国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

早川氏3

(はやかわ・としのり)1968年生まれ、兵庫県県出身。専門学校中退後ハワイに渡航。日本食レストランでの勤務、観光客向けオプショナルツアー立ち上げなどを経た後、企画した健康食品がヒット。2001年、牛角創業者の西山知義氏と出会い、ハワイでの出店を任され成功した後、03年にロサンゼルスに渡り、アメリカ本土での事業拡大を実現する。引退後、ダイニングイノベーションUSA社長として、北米、ヨーロッパに日本食を広める活動を展開。16年、日本で人気のうどん専門店「つるとんたん」のニューヨーク1号店をオープン。2号店およびハワイでの出店計画も進行中。


最後まで残ったのは業界経験がない人材

イゲット ハワイで牛角を2店舗成功させて、その後LAに来たということですが。

早川 ハワイではオープン当初からそれなりの結果を出すことが出来ました。そしたら西山(牛角創業者)から「米国本土はどう思う?」と聞かれたので「やらせてください!」と即答しました。それで03年にLAに引っ越してきたんです。

イゲット わずか2年ほどで、店を任せられる人を育てて本土に来たということですね。ハワイでは人を育てるのが難しいと皆さんおっしゃるんですが、どのように対応したのですか?

早川 僕も含めて全員現地採用だったので、日本の店舗運営のノウハウを知っている人が誰もいなかった。とにかく鍵になるのは人だと思ったので、人を育てることに注力してきました。従業員に対しては「我々は全米展開という大きなビジョンを持っているので、経営者、経営幹部として一緒に会社を大きくしよう!」「僕がいなくても経営者意識を持ってしっかりやってくれ!任せたぞ!」と、意識付けをしっかり行い、ハワイを任せられる人材を育ててから本土に来ました。

イゲット 店長クラスには、どんな方々を選んだのですか?

早川 飲食での経験が沢山ある人よりも、飲食業界に染まっていないピュアな人達の方が最後まで残ってくれましたね。「アメリカの飲食店はこうだ」という固まった考えではなくて、「我々の考え方はこうなんだ」という風に考えられる人達を求めました。人はこちらが育てないと、絶対に育たないと思っています。多くの経営者は、良い人材を探すことを重視しますが、育てることにあまり時間を割きません。特にアメリカは多様な人種がいる国ですから、日本人のように「これは当たり前だよね」という共通認識がほとんどない。ですから、こちらがするべきことは「こういう人が評価されて、こういう人はダメ」と、基準をハッキリ言ってあげることなんです。

イゲット 本当にそうですよね。言われないと分からないというのがこちらでは当たり前ですから。

早川 幹部をしっかり育てて企業カルチャーを作れば、その人達が下の人を育てるようになります。そして店舗のリーダー達がちゃんとしないと、アルバイトもちゃんとしない。本部が管理できることは限られているので、お店の質を決めるのはリーダーである店長なんです。店長のレベルによって店のレベルや客数、売上、利益は大きく変わります。

イゲット 教育の仕方はどんな感じだったのですか?

早川 価値観や考え方の共有がとても大切で、例えば四半期に一度、全ての店長や幹部社員をLAに集めて、フォーラムを行いました。朝から晩まで表彰式と勉強会。どんな考えでビジネスをしなければならないか、人に喜ばれないとビジネスは続かない、といったことを四半期ごとに繰り返し教育します。表彰される社員の基準は、売り上げや利益だけではなく毎週1回入る覆面調査なども評価します。

イゲット 覆面調査をそんなに頻繁に行っていたんですね。

早川 売上や利益といった基本的なことも大事ですが、その手前の段階でお客様がどれだけ喜んでいるか、ということを重視して評価していました。フォーラムにはフランチャイズのオーナーさんも参加して、同じように教育していました。だから思想や価値観がブレることがほとんどなかった。それが牛角のアメリカでの拡大を後押しした要因でもあります。

イゲット 人を育てる重要性に気付くところが、なかなか日本のビジネスマンにとって難しいところですね。本気を見せる部分の大切さというか。

早川 日本からこちらへ進出される方の相談にもよく乗るのですが、往々にして日本で成功された経営者の方々は自信があるのでローカライズしなかったり、マネージメントの仕組みにおいても日本のフォーマットのままやろうとする傾向があるように思えます。そこをアジャストしていくこともこちらでの成功の鍵だと思います。

経営者意識を持つように従業員を育てた

イゲット 牛角の場合、具体的にローカライズしたの