国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

早川宗徳・ダイニングイノベーションUSA社長プロフィール

早川氏

(はやかわ・としのり)1968年生まれ、兵庫県県出身。専門学校中退後ハワイに渡航。日本食レストランでの勤務、観光客向けオプショナルツアー立ち上げなどを経た後、企画したダイエットコーヒーがヒット。2001年、牛角創業者の西山知義氏と出会い、ハワイでの出店を任され成功した後、03年にロサンゼルスに渡り、アメリカ本土での事業拡大を実現する。退職後、ダイニングイノベーションUSA社長として、海外に日本食を広める活動を展開。16年、日本で人気のうどん専門店「つるとんたん」のニューヨーク1号店をオープン。2号店およびハワイでの出店計画も進行中。

旅行で着いたハワイにそのまま滞在

イゲット 早川さんはLAに来られてどれくらい経つのですか。

早川 ちょうど16年になります。2003年にハワイから引越してきたので。ハワイには13年いました。

イゲット ハワイにはどんなキッカケで行かれたのでしょうか。

早川 高校を卒業した後、専門学校を中退して就職したんですが、学歴もしっかりしていなかったので将来的に日本で成功するのは難しいと思いハワイに飛びました。就労ビザが必要なことすら知らなかったのですが、とにかく行ってみようということで。

イゲット ハワイはもともとお好きだったのですか?

早川 旅行会社に勤めていたので、海外の情報はあったのですが、とにかくお金がないし、日本から一番近いアメリカにしようと。グアムだとアメリカ本土からは遠くなってしまうので、ハワイに4泊6日の旅行で行って、帰りの飛行機には乗らなかったという経緯です。

イゲット 最初からハワイに住む決意をしていたのでしょうか。

早川 そうですね!旅行期間の最初から仕事探しをしていました。その後数日はビーチで寝たりしていましたが、就労ビザもグリーンカードもないということで、なかなか雇ってくれるところもなく、日本食レストランを中心に回ってほぼ全滅でした。そんな中、来いと言ってくれたところが一軒だけあって、メシをたくさん食べさせてもらった後に、「俺のところでは雇えないけど、お前みたいな流れ者を雇っている店があるから電話してみろ」と。

 その店に行ったら今日から働けと言われました。日本食のレストランで、バスボーイという洗い物を下げる仕事でした。午前6時から10時まで、11時半から14時半まで、17時から22時までの3シフトを全てこなしました。ご飯も付いていたし、当時の時給は2ドル50セントでしたが、チップも貰えたので生活できるようになりました。

イゲット そこが始まりだったんですね。

早川 不法滞在ですけどね(笑)。今は違うでしょうが、当時はそういう人たちがたくさんいました。その後3年ぐらい経って、学生ビザに切り替えました。当時はパパ・ブッシュが大統領で、外国人学生がアルバイトできるような制度になったので、違うところでも働き始めました。

ハワイで起業後は失敗続きもダイエットコーヒーで成功

イゲット 英語学校に通っていたんですか?

早川 籍は置いていましたが、週に1回だけ出席表を書くために顔だけ出していました。なので英語はまったくできませんでした。

イゲット 最初に起業したのはその頃ですか?

早川 大統領が代わったタイミングでまた法律が変わって学生がアルバイトできなくなったので、それなら自分で会社を作って、会社を大きくしてビザを取るしかないと思ったんです。

イゲット どんな会社を作ったんでしょうか。

早川 最初はオプショナルツアーの会社を作って、日本人観光客を観光地に連れて行ったり当時はアウトレットが流行りだしたので、ワイキキやアラモアナで買うより安いという謳い文句で買い物の送迎ツアーをしていました。知り合いのブティックやお土産屋にフライヤーを置いてもらって、お客さんを紹介してくれたらコミッションを払うというやり方でした。

 でも、1年もしたら大手の旅行会社が自分たちより安い価格でサービスを提供し始めたのでこれはダメだと。それで、土産物をつくってヒット商品を生めば、大きなビジネスになるんじゃないかと思って始めました。ただ、ハワイのお土産と言えばビーフジャーキー、チョコレート、クッキー、コーヒーが一般的ですが、いろいろ調べた結果、最小ロットでも何千個、何万個の数がないと作れないものばかりだったんです。まだ若かったし安易な発想でしたね。

 もちろん、たくさん商品をつくるお金もないので、いろいろ当たっているうちに、5袋ぐらいから作ってくれる小さなコーヒーの会社を見付けたんです。自分でブランドを作りその商品を知り合いのブティックやお土産屋に卸したんですが全く売れなませんでした。見たこともないブランドで、なおかつロットが少ないからABCマートなどで買うよりも高かったんです。買う理由がないですよね。

イゲット それで、どうされたんでしょうか?

早川 日本の本屋さんに行って、雑誌を見ながら日本で何が流行っているのかを調べると、当時は卒業旅行などでハワイに来る若い人が、エステや美容関係にたくさん消費するとのことでした。そこでハワイ発の美容商品を作れば売れるんじゃないかと思って商品をプロデュースしました。コーヒー屋さんと話して、自分たちでダイエットコーヒーというものをつくろうということになり、大豆や黒豆やゴマなど、健康にも良くて痩せると言われているものをミックスして作ったらすごく美味しいものができたんです。一袋30ドルで売り始めたのですが…

イゲット 売れましたか?

早川 それも全く売れなくて…

イゲット (笑)。

早川 それで、ある日たまたまワイキキを歩いていたら、とある日本の有名女性モデルを連れて知り合いが歩いていたんです。話を聞いたら、ハワイの有名店や流行っている店などを取材しているというので、「俺のコーヒーを紹介してくれ!」と頼みました。無理だと断られたんですが、諦めずに翌日段ボールにコーヒーを詰めて持って行き「駄目でもいいから(モデルさんに)プレゼントしといて!」と置いていきました。すると後日、雑誌の隅っこにほんの少しだけコーヒーが載ったんですね。それをきっかけにバカ売れです。ABCストアやいろんな土産物屋などで商品を扱ってくれるようになり、最終的には日本の通信販売でも売られるようになりました。

イゲット 凄いお話ですね。

早川 コーヒーがものすごく売れて利益が上がり、投資家のビザも取れたので、ずっとハワイに住んでいました。注文が入ったら商品を作ってもらって送るだけなので、ほとんど仕事もしないで毎日ゴルフばかりしてました(笑)。

牛角のハワイ進出と創業者に教わった成功の秘訣

早川氏インタビュー2イゲット 牛角さんとの縁もその頃にできたんですよね。

早川 2001年に先輩から「今、日本ですごく流行っている牛角という焼き肉屋がハワイに店を出したいらしいので相談に乗ってほしい」と連絡があったんです。それで、西山知義社長を空港に迎えに行き、ハワイの焼き肉屋事情などを案内しました。西山からは、日本で今200店舗ぐらい展開していて、ハワイでもやりたいからどう思うかと聞かれました。観光客だけでなくローカルの人も喜ぶし成功すると思うと話したら、帰る間際に「一緒にやらないか」と誘われました。

 当時は自分のビジネスが成功していたし、あまり興味はなかったんですが、「今までハワイの人たちにお世話になったなら、ハワイの人たちに恩返ししたらどうですか?」と言われたんです。その言葉に心を打たれて、もしかしたらハワイの人々に喜んでもらえる店を作ることで恩返しになるんじゃないかと。そして自分も成功できるチャンスがあると思ったので「やらせてください!」と。

イゲット 西山さんはどんな方だったのですか?

早川 最初は不動産屋をやっていて、お客さんを喜ばすことはあまり気にしていなかったらしいです。それで、大成功していてお客さんが喜んでいるところはどこかと考えて、その秘密を探るために社長業の傍ら、マクドナルドでアルバイトを始めたそうです。よく見ると、フライドポテトを揚げても3分経ったら捨てていたので、勿体ないと思って理由を尋ねると、「これから何百回も来てくれるお客さんに冷めたポテトを出せるわけがない」と言われたと。

 そこで、”お客さんに喜ばれなければ事業は成功しない”と感じ、エンドユーザーであるお客さんの顔がよく見える飲食店経営を思いついたということです。最初は30席もないくらいの焼肉店を三軒茶屋に開いたんですが、お客さんの意見をアンケートで書いてもらう際に、店の悪口を書いてくれたら300円割引にして、書かれたことを一つずつ改善していったら、半年で行列ができる店になったらしいです。

イゲット それは知りませんでした。凄い発想ですね。(後編に続く

ChiekoEggedDSC_3145(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

イゲット千恵子氏の記事一覧はこちら

 

 

 

【国際】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る