政治・経済

エーザイと味の素が消化器疾患の医薬品専門会社を立ち上げる。味の素にとっては不採算部門の整理である一方、エーザイにとっては新薬の開発および、本体における認知症領域への経営資源集中の狙いがある。苦境に立つ製薬メーカーの必死の生き残り策が始まった。 文=ジャーナリスト/副島卓也

 

合併により不採算事業を切り離した味の素

 

 「体のよいリストラ。双方の利害が一致したのだろう」

 エーザイと味の素は10月15日、胃炎や胃潰瘍の治療薬を持つエーザイの消化器疾患治療業と、大腸検診のときに使う腸管洗浄剤など、消化器疾患に特化した味の素の子会社・味の素製薬を統合し、同社を承継会社として、来年4月に新会社「EAファーマ」を立ち上げると発表した。

 新会社の事業規模は800億円超。これは開業医市場を主体とする消化器疾患の医薬品を専門に扱う製薬企業としては国内最大級となる。

 しかし、EAファーマの株式はエーザイが6割を保有して連結子会社化するという、この新たな合弁事業に対し、総じて評価は芳しくない。この新会社の立ち位置は、冒頭の辛辣なコメントに代表されるような、投資家サイドから出たものだ。

 1981年以来、アミノ酸技術を核に成分栄養剤「エレンタール」などのロングセラーを手掛けてきた味の素の医薬品事業は、多額の研究開発費を費やしてきた割に、近年は縮小退行だけが続いている。2010年に社名変更した当時、5年後には売上高1千億円を目標にしていた味の素製薬だが、現状は397億円(14年3月期実績)と、その半分にも満たない。13年には不採算の輸液事業を合弁会社化するなど、合理化に舵を切っていた。医薬品事業本体の切り離しも、この頃には既に準備を進めていた模様だ。

 

エーザイと味の素それぞれの強みとは

 

 一方、新会社を主導することになったエーザイ側には、胃炎や胃潰瘍の治療薬である「パリエット」「セルベックス」という大型製品を生み出した実績がある。特に、最盛期にはグローバルで1千億円を超える売り上げを誇ったパリエットは、エーザイの名を世界に知らしめた認知症治療薬「アリセプト」とともに、同社の海外進出を支えた看板製品だ。

 しかし、そのパリエットも日本、そして最大の市場である米国でも特許保護期間が満了し、製品寿命を終えようとしている。内科開業医が主なターゲットである消化器疾患は、高血圧などと並んでライバルメーカーが多く、MR(医薬情報提供担当者)と呼ばれる営業要員を大量に動員しなければ市場競争ではまず勝てない分野だ。加えて、国は特許が切れた後に参入する安価なジェネリック医薬品の採用を、医療機関に奨励しているさなかでもある。

 解決策のひとつは、言うまでもなく新たな製品を生み出し、市場に投入すること。しかし、胃炎などの分野はひととおり治療薬が揃っており、医療ニーズはもうそれほど残っていないのが現状だ。その意味で、EAファーマの設立は理に適っている側面もある。味の素が保有する開発パイプラインに、いくつか目を引く新製品候補があることは確かだからだ。

 味の素製薬は、消化器疾患の「スペシャリティファーマ」を自認している。特に胃よりも下、つまり腸の病気にフォーカスを当てており、女性に多い便秘のほか、難病であるクローン病や、安倍晋三首相の持病として広く世に知られるようになった潰瘍性大腸炎などの新薬開発に取り組んでいる。これら炎症性腸疾患は、食事も満足に採れなくなる重い病気であることから、医療ニーズはなお根強い。

 だが、この青写真はあくまで中・長期的な展望だ。順調に臨床試験が進んだとして、18年頃に製品化される見込み。果たしてEAファーマは、それまで1200人を超える人員を抱えながら、新会社単独で数百億円単位の研究開発費を賄うことができるのか、という点が問題だ。

 

味の素子会社との合併を機に認知症新薬に集中したいエーザイ

 

 日本の製薬企業は現在、大きな岐路に立たされている。医療費の膨張に直面する国が、本格的に薬剤費のカットに動いているからだ。特にハイリスク・ハイリターンの新薬開発を志向する製薬企業は、多額の研究開発費の回収を終えてもなお、多大な利益をもたらしてきた特許切れ新薬が、ジェネリック医薬品にシェアを奪われる一方なのだ。今や、新薬がなければ生き残りは難しい時代に入っている。

 こうした流れは10年頃から本格化し、地域の診療所や薬局に対する影響力が強い基幹病院で国がジェネリック促進策を打った14年4月から、企業の損益計算書にも如実に反映されるようになった。既にジェネリック大手企業の営業利益率が、新薬系企業大手のそれを上回るという現象も起きている。

 製薬企業は大手から中小まで、各社各様の対策を講じている。その中でひとつの有力な将来モデルと目されているのが研究開発領域の絞り込みだ。EAファーマ設立が味の素にとって意味するところは医薬品事業からの事実上の撤退だが、エーザイはこれを機に、医療ニーズの高い抗がん剤と、アリセプトで培った認知症領域に資源を集中させる決断を下したことになる。

 エーザイは目下、社運を懸け、米バイオジェン社と共同で複数の新規アルツハイマー型認知症治療薬の製品化に取り組んでいる。来春には、2つの新薬候補で臨床試験の途中経過が明らかになる見通し。まずはここが、同社の未来を占う上での重要なポイントになるだろう。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る