文化・ライフ

2040年のピークに向けて拡大する葬儀市場と葬儀ビジネス

 国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」によると、2015年の死亡者数は129万人と戦後最高を記録。今後も死亡人口が減ることはなく、ピークを迎える40年の166万9千人まで増加が続く。

 葬儀業界の市場規模は1兆8642億円(死亡人口×葬儀平均単価144万5千円)。死亡人口増加に加え、単価底打ちで市場はゆるやかに拡大している。ただし、単価に飲食や生花を含むか否か、葬儀費用は日本消費者協会のアンケート調査を元にしているが、地域差があることと、そもそもこの調査は一般的な葬儀を行った人を対象にしており、近親者のみが参列して行う家族葬や、火葬だけを行う直葬(ちょくそう)の数字が含まれていないため、高めの数字となっている。

 こうしたことを背景に、葬儀市場には新規参入が相次ぐ。葬儀専門業者と冠婚葬祭互助会が市場を二分。その他、JAや生協、電鉄、ホテルなど異業種からの参入も続いている。

 専門葬儀社系は地域密着型の零細企業が多く、開業にあたって特別な資格や許認可を必要としないため、実際の事業所数を正確に把握することは困難で、その数は全国で5千~6千ほど。葬儀業界全体の売り上げのうち、40%強が専門葬儀社によるものと推測される。二大勢力のひとつ冠婚葬祭互助会の事業者数は約300だが、施行件数は年間35万件、売り上げは全体の40%に達するとみられる。

葬儀ビジネスの誕生は明治から

 サービス業として葬儀を請け負う葬儀社が誕生したのは明治になってから。日清、日露などの戦争を経て葬祭業は徐々に発展を遂げた。当初は装具を貸し出す単純な役割だったが、寺院との折衝や式場の設営、火葬や埋葬の手配、飲食や物品の調達、医療機関や行政(警察)との連絡、花や写真の手配まで行う総合コーディネーター業に成長していく。

 現在、日本の葬儀の大きな特徴は、ほぼ100%火葬によって遺体が処理されていることにある。欧米各国やアジアの諸国では、大半が土葬中心。日本でも明治初期まで葬送の多くは土葬だった。しかし明治30年代、都市化が進んで人口が増えると共に、土葬場所の確保が問題になった。近代的な火葬炉が登場し、併せて1897年に伝染病予防法が制定され、火葬が一般的となった。

 戦後の混乱期になると冠婚葬祭互助会が誕生。毎月、会員から一定金額を掛け金として徴収して積み立て、結婚式や葬儀などの際に、契約に定められた役務や取り次ぎを行う業態だ。高度経済成長の波に乗り、ベビーブームとともに1990年代後半以降、互助会や葬儀社による斎場建設ラッシュが続いた。

葬儀ビジネスは「安くて早い」ことが評価されるとは限らない

20170221SOUGI_SOURON_P01 こうした中で、昨今は家族葬、直葬が増えている。少子高齢化や価値観の多様化によって普及し、首都圏では葬儀の3割を超えるまでになっている。葬儀ビジネスは高齢化時代の勝ち組産業と言われたが、社葬の減少、お別れ会でホテルと競合、JAなど新規参入組とも競合するなど不安材料は多い。

 日本全体が若々しかったころは、死や葬儀は身近なものではなかった。だが高齢化比率が25%を超え、出生数より死亡者数が多くなった昨今は、かつて以上に死は身近なものになっている。葬儀の役割には、遺体の処理を適切に執り行う(物理的理由)、宗教的儀式により魂を鎮める(宗教的理由)、その人が亡くなったことを広く知らせる(社会的理由)、残された家族の心を癒す(精神的理由)などがある。

 社葬・お別れ会の場合は、会社の発展に貢献した故人を偲び、功績を讃える、顧客や取引先などの関係者および社内外に後継者、新組織、新体制、方針を知らせる機会、儀式を一致協力して行うことで社員の結束、一体感を高める重要な機会になる、といった役割がある。

 葬儀は簡略化の方向に確実に向かっているが、個人も企業も、前記の葬儀の役割をすべて蔑ろにしていいのだろうか。そもそも地球上で、いかなる民族も葬送儀礼のない社会はない。

 サービス業は、製造業とは違い、「安くて早い」ことがいつも評価されるとは限らない。何より重要なのは、団塊世代が葬儀を望むかだろう。団塊世代の先頭は1947年生まれ。2017年には70代に差し掛かる。団塊世代は過去の日本のライフスタイルを大きく変えてきた世代だけに、この世代が「葬式もお墓もいらない」と言い出したら市場環境は大きく変わりかねない。

 サービス業は、感動体験と価格の両方が揃って、初めてリピートオーダーを貰える世界だ。葬送の世界は、まさにサービス業の最前線といえる。葬儀も工夫次第で顧客満足度を大きく高めることができるはずである。やり方次第で伸び代があるのではないだろうか。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る