがしやすくなるといった報告がされたりしています。このように「はだし靴下」の使用用途は、多方面に広がっています。

サーフ専用はだし靴下

OLENO はだし靴下 ロード・5フィンガー (ブルーMIX 23cm-25cm)3,780円税込み

 

筆者が試した「はだし靴下」の実際の履き心地と性能は?

 

 筆者も「はだし靴下」を履いて外を走ってみたところ、とても不思議な懐かしい感じがしました。夏場に街中をビーチサンダルで歩くことは結構あるのですが、「はだし靴下」の場合は感触がまた違います。

 はだしの感覚は非常に気持ちの良いものです。しかし、見た目はただの靴下に見えるため、周囲からは不思議に見えたかもしれません。

 実際のパフォーマンスは、ランニングシューズよりも軽がると走れるような気がしました。前述の通りフルマラソンを走り切る耐久性はまだありませんが、素材には防弾繊維を使うなどして強化されているそうなので思ったより丈夫な印象です。

 「はだし靴下」を開発した昌和莫大小は、奈良県にある創業83年、従業員十数名の企業です。地方の中小企業がこれほど素晴らしい画期的な新商品を生み出せるのですから、大企業も知恵を絞って、斬新で「それそれ待ってました!」という商品やサービスを開発してもらいたいものです。

 たまには高性能シューズを脱いで、健康のために、このはだし靴下で安全な場所をのんびりと歩いてみることをお勧めします。ただし、くれぐれもガラスなど危ないものは踏まないように気を付けてください。

 

※本連載の過去記事はこちらから

++++++++++++

山本康博(やまもと・やすひろ):ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画・開発に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム、テレビCMは52本製作。1年以上継続した商品を計算すると打率3割3分、マーケティング実績30年。現在では新商品開発サポートのほか、業界紙をはじめとしたメディア出演や連載寄稿、企業研修、大学等でのセミナー・講義なども多数実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)、英語著書『Stick Out~a ninja marketer~』(BVC)など。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る