マネジメント

圧倒的に稼げる人とそうでない人との違いは何なのか。事業における成功と失敗の分かれ道はどこにあるのか。本シリーズでは、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた企業経営者たちを直撃し、成功者としての「原点」に迫っていく。

貫啓二・串カツ田中社長の生い立ちと起業までの歩み

串カツ田中1

(ぬき・けいじ)1971年生まれ、大阪府出身。トヨタ輸送に勤務した後、27歳で独立。大阪にショットバーを開く。その後、大阪にデザイナーズレストランと東京に京懐石の店を開き繁盛させるも、リーマンショック後の不況で業績が悪化。倒産寸前に陥ったが、ショットバー時代に知り合った田中洋江氏(現串カツ田中副社長)の実家にあった串カツのレシピを再現し、「串カツ田中」をオープン。大逆転を果たす。2016年東証マザーズ上場。直営店、FC合わせて166店舗を展開(2017年11月時点)。

江上 貫社長は、どのようなご家庭で育ったんですか?

 町工場に勤めていた父親と、母親と兄が1人です。大学を出て良い企業に入るのが幸せといった教育をずっと受けてきたんですが、残念ながらあまり勉強はできませんでした。小さい時は人見知りで、親が他人に僕を紹介するとき「この子は大人しくて」と言われるのが嫌で、ずっとコンプレックスでした。いじめられるまではなかったのですが、人生を変えたいなとは思っていました。でも、小学校5年生ぐらいから急に性格が変わって、クラスのリーダーみたいな存在になりました。中学生の頃もやんちゃで、いつか上に登ってやろうと言う気持ちが常にありましたね。

江上 独立される前は、トヨタ自動車のグループ会社に勤められていたそうですね。

貫 トヨタ輸送という会社に9年半勤めていました。

江上 サラリーマンの時は、どんな仕事をされていたんですか?

貫 物流の会社なので、トヨタ流のカイゼン活動などに従事していました。生産された車を配車したり、カンバン方式の時刻表を組んだり、営業をやったり、仕事はすごく楽しかったですね。ですが、決まった人生を送るのが嫌で、何かしたいなとは思っていました。仕事に不満もなく順調でしたが、自由に生きたいという気持ちがすごく強かったです。

江上 私の顧客の中には、以前は大企業にいたという方が多いのですが、共通しているのは独立する前の準備といいますか、前職の時に手を抜いていないことです。サラリーマンの時にきっちり成果を出して、ビジネスに対する考え方などの土台を作っているのですが、貫社長はどうでしたか?

 僕の場合はあまりビジネスという感覚がなくて、仕事をするのが当たり前というか、負けたくないと思ってやっていました。後に独立して苦しかった時に、前の職場の方が助けてくれたことがありましたが、適当に働く奴だと思われていたら助けてくれなかったでしょうね。

江上 独立した経緯は?

貫 23歳で結婚して子供もいて、お金もないのでやりたいこともなかなか自由にできなかったんです。それでは面白くないので、土日にクラブイベントを開いたり、バーベキューをやったり、当時は社会人サークルと呼んでいましたが、今で言う婚活パーティみたいなことを趣味でやっていました。トヨタの仕事とは少し感覚が違って、自分で企画して、集客して、お金を稼ぐということにワクワク感がありました。SNSもない時代だったので、携帯1本で知り合いに電話して、顧客リストを手書きしてと大変でしたが、こういうのが一生の仕事になったらいいかなと。それで独立して大阪でショットバーを立ち上げたんですが、地獄でした(笑)。

江上 一人でお店を立ち上げたんですよね。あまり流行らなかったんですか?

 オープンして、一、二日でこれはまずいなと感じました。イベントで知り合ったお客さんはいましたが、イベント好きとお酒好きはまた違いますからね。最初は来てくれても、すぐに来なくなるだろうなと。財務戦略も相当下手でした。結構カッコいい店だったんですが、常にお金がないギリギリの状態でしたね。串カツ田中を始めたのは、それから10年後です。

串カツ田中の原点となる田中副社長との出会い

江上 ショットバー時代に、今の串カツ田中副社長の田中洋江さんに出会ったそうですが。

 田中は僕の友人が客として連れてきたんですが、彼女はお酒が好きだから、忙しい時にアルバイトさせてくれと言われて「いいよ」と。田中がアルバイトに来た時に、今後事業をどうしていくのかと聞かれて「考えてない」と答えたら、それは絶対まずいと叱られました。僕は本当にノープランだったんですが、田中は広告代理店に勤めていたのでトレンドに詳しかった。「ちゃんとやらないとこの店相当まずいよ」と言われて、とりあえず将来の夢みたいなものを書き出していったんです。それで、「3年後に大阪でナンバーワンのデザイナーを使って有名店を作る」と決めました。事業計画というより、夢を書いていった感じですね。

そうやって毎日考えていると結構叶っていくものでしたが、ある時運転資金が1500万円ほど足りない状況になったんです。金策に困っていたら、トヨタ時代に僕をすごくかわいがってくれた元上司が、退職金を全額貸してくれるということがありました。その時は「ああ、仕事を頑張ってきて良かったな」と思いましたね。僕と言う人間を信頼してくれていないと、貸してくれなかったでしょうから。

江上 一生懸命やっていると、誰かが見ているものですね。

 それまでマネージメントもチームづくりもしたことがないので、その部分でも苦労しました。ただ、自転車操業状態ではありましたが、お客さんがどんどん入る有名店にはなってきていたので、突き進んでいく感じでした。

江上 田中副社長は、当時から串カツの店をやりたいと仰っていたそうですが。

 田中は串カツの店が沢山ある西成区の出身で、彼女の父親が実家で作っていたという串カツの話をしながら、串カツの店をやりたいとずっと言い続けていました。僕は田中に串カツの店を食べ歩かされて、旨いのは分かったけど「串カツかあ」と、今一つ気持ちが乗らなかった。

 その頃、大阪では最先端のデザイナーズレストランをつくる一方で、東京では京懐石の店を開いて、それが当たりました。でも、京懐石の店は料理長の地位が高く、コントロールが難しかったので下のスタッフがどんどん辞めていきました。そういう点でマネージメントって難しいなと思いましたね。もう少しお客さんの顔を見ることができて、誰かに頼らない仕事ができないかなと考えていたところに、リーマンショックが起きてすべてがダメになったんです。

奇跡的に見つかったレシピと串カツ田中の出店

串カツ田中2江上 串カツのレシピが見つかったのはその頃でしたよね。

 10年間ずっとあると言っていた、田中の父親が書いたという串カツのレシピがどうしても見当たらなくて、自分たちで試作をしても全然上手くいかなかったんです。会社が潰れそうになったので、田中に大阪に帰るための引っ越しの準備をさせていたらそのレシピが奇跡的に出てきました。リーマンショック直後の2009年10月のことです。どうせ店も半年持つか持たないかの状態でしたから、10年間やりたいと言い続けてきたことを最後にやろうかと。それまでの店は一等地ばかりに出店していましたが、お金がないので住宅街の安い物件を居抜きで、自分も大工仕事をして、ヤフオクで厨房機器などを安く仕入れて。そうやって串カツの店を出したらドカンと当たったんです。

江上 すぐに月商800万円ぐらいまでになったんですよね。

 本当に異様なぐらいお客さんが来ました。僕以外は大学生のアルバイトさんだけで、彼らを仕事終わりに食事に引き連れて、まあ食事と言ってもラーメン屋とかファミレスなんですが、大将みたいな感じで「人生とは」とか「仕事とは」みたいな話をよくしていました。マネージメントを意識していたわけではないですが、そうしているうちにアルバイトの子たちの熱量が上がって繁盛店として育っていきました。その辺りからチーム作りみたいなものを学んでいきました。(後編に続く

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る