政治・経済

空港活性化という問いがあれば、「LCC(ローコスト航空会社)の誘致」という答えは間違いなく挙がるはず。それほど、新たな需要を生み出したLCCの貢献度は高い。ただ、どこの会社も成功しているわけではない。日系LCCで唯一黒字化を達成し、周りも潤しているピーチ・アビエーションの井上慎一CEOに、航空会社も就航地も元気になる方法を聞いた。

情けはピーチのためならず

20160405PEACH_P01

(いのうえ・しんいち)1958年神奈川県藤沢市生まれ。82年、早稲田大学法学部を卒業後、三菱重工業に入社。90年に全日本空輸株式会社(現・ANAホールディングス)入社。その後、主にアジアでの営業に携わる。2008年、アジア戦略室長に就任。11年、A&Fアビエーション(現ピーチ・アビエーション)代表取締役CEOに就任する。 PHOTO:宇野良匠

 2016年に関西と仙台でコンセッション方式による民営化が行われることは、新たなチャレンジとして航空会社としても期待しています。仙台空港に関しては第4の拠点にすると表明していますが、実際は17年度から事業を開始したいと考えていますから、まだ路線などは何も決まっていません。

 よく就航の条件も聞かれますが、飛行時間が4時間圏内であるということと、何よりビジネスとして成立することが条件です。例えば、採算面で合わなくても助成金や支援で飛ばすこともありますが、結局は成り立たないわけですから、良い方法ではないと思っています。

 ただ、仙台、東北地方は、魅力的な地域だと思っています。まだまだインバウンドのお客さまにも知られていませんが、観光資源が豊富です。例えば、昔ながらの町並みが残っているんですね。グルメも良い。こないだも香港の方が「2つめの金閣寺に行ってきたよ」とおっしゃっていたんですが、中尊寺の金色堂のことだったんです。そういった観光資源は豊富にありますから、すごく期待しています。

 多くのお客さまに訪れてもらうためにも地元の協力は欠かせません。私たちは「THE関西モデル」と呼んでいるのですが、関西で事業を始めて失敗を重ねながら導き出したものがあります。

 LCCと空港会社、それに自治体と地元企業の4者が協力し合うモデルですが、例えば、空港会社から着陸料減免措置といった支援を頂いたときに、当社は黒字を出しているので、それを原資に運賃を下げました。そうすることでお客さまは増え、空港には恩恵をもたらし、鉄道などアクセスのお客さまも増やし、地元のホテルや飲食店を潤すといった良い循環をつくっていくことができたのです。つまり、「情けはピーチのためならず」ってことなんです(笑)。

 関西大学の宮本勝浩名誉教授の調べでは、14年度のLCCの関西経済圏に及ぼしたインバウンド効果を、1884億円と算出しています。当社の国際線シェアが33・3%ですから627億円のインパクトを単独で出せる計算になります。お客さまを連れて来ることで、こんなにもお金を使っていただいているんです。

「旅」から「日常」へ

 ピーチは、20代から30代の女性をターゲットとした結果、搭乗者の女性比率が50%以上になっています。沖縄線や石垣線などは、私がとまどうくらい女性客が多い(笑)。こうした新たな市場をLCCが開拓しましたが、今後もまだまだ伸びると思っています。

 面白いのは、LCCに乗り慣れた方が増えていまして、利用方法に変化が表れています。旅行ではなく、日常の拡大といえばいいでしょうか。例えば、20代後半くらいの方で台湾に昆虫採集に行かれている方がいらっしゃいました。採集できる昆虫は春夏秋冬で違いますから、結構利用していただいているはずです。ビックリしたのは、台湾の女の子たちが那覇の美容室を訪れていることです。日本の美容室の技術が高いというのもあるんでしょうが、安いからこそフラッと来ることができる。私たちが標榜していた「空飛ぶ電車」になりつつあるんですね。

 シニア層も増えていましてね。矢沢永吉さんみたいなカッコイイ方々が、自分で予約し気軽に利用しています。要望を聞くと、「毎日ちゃんと安全に飛んで、安い運賃をきっちりだしてくれればいい」。それだけだそうです。面白いでしょ。

 また、関空―ソウル線に日帰りのお客さまが多いという噂がありました。試しに往復7200円の運賃を出したところ大阪のおばちゃんたちの人気に。主婦だから日帰りが喜ばれるんだそうです。こういった気付いていない需要はまだまだあると思いますよ。(談)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界8月号
[特集]
会社が変わる時

  • ・伊藤秀二(カルビー社長兼COO)
  • ・星野佳路(星野リゾート代表)
  • ・森山 透(三菱食品社長)
  • ・笠原健生(クアーズテック社長)
  • ・駒村純一(森下仁丹社長)
  • ・小渕宏二(クルーズ社長)
  • ・大山健太郎(アイリスオーヤマ社長)
  • ・秋本英樹(リンガーハット社長)

[Interview]

 糸井重里(ほぼ日社長)

 クリエーターの僕が経営者になった日

[NEWS REPORT]

◆誕生10年! iPhoneは世界をこう変えた

◆インディ500とル・マンにF1 モータースポーツの経済効果

◆Jリーグ放送権喪失後の展開 スカパー! はどうなるか

◆売り手市場の就職戦線に笑うものなし

[政知巡礼]

 下村博文(衆議院議員)

 「教育立国こそが、国家として目指す道」

ページ上部へ戻る