文化・ライフ

「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはずだ。本シリーズでは、20年間で2万人以上のファッションをコーディネートしてきた、ファッションスタイリストジャパン(FSJ)の西岡慎也氏が、ファッションとの向き合い方、具体的なテクニックなどを、ビジネスパーソンに向けて伝授する。

 多忙な人ほどカジュアルに意識を

 ファッションにおけるカジュアルの重要性については、これまで本欄でも指摘させていただきました。第5回目のワンポイントアドバイスでも触れましたが、今回はデニムの効果について、もう少し詳しく説明させていただきます。

 エグゼクティブの方々の多くが、仕事に追われる毎日を過ごしていることと思います。そうした方々は、たとえば季節が春になっても普段は暗い色の服を着ていたりします。心の中では「余裕があるように見せたい」「自然体に見られたい」と思っていても、結局気分をリセットできずに毎年過ごしているのです。そんな方にこそ、カジュアルの服装を変えることを強くお勧めします。

 カジュアルを新調すれば休日に外出したくなりますし、行動範囲が広がっていきます。もし、奥さんやお子さんに「カッコいい」と褒められたらモチベーションが上がるでしょうし、仕事にも好影響を及ぼすことでしょう。その効果を軽視せずに、ぜひ直視してほしいのです。

 とはいえ、最初から全身カジュアルの服を揃えることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、しっかりしたデニムを1本持つことから始めてください。

 あくまで分かり易い例ですが、ディーゼルのデニムを1本持つことです。以前、腕時計の話をしたときは、ディーゼルの数万円の商品よりもっと良いものを身に付けることをお勧めしましたが、デニムの場合はリーバイスやエドウィンの1万円程度の商品では気分が変わりません。

 3万円以上するデニムを買うのは、なかなか思い切りが必要だと思います。でも、サイズ感、色合い、素材がしっかりしたものであれば、仮に10年履いても周囲から「お洒落」と思われ続けるでしょう。実際に、それでセルフイメージをグンと上げることに成功している方もいらっしゃいます。

 “こなれた感”を演出できるメリット

  凄く良いデニムを1本持っていても、シャツなどがイマイチの場合はどうすればいいでしょうか。心配は要りません。デニムが素晴らしければ、仮にヘインズのTシャツを着ていても、格好よく見えてしまうものです。ファッションで一番目立つのは、シャツではなくズボンと靴なのです。

 体型的にデニムが難しいと思われる方もいるでしょうが、それでもデニムは必要です。長年コンサルティングを務めてきた経験から申し上げますと、どんなに太っている人でも、デニムさえしっかりしていれば何とかなるものです。デニムはそれほどオールマイティで、絶対に必要な服なのです。

 履き続けて色落ちしても、こなれた感じに見えるのもデニムの長所です。たとえば、新品の靴を履いていると「最近買ったんだな」と思われるかもしれませんが、良い靴であればある程度色落ちしていても、「以前からお洒落だったのかな」と周囲は思ってくれます。デニムにも同じことが言えます。

 実はあまり意識せず、プロのスタイリストの勧めで履き始めたとしても、ファッションの上級者だと思ってもらえる効果があります。プロのアドバイスを受けることには、そんなメリットもあるのです。

西岡慎也のワンポイントアドバイス

西岡慎也 つい軽視しがちなのが靴下ですが、パンツと靴をきれいに「つなぐ」という重要な役割を果たしています。コーディネートのバランスを左右する重要アイテムだからこそ、揺るぎない定番は押さえておきたいところ。ネイビーとチャコールグレーの無地は、最低限持っておいてください。この2色があれば、黒、紺、グレー、茶など、ほとんどすべてのパンツと靴に対応が可能です。

 (にしおか・しんや)1979年生まれ。茨城県土浦市出身。21歳で米輸入会社ワイルドウエストジャパンに就職し、約4千人のファンを獲得。2001年、セレクトショップ「WITH PREASURE」を独立開業。従来のアパレルの販売方法ではなく、コンサルティングを中心としたコーディネートの手法を確立する。10年にファッションスタイリストジャパンを設立し、多くの著名人、エグゼクティブの顧客を獲得し、現在に至る。

ファッションスタイリストジャパンHP
 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る