文化・ライフ

ゲストは、20代の頃から国内外のオーケストラやオペラの指揮者として、また音楽監督としても活躍する大友直人さん。今回はプロの音楽家の目線から、指揮者の仕事と責務、感性の磨き方など、奥深い音楽の世界に触れる楽しいお話を伺いました。

 

大友直人氏プロフィール

大友直人氏

(おおとも・なおと)1958年東京都生まれ。桐朋学園大学4年時にN響デビュー。小澤征爾氏をはじめ、著名な指揮者に師事。卒業後はN響副指揮者に就任。現在は群馬、東京、京都市、琉球交響楽団などで指揮者、音楽監督を務める。

 

年齢も性別もバラバラの演奏者をまとめるのが指揮者の責務

 

佐藤 本日はよろしくお願いします。早速ですが、世界で活躍される大友さんが指揮者になられた動機から伺えますか?

大友 こちらこそよろしくお願いします。私は小学生の頃ピアノを習っていて、当時からオーケストラのシンフォニーが好きでした。それでいつか自分で作曲したいなと夢見ていたんです。そこからオーケストラの指揮者への興味が湧きました。

佐藤 ピアノをされていたんですね。ご両親の影響でしょうか?

大友 私の両親は音楽家でもなく、音楽に造詣が深いわけでもありませんでした。でもピアノの先生を探してくれたりして、音楽に触れられる恵まれた環境はありましたね。

佐藤 オーケストラの場合、何十人、何百人もの演奏者がいて、1人でも演奏を失敗したら成り立ちませんよね。指揮者が大人数の演奏者をマネジメントするところは私たち経営者と似ているなと感じます。

大友 オーケストラはプロの音楽家の集団で、佐藤さんが仰るようにその特殊性は大勢の演奏者が集まって一つの演奏をするところにあります。

 例えばバイオリンセクションに30人の演奏者がいれば、音楽学校を卒業したての若い人も、経験豊かな60代の人も同じ仕事をします。独奏も室内楽(少人数の演奏)もありますが、オーケストラのような大人数のリハーサルをどう進めるか、信頼を得てどうまとめるかは、指揮者の役割であり責務です。

 たとえ20代の若い指揮者であっても、リーダーシップを発揮できなければ務まらない難しい仕事ですが、若くても誠実な人には演奏者も協力的ですよ。

佐藤 相互の信頼関係があって成り立つ場なんですね。リハーサルは長時間かけて行うのですか?

大友 ケースバイケースですが、一般的なオーケストラの場合、1~3日と短めです。本番の会場で練習できるケースはまれで、別の会場でのリハーサルも多いです。音楽は優劣や順位を付けることが難しいのですが、一方でごまかしは利きません。名前や肩書ではなく、実際の演奏のクオリティーが問われます。日々、切磋琢磨していないと生き残れない厳しい世界でもあります。

 

多くの音楽カテゴリーで活躍する大友直人氏

 

佐藤 大友さんはクラシックだけでなく、加山雄三さん、玉置浩二さん、JUJUさんなど著名なアーティストと共演したり、オペラの指揮などもされていますが、音楽のカテゴリーによって気持ちを切り替えるのですか?

大友 特にそうした気持ちの切り替えはしていません。音楽は大まかに日本の伝統音楽の「邦楽」と、五線譜を元に楽器で演奏できる「洋楽」とに分けられます。

 ポップスや演歌のアーティストも、音や法則の基礎は五線譜の教育で学びます。音楽のカテゴリー分けは料理のようなもので、肉・魚・野菜という素材が和食、フレンチ、中華のどれになるかはシェフ次第。つまり、表現の仕方・手段が違うだけです。

佐藤 分かりやすい例えですね。大友さんは長年音楽の世界の一線にいるわけですが、最近の音楽家はどのように映りますか?

大友 ポップス系の歌手では、実力のある人が減っているのを感じます。今はカラオケ全盛期で、アーティストも自分専用のカラオケ伴奏でないと歌えない人が増えました。

 NHK「紅白歌合戦」もかつては生バンドが入っていましたが、今ではそれも減り、カラオケ大会のようです。実力のある人はどんな形態の生演奏でも歌えますよ。

 楽曲もそう。音楽は時代を経ても変わらない基本・基礎を土台に、時代ごとに新しいバリエーションをつくります。良い曲は時代を経て聴いても、どんな演奏で聴いても良いものです。

 

人本来の能力を磨くには感性を大切にすること

 

佐藤 音楽家が本業を忘れてタレント化しているのでしょうか。経営者でもたまにそういう人を見掛けますが。

大友 それもあるでしょうね。もっとも時代の寵児やスターは業界活性化のためには必要な存在です。

佐藤 音楽の感性を磨くには何をしたらいいのでしょうか?

大友 これは音楽に限りませんが、人が生物として元来持つ能力は昔も今もそう変わらないはずです。ただ能力の開発のされ方は昔と今では違います。自然から学ぶことは多いので、現代に生きる人も、自然の中で素朴な感性を磨くことが大切ではないでしょうか?

佐藤 なるほど。東京はモノや情報が溢れていますが、私も出張がてら時々ふらっと自然豊かな地方へ出掛けたりします。

大友 いいですね。音楽の世界では、東京は恵まれていて、世界最大のクラシックのマーケットです。これだけ多くのオーケストラやコンサートホールがある都市は類を見ません。

 ただし地方との文化やインフラの差があるので、私はこの不均衡を正したい。佐藤さんにもぜひ、経済界のネットワークで支援していただけたらうれしいですね。

大友直人氏と佐藤有美

「東京と地方の音楽インフラの格差をなくしてほしい」と語る大友直人氏と佐藤有美(左)

 

似顔絵=佐藤有美 構成=大澤義幸 photo=佐藤元樹

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

Eコマースを中心に成長を続けるBEENOS。その創業者である佐藤輝英氏は、5年前に社長を退任。4年前には取締役を辞任し、経営から退いた。それまで起業家として生きてきた佐藤氏が次に選んだのは起業家支援。BEENEXTを設立し、新しいイノベーションを起こそうとしている起業家への投資を始めた。その中でも投資の中心と…

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る