文化・ライフ

健康的なダイエットを推奨するエステティックサロン「気エステティック イヴ」を展開する株式会社村山の村山舞社長をゲストにお迎えしました。お母さまの村山静江会長からバトンを引き継ぎ、どのようなポリシーを持って、経営に携わっているかをお聞きしました。

 

医学博士号を取得した後代表に就任した村山舞氏

 

佐藤 舞さんは会長であるお母さまのおそばでずっとやってこられましたが、代表に就任されて、気持ちの上で区切りのようなものは感じましたか。

20160419SANSAN_P01

(むらやま・まい)1977年生まれ、新潟県出身。大学卒業後、英国に留学し、CIDESCO(エステティック国際資格)、CIBTAC(英国のエステティック国家資格)、IIHHT認定国際アロマセラピスト&リフレクソロジストなど8種の資格を取得。2012年昭和大学医学部医学博士号取得後、村山代表取締役就任。

村山 代表になったのは5年前ですが、あまりはっきりと気持ちが変化したというわけではありませんでした。実は私が学位を取ったら代表に就任するという話を会長とずっとしていたのです。日本ではエステ業界の歴史は浅く、最初に始めた方々が、まだ現役で活躍されているケースも多いです。美容を手掛けるにあたっては、あまり年齢が高くなるのはどうかと会長は考えていたので、私が医学博士号を取ったら1つの区切りとして引き継ぐことに決めていました。だから、どちらかと言えば学位を取る方を優先的に考えていましたね。会長がこの仕事を始めたのが35歳の時で、私が代表を引き継いだのも同じ年齢です。

佐藤 エステの会社のトップが医学博士号を取るのは珍しいですよね。

村山 日本ではそもそもエステの資格制度が確立されていなくて、エステティシャンとしてどこまで知識を持たなければいけないのかという目安がないんです。でも、お客さまの体に触れて、いろいろなアドバイスをするからには、素人が適当に行うわけにはいきません。私は大学卒業後に英国に行ったのですが、英国ではエステが国家資格になっていて、その次の段階として国際資格が取れる制度になっていました。

 英国で資格を取って帰国したのですが、現場で仕事をするうちに、痩身の専門家としては、生活習慣や身体の仕組みや栄養などのことをもっと知らなければいけないと感じました。それらの部分をもっとしっかり勉強して、スタッフの教育にも生かしたいと思ったんです。そこで会長の知り合いの方のご紹介で、昭和大学の先生の教室で勉強することになりました。

 

健康的に痩せるために必要なこと

 

佐藤 勉強は大変ではなかったですか。

20160419SANSAN_P02

書き綴った日々の記録。ノートは現在14冊に及んでいる

村山 勉強の中身が薬理学だったんです。薬理作用の分野は、用語1つとっても私にとっては「宇宙語」の世界で、最初は全然分かりませんでした(笑)。初歩から教科書で学んで、授業に出席して付いていく形で、7年間かけて医学博士号を取ることができました。その後も定期的に通って、勉強は続けています。薬理だけではなくて、整形外科や皮膚科や内科など、いろんな先生方に持ち回りでセミナーをやっていただけるのですが、それがすごく楽しいですね。そこで得た豆知識を毎日書いて各店舗にファックスしてスタッフに伝えているのです。

佐藤 健康でないといい仕事はできないですし、そうした豆知識が集まるのはうれしいですね。

村山 痩せたい思いが強いあまり、過度な食事制限をされたりする方もいらっしゃいますが、きちんと3食たべても痩せられる体作りが大切です。最近はやりの糖質制限ダイエットにしても、緩やかに行わないとリバウンドが激しくなりますし、体に負担を掛けず、長く続けられるようにしないといけません。

佐藤 70歳、80歳になったときに自分がどういう健康状態でいられるかが大事だと思います。

20160419SANSAN_P03

娘の成長を見守る村山静江会長(右)と

村山 私たちはお客さまのことを「生徒さん」と呼んでいますが、最高齢の生徒さんは87歳の方です。高齢の方の中には、最初は階段を1人で上れなかったほどだったのが、10キロ、15キロと痩せていくにつれ、お腹がへこんで、膝の負担も軽くなって、すごく元気になられた方もいます。 

 

痩身専門のエステを活用して体のコントロールを

 

20160510SANSAN_P01

佐藤 海外と日本では、エステに対する考え方に違いがあるのですか。

村山 欧州ではエステはもともと化粧品からきていて、ボディーマッサージで血液やリンパの流れを良くして脂肪を落とすという考え方がありません。外国では、痩身は主に栄養士やカウンセラーの仕事なんです。生活習慣病の予防という観点で言えば、お医者さまの分野でもありません。ですから、私たちのような痩身専門のところがもっと活用されて、自分の体を自分でコントロールできるようになってほしいと思います。

佐藤 日本人は「先生」の肩書きに弱いので、医者に言われたことを真面目に守りますが、薬の影響で免疫力が低下すると、歳を取るほど元に戻すのが大変になるという弊害もあります。

村山 病気になってしまうとお薬が必要になりますが、病気になる前にサポートする仕事も、国家資格として認めてもらえたらという思いはあります。私たちは「健康やせ」のスローガンを掲げていますが、活動が少しでもエステティシャンの地位向上につながればいいですね。

 

ストレスなく痩身が実現できるエステのノウハウを浸透させたい

 

佐藤 御社のパーティーに出席すると、女性社員の方々が本当にきれいで生き生きとされていて感心します。女性をマネジメントする上で気を付けていることはありますか。

村山 女性のほうが良い意味で目の前のことしか見ていないと思います。男性は長期的な観点から損得を考える傾向があるので、いざとなったら仕事を辞めるという選択肢がない場合が多く、力を100%出さない人も多いのではないでしょうか。長期的な視点は男性が優れているところでもありますが。女性は「今これをやる」と決めたら120%のめり込むところがあって、その瞬発力はすごいと思います。

佐藤 それはあるかもしれませんね。思い込みが激しいぶん、仕事へのロイヤリティーも高い。

村山 どちらかと言えば、「細く長く」というより「太く短く」でしょうか。女性は条件だけでは動きませんし、そういう意味ではお客さまに泣いて感謝されたことによって、仕事が病みつきになる社員もいます。出戻り社員も結構多いんです。当社ではイベントがたくさんあって、燃え尽きて辞めてしまう人もいるのですが、そうした人たちがほかで同じような仕事をしても、泣いて感謝されることはなかなかありません。もう一度やりがいを感じたくなって、戻ってくるスタッフも多くいます。

佐藤 今年で創業36周年を迎えられますが、次の40周年、50周年に向けての抱負をお願いします。

村山 例えば50周年までに何店舗にする、といったことは考えたことはありません。中長期のビジョンありきではなく、人が育って初めて何でもできると思っています。

 ですから、今は「日本一結果の出せる痩身教室」にすることを目指しています。痩身なら他社に負けない自信はありますが、お店によっては、結果の出方にまだバラつきがあります。きちんと指導を守るまじめな生徒さんでなくても、できるだけストレスなく痩せさせられるノウハウと言いますか、そうした部分をもっと浸透させたいと考えています。どこの教室に通っても大丈夫と言われるように、スタッフのレベルアップを目標にしています。



20160405SANSAN_P02 対談を終えて

久しぶりにお会いした舞さんは、経営者らしいお顔になられ、ご自身の道をしっかりと歩んでいらっしゃいました。これからもエステ業界に新たな風を吹き込んでください。

前編はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る