国際

5年前、中国に習近平国家主席が誕生で始まった改革は、“第4次産業革命”と呼ばれるほど中国全土に広がり、経済構造ばかりか社会をも変革しつつある。その波は悪評高かったトイレにも及び、公衆トイレはどこもきれいになった。中国で進むトイレ革命の実態とは――。文=ジャーナリスト/松山徳之

「叫、泣、笑、跳」で表現される中国のトイレ事情とは?

 

 わずか2、3年前まで中国で外国人は外出すると、公衆トイレを避けてホテルのトイレを利用することが当たり前だった。

 それほど嫌われた公衆トイレだったが、ここ1年の変貌ぶりはすごい。公衆トイレが新設されたばかりか、既存のトイレが設備を含めて一新され、さらに清掃の回数が格段に多くなったので臭いがしないのだ。家庭用トイレも同様で、中国では「厠所革命」と呼んでいる。

 上海市民の姚立(39歳)さんは、「自宅をウォシュレットにするのがブームになっています。外の公衆トイレも数が増えて、きれいになった。最近は紙があるのだからすごい。Wi-Fiや充電器も付いている。地方のトイレではクーラーどころか、電子レンジや冷蔵庫を備えたものまでできた。これは明らかに官僚が出世のチャンスと考えて4つ星トイレ作りに励んだから。でもさすがにこの派手な競争は中央政府の怒りを買い、豪華なトイレ作りは止まりました」と言う。

 習近平主席の「厠所革命」の大号令が文化大革命に匹敵する勢いで全国全土に広がり、4千年続いた伝統の汚くて臭いトイレがどんどん改善されている様子が見えるようだ。

 中国のトイレと言ったら、思い浮かぶのは「ニーハオトイレ」だ。中国へ行ったことのある人なら、ドアはむろん、衝立などの遮るものが全くない場所で、尻をだして便壺を跨いだまま、お隣さんの大便が流れていくのを見ながら“こんにちは”と顔を向き合わせて、横並びで用をたした経験があるだろう。もちろん、トイレットペーパーは無かった。

 これを日本人は、「“こんにちは”トイレ」とホンワカとする響きの名を付けて呼んできたが、実際はそんなムードは全くない。むろん、中国人は「ニーハオトイレ」と言わないし、その呼び名も知らない。

 中国に来た欧米人はほんの数年前まで、トイレで用を足すことを“挑戦”ととらえていて、それを「叫、泣、笑、跳」の4文字で表現していた。

 “叫”はトイレに入った瞬間、その異様さに驚きの声を上げるという意味だ。“泣”は涙が出るほどの悪臭が満ちているからだ。“笑”はお互いが、尻が見える状態で便壺にまたがる恥ずかしさに笑うしかないからだ。“跳”は足元に飛び跳ねてくる便を避けるために、軽業師のように体を動かすことを表したものだ。

 こうした表現が、ごく普通に語られるほど汚く、臭いことで有名だった中国のトイレが、なぜ文化大革命に匹敵する勢いで変貌しているのか。

経済発展が中国のトイレ文化に革命を起こす

 

 その理由の一つは習近平主席が2017年の11月末、15年に打ち出したトイレ改革指示に重ねて、あらためて「トイレ問題は文明化への重要課題である。観光地や都市だけでなく、農村部でも生活の質の向上を実現しなければいけない」と、「厠所革命」を“重要事項”に格上げして号令したことである。

 トイレの歴史をさかのぼると実に古い。さまざまな書に厠に触れた記述がある。

 中でも多くの日本人が知っているのは、悪女として名高い劉邦の妻・呂后がライバルだった美女の目を潰し、さらに耳と鼻をそぎ、厠に落として人糞を餌とする豚と同じ“豚人間”にした記述だろう。

 これは2千年以上の昔から、中国では人糞を豚の餌や畑の肥料とするシステムが出来上がっていたという証だ。

 ほんの10年ほど前まで上海市内の家庭でも部屋に置いてある簡便トイレ(小判型の浅い桶)の“おまる(浄桶・便盆)”を使っていて、翌朝にそれを糞尿回収屋に売る仕組みが残っていた。

 筆者がその習慣に出遭ったのは万博が始まるほんの少し前だ。

 糞尿回収屋が消滅する過渡期の最期だったのだろう。日課にしていた早朝の散策の際、道路に回収されなくなった糞尿をばら撒く人々に出会って驚き、同時に臭さに閉口したのを覚えている。

 ともあれ、経済の急速な発展は4千年の間変わらなかったトイレ文化にも革命をもたらした。

SARSの発生も中国のトイレ革命を後押し

 

 なぜ、“厠所”が変わり始めたのか。経済成長がトイレ問題に影響を与えた様子を体験を踏まえて考えてみたい。

 中国のトイレを始めて体験したのは、中国が「世界の工場」に向かって一段と成長するためにWTO(世界貿易機関)への加盟を国家目標に掲げて取り組んでいた01年のこと。

 訪れた北京で、なんでも味わってみようと食いあさった翌日から下痢に悩まされた。ちょうど日本の銀座に当たる、北京で最大の繁華街「王府鎮」のど真ん中で我慢できなくなって、目の前に見えた案内板「公衆衛生」の建物に飛び込んだ。

 それは、まさに「叫び」の世界だった。薄暗い日本の学校の教室ほどの広い場所に、便壺が横に10数個、それが4列も並ぶ状態に、まず圧倒された。目を凝らすと、便壺はいずれも山のように大便が積み重なっていて、座ることはできない。立ったまま、尻を出したまま大便するしかない。

 しかも、何人もが同様のスタイルで大便するものだから、初体験の私の尻は“驚き”と“怖さ”で閉じてしまった。

 この時の経験は、まさに地獄としか言いようがない。その後、度々中国へ行く機会を持ったが、よっぽどのことがない限り公衆トイレの利用は控えるとともに、なぜ中国のトイレは汚いのかという疑問をずっと抱いてきた。

 中国のトイレに変化が始まったのは08年の北京オリンピック、10年の上海万博を控えた03年に、中国南部でSARS(重症急性呼吸器症候群)が発生、大流行したのがきっかけである。

 当時、中国経済は改革開放政策の成功からWTO加盟に向かって沸き立ち、街の通りにはスローガンを大書した横断幕が掲げられた。それでも人民服姿や通勤の自転車が道路を占領する中国の原風景が残っていた時代である。その中国がさらに発展して「熱狂の中国」と呼ばれるのは、少し後のことだ。

 感染したら圧倒的な確率で死に至る「現代のペスト」と恐れられたSARSの発生に、WHOは流行地への渡航を自粛するよう勧告した。江沢民政権は「貿易が断絶する」と震撼した。

 そこで国家を挙げて、清潔運動に取り組んだ。国民への衛生教育を始めると同時に、レストランの厨房・トイレの改善を強制し、公衆トイレの設置に全力を入れたのだ。

 とはいえ、中国のトイレ環境を変革するのは並大抵のことではない。まず、第1の理由は公衆トイレの数が絶対的に足りなかった。第2に男女差が大きく、女性用トイレの数が極めて少なかった。

綺麗になった公衆トイレは中国人の生活スタイル向上の象徴

 

 SARS騒動が収まり、北京オリンピックと上海万博の開催に向かって中国全土が「熱狂の嵐」に包まれていた07年に、筆者は生活の拠点を中国に置いた。当時、外資企業の中国進出は一層激しくなり、北京や上海に限らず、天津、大連、シンセン、広州など沿海部の都市は昼夜の別なくブルドーザーとダンプカーの轟音が唸り、高層ビルが毎週のように完成する状況が続き、中国は「世界の工場」と呼ばれていた。

 街を歩く市民の姿はオシャレになり、豊かになった普通の市民が株式投資に関心を寄せ、株式口座の開設数が1日で30万から40万に達するほどだった。

 筆者が住まいとした家は区画整理から取り残された「老坊子」(ラオファンズ)と呼ばれる租界時代の古い3階建ての建物で、住んでいるのは再開発から取り残され、まだ豊かさに縁のない人たちばかりで、1フロアに炊事場が一つ備わった12世帯が住む改造住宅。それでもトイレが水洗で、しかも1世帯ごとに付いていた。

 こう伝えると、快適な生活と思われるかもしれない。しかし、そこは中国文化の世界である。

 水洗トイレが個別に付いていたことに安心したのはつかの間、用を足して水を流すとトイレが詰まって、大便が逆流して床にあふれ出すことが度々起こったのだ。

 そんな場合に助っ人として登場したのは中国経済発展の原動力を担ってきた内陸部出身の農民工だ。

 彼らは電話1本で飛んで来て、詰まったトイレに腕を素手で突っ込み、便を掻き出す作業をわずか20元(当時のレートで約240円)でやってくれた。これに懲りて、住まいを家賃6千元(同約7万円)の高層マンションに移った。

 住人の大半を占めたのが、収入が6千元に満たない教師、公安(警察)などの公務員が大半であるにもかかわらず、駐車場はアウディやベンツ、VWで埋まっているので日本人には理解しがたかったが、そのマンションでもトイレは古い長屋と同じように度々詰まった。

 だから、どの家庭でも水洗トイレを使用しても紙は流さないで、かごに入れ、それでも詰まるので水圧をかけるゴム製の押出器を備えていた。

 水洗トイレが詰まるのは、下水管が細いうえ、流れる水の水圧が弱いためだった。

 1990年代からのGDPの2桁成長(日本超えは2010年)、30年には米国経済をも追い越すと意気込んでいた。しかし、北京オリンピックの直後にリーマンショックが中国を直撃。外資を含め工場の倒産が続出、中国経済は半病人になった。

 胡錦濤主席(当時)は景気刺激政策に4兆元(当時のレートで約54兆円)の緊急投資を決め、経済構造の大転換に乗り出し、中国全土に「科学特区」や「研究特区」を設け、研究開発型産業の確立に向かう一方で、国営の重厚長大産業の大改革を図った。

 これが呼び水となって、再び成長を始め、豊かになった中国人は生活スタイルの向上を求めた。その象徴がきれいになった公衆トイレであり、1%を超える普及を実現したウォシュレットである。

 しかしまだ大半の人がトイレを詰まらせないように使用した紙は流さず備えた箱に入れている。だがこの習慣は“アッ”と言う間にウォシュレットが変えていくに違いない。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る