文化・ライフ

今回のゲストは、都心を中心に次々と新しいホテルをオープンさせている、アパホテルの元谷芙美子社長です。女性社長にとって日本は冷たいと言われますが、元谷さんは逆に「日本は女性社長に優しい」と言い切ります。元谷さんが語る女性ならではの特権とは――。

世界417ホテルのアパのネットワーク展開するアパホテル元谷芙美子社長

佐藤 最近どこに行ってもアパホテルを見かけます。随分と数が増えましたね。

20170124MOTOYA_P01

(もとや・ふみこ)1947年福井県生まれ。藤島高校卒業後福井信用金庫入庫。小松信用金庫に勤める元谷外志雄氏と知り合い、結婚。外志雄氏が企業した信金開発(現アパ株式会社)取締役を経て94年からアパホテル社長。2001年法政大学に入学し05年早稲田大学大学院に入学、博士課程を修了した。東京国際大学客員教授。

元谷 東京都心の直営ホテルだけで38ホテル8437室が営業中です。このうち32ホテルが2010年以降にオープンしたものです。さらに建築・設計中の都心直営ホテルは24ホテル、6395室あって、すべて完成すれば62ホテル1万4832室になります。これ以外にも全国でアパホテルネットワーク(直営・海外・FC・パートナーホテル)を展開しており、合計で417ホテル(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)となります。19年には日本最大級客室数となる2311室のホテルを横浜にオープンさせます。

佐藤 しかも15年にニューヨークからほど近いところにアパホテルをオープンさせるなど、海外展開にも積極的です。

元谷 16年を世界戦略元年と位置付け、アメリカ、カナダで39ホテルを運営するCoast Hotelsを取得しました。今後はフランチャイズ方式を基本にM&Aや不動産の取得も含め、海外での展開を本格化させていきます。北米の次はアジアでの展開を目指します。

佐藤 アパのおもてなしが世界に広がっていくわけですね。

元谷 アパホテルでは折り鶴を浴衣の上に置いてありますが、海外でも同じです。これはおもてなしの気持ちを伝えるために、私が始めたものです。

 欧米のホテルでは、お客さまとスタッフはご主人と召使の「奉仕」の関係です。でもアパホテルは、「お客さまとスタッフは対等」という理念があります。アメリカでも、スタッフは宿泊していただけるお客さまに誇りをもっておもてなしをしています。

女性社長だからこそ得したホテルの仕事と主婦の仕事の親和性

佐藤 元谷さんがアパホテルの社長に就任したのは22年前のことです。今は女性社長の数も増えましたが、当時はほとんどいませんでしたよね。ある意味、女性経営者の地平を切り拓いてこられたわけですが、苦労もあったのでは。

元谷 苦労したことはありません。日本は、女性に優しい国です。女性という理由でメディアも私のことを取り上げてくださるわけですから。それに甘えてはいけませんし、何かあった時は毅然とした対応をしなければいけませんが、とても恵まれた22年間だと思います。

 それにホテルの仕事と主婦の仕事は重なる部分が多いですから、女性のほうが向いているかもしれませんね。料理やおもてなしも、女性のほうが男性よりもきめ細やかな心配りができるのではないでしょうか。

佐藤 今の世の中、何が起きるか分かりません。天変地異も起きています。ホテルの場合、お客さまの安全を第一に考えなければなりませんから、社長は気が休まる時がありませんね。

20170124MOTOYA_P02元谷 アパホテルネットワークは6万7570室になります。万に一つのことが起きると、1日6件もの事故が起きることになります。これをゼロにするために、いつも気を使っていますし、本社の会議でも現場でも、常に課題にしています。それが浸透したお陰で、例えばすべてのホテルにAED(自動体外式除細動器)を置いてありますし、社員の9割以上がAEDを扱える救命技能認定証を持っています。先日はホテル内での救命活動に対して、東京消防庁より消防総監賞を頂きました。

佐藤 今後の目標はなんですか。

元谷 アパグループでは、20年までに全世界で10万室という目標を立てています。でも規模を追求してもゴールはありません。もともとビッグカンパニーではなくグッドカンパニーを目指してきました。お客さまにとっても従業員にも社会にとっても、いい会社でありたいと思っています。

元谷芙美子・アパホテル社長が大家族主義を復活させたい理由

佐藤 元谷さんはアパホテルの社長であると同時に、主婦として、2人の息子さんの母親として活躍されてきました。お孫さんは何人になられました?

20170207MOTOYA_P01

元谷 5人です。一番上が中学3年生で一番下が幼稚園の年長さんです。孫もかわいいですが、一番かわいいのが、2人のお嫁さん。素敵な娘ができて本当に感謝しています。2人ともきれいで若くて聡明で度胸もある。今でも一緒に買い物に行き、同じ服を買ったりしています。

佐藤 素敵なご家族ですね。

元谷 私は大家族制度に大賛成です。最近は「年を取っても子どもたちの世話にはならない。子どもは子どもで好きなことをしなさい」という親が増えているそうですが、私は子どもたちにしっかりと面倒を見てもらいたいです。息子2人は会社を継いでくれていますが(長男・一志氏はアパグループ社長、次男・拓氏はアパホテル専務)、孫たちにも継いでほしい。月に1、2度、家族全員で食事会を開いていますが、そういう時でも私の気持ちを伝えるようにしています。

佐藤 元谷さんは従業員にとっても母親のような存在です。若い人たちに、おもてなしの心を教えるのは大変でしょう。

元谷 新入社員の中には、内定段階では髪の毛が茶色い子もいます。でも入社までに、黒くするように指導します。そこから始まって、箸の持ち方にいたるまで、気づいたら注意します。親から叱られたことのない子は驚きますが、諦めずに愛情を持って教えてあげたいですね。

元谷芙美子・アパホテル社長が100歳を過ぎてやりたいこと

佐藤 会社でも家庭でも常に気配りをされていますね。オンとオフの切り替えは?

元谷 オンとオフはありません。私は三度の飯より仕事が好きで、仕事を遊びにし、遊びを仕事にしています。大変だとおっしゃってくれますが、社長というお仕事はノンストレスで、自分にぴったりの仕事だと思います。強いて言えば、トレードマークの帽子をかぶっていると、街中でも声をかけられますが、かぶっていないとスーパーで買い物をしていても気づかれません。帽子によってオンとオフを切り替えているのかもしれませんね。

佐藤 プライベートでの夢は?

元谷 100歳まで生きることができたら、ホテル学校をつくりたいと思います。ホテルのスタッフを育てる大学はありますが、ホテルの経営者を育てる大学はありません。ホテルの経営は特殊なところがあるので、私がやってきたことを教えることができたらいいと思います。

佐藤 元谷さんは社長になってから大学に行かれたんですよね。

元谷 私は福井県一の進学校に進みましたが、親が体調を崩したために大学を受験しませんでした。世の中思い通りにならないものですが、いつかはチャンスがあると信じていました。アパホテルの東京進出が決まった時は、必ず大学に行こうと決め、結局大学院の博士課程修了まで9年間通いました。

 大学での勉強はとても有意義でしたが、同時に机上だけでは分からないこともたくさんあることが分かり、今まで以上に現場の楽しさ、大切さを知ることができました。こういうことも、伝えていきたいですね。


対談を終えて

20170207MOTOYA_P02元谷さんとは昔から親しくさせていただいています。お目にかかって話をうかがっていると、元谷さんの元気が乗り移ってきて、私まで元気になります。どうぞこの勢いで大学設立まで走り続けてください。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る