政治・経済

キュレーションサイトの問題が明らかにしたこと

20170418MEDIA_CATCH

 昨年12月、DeNAは子会社が運営する医療情報サイト「WELQ」で不正確な情報発信や著作権侵害が認められたとして、同サイトを含む9つのキュレーションサイトを非公開にした。事態の深刻さを象徴するように、DeNAが開いた釈明会見は3時間もの長時間に及んだ。この事件は日本において、ウェブメディアが抱える問題をあらわにすると同時に、新聞や雑誌など紙メディアの在り方を再認識する一件でもあった。

 キュレーションサイトの問題は、メディアリテラシーの高いコミュニティーなら、ここまで騒がれなかった可能性がある。新聞で言うと、いわゆる「高級紙」が少なく、「イエローペーパー」が幅を利かせている国では、受け手の読者が情報の出し方の良し悪しを判断し、新聞の情報をそのまま鵜呑みにすることは少ない。メディアが発信する「真実」とは、あくまでその記事を書いた記者にとっての「真実」でしかない。真偽はともかく、大統領自身が大手メディアを「フェイクニュース」だと公言する国もある。メディアが発する情報が常に正しいとは限らないと思っている読者が大半なら、不正確な情報発信が行われたところで、大騒ぎにはならなかったかもしれない。

 一方、日本は新聞では高級紙の存在感が強く、メディアが発信する情報をおおむね正しいととらえる傾向が強い。メディアが信頼されているということだが、それだけに今回のキュレーションサイトの問題は、メディアへの信頼を大きく裏切ることになってしまった。

 今のところ、この信頼喪失の矛先は問題となったキュレーションサイトに向けられている。そしてその反動で紙メディアについては、「一次取材をしっかり行い、問題を深掘りし、情報が信頼できるメディア」との位置付けが再認識されるようになっている。

 今回問題となったのはウェブメディアでも一次取材を疎かにしているメディアであって、ウェブメディアが全く一次取材をしていないということはない。また、紙メディアの報道の質が格段に上がっているということもないだろう。しかし外部要因とはいえ、結果的に信頼感が増していることは、紙メディアにとって「追い風」と言える。紙メディアの今後は、この追い風をどれだけ生かせるかだろう。

 時代の趨勢はウェブメディアだが、情報の発信・拡散において、その時々の得手不得手は出てくる。紙メディアとウェブメディアは相反するものではなく、相互補完的な役割を果たすこともあり得る。そのときに紙メディアに必要なことは、求められる役割をしっかりと果たすこと。現在で言えば、「追い風」となっている「信頼感」であり、「深掘りした情報」ということになる。紙メディアはそこを強みとして、追求していくべきだろう。

コンテンツを生かしたプロジェクトに期待

 一方で、販売部数や広告出稿がゆるやかな右肩下がりを続けている中、紙メディアに求められるのは、新たなマネタイズだ。本特集で、一木広治・ヘッドライン社長や嶋浩一郎・博報堂ケトル社長・共同CEOら、広告業界に近い立場の人たちは、コンテンツをベースにした多角的なマネタイズの重要性を指摘する。あくまで雑誌などの紙メディアはコンテンツの発信の一つの手段で、時にはその発信がイベントになったりして、トークショーなどを開催し収益を上げていく。出発点としては、ベースとなるコンテンツづくりが重要となる。

 コンテンツづくりに関して、数十年の歴史がある紙メディアの場合は、蓄積してきた優良なリソースがある。リソースの強みを生かした事例として、講談社が雑誌『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』をこの4月に創刊する。世界的に有名なコミック&アニメ「鉄腕アトム」をモデルにしたコミュニケーションロボット「ATOM」を組み立てるパートワークの形態をとる。

 同企画は、鉄腕アトムがもともと講談社グループの光文社で発行されていたコミック誌『少年』で連載されていたことから実現。作者である手塚治虫氏の生誕90周年記念企画に位置付けられている。

 ATOMのモデリングは手塚プロダクションが監修。ロボティクスおよび投資するOSとAIを富士ソフトが、メーンボードなど基板実装をVAIOが担当。さらにATOM本体のAIはNTTドコモの自然対話プラットフォームに接続し、会話力が成長するようになっている。そして全体の企画プロデュース、パートワーク雑誌の発行・販売を講談社が行う。

 今回の講談社の企画は、自社の強力なリソースを活用し、なおかつ複数のパートナー企業との協業で一大プロジェクトにまで発展させた格好。これが成功すれば、今後は他のメディアも続き、紙メディアの活性化につながるだろう。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る