媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

障がい者の新たな雇用創出と企業の障がい者雇用率達成を支援するサテライトオフィス―アルファ1グループ

人材派遣業のアルファスタッフなど4社で幅広い人材事業を展開するアルファ1グループ。傘下のアルファプランニングでは業界初となる、サテライトオフィスを拠点に障がい者雇用をトータルサポートする事業を手掛け、障がい者雇用率達成と課題解決に貢献する。

アルファ1グループ
アルファ1グループ代表取締役 神田孝謙(かんだ・たかのり)

 企業の障がい者法定雇用率は2021年3月に2・3%へ引き上げられる。

 雇用率を達成できていない企業は全体の半数以上、かつてはグループ中核のアルファスタッフも例外ではなかった。「そこで考えた末の答えが、人材採用のノウハウと、グループ内で擁する障がい者サポートのノウハウを合わせること。そうすれば自社のみならず多くの企業、働きたい人を支援できると考えました」と神田孝謙代表は言う。

 グループのアルファサービスは14年から就労継続支援A型事業所を運営。利用者30人のうち6割が精神障がい者だ。

 「日本では労働可能な障がい者のうち、働けているのはわずか13・7%。当社では、特に年間5万人ペースで増えている精神障がい者を雇用創出の中心にしています」

 「採用方法がわからない」「業務の切り出しが困難」「定着しない」といった企業の課題を解決するために始めたのが、障がい者ワークサポートオフィス「アルファスマイル」だ。

 採用支援や人材紹介から職場・職域の創出、定着サポートまで行う。企業はサテライトオフィスの中で安心して雇用でき、今まで働く機会が限られていた障がい者の雇用創出にもつながる。現在名古屋市内に2カ所あり、7企業が利用中だ。

 業務の一例として、オンデマンド印刷機での名刺や封筒などの作成、軽作業や検品などの内職を委託契約で提供可能にした。また、訪問やウェブの定期面談でコミュニケーション機会も設ける。1年契約で2人から利用でき、自社環境が整うまでの場としての活用も推奨。

 サテライトオフィスは障がい者採用が激化している大都市圏、逆に車通勤が必要な地方など、採用の難しい地域の企業にも可能性を広げる。これはリモート化の流れにもなじむものだ。

 「東海で100人採用の実績を築き、全国にも『アルファスマイル』ブランドを地元の有志企業の協力を得て広げたい」

 信用度を高めるべく、まず東京プロマーケット上場を目指し、さらなる次の上位市場も視野に入れている。

会社概要
設立 2019年4月
資本金 4,600万円(グループ合計)
売上高 33億7,400万円(2020年3月期・グループ合計)
所在地 愛知県名古屋市中村区
従業員数 244人(2020年3月期・グループ合計)
事業内容 人材派遣、業務請負、人材紹介を主とする人材サービス事業を行うグループ会社の経営計画・管理
https://www.alpha-1gp.jp/

【AD】