マネジメント

エヴァンジェリストとは、もともとはキリスト教における「伝道者」の意味で、ここ最近、ビジネスの世界でも肩書きに使う人が徐々に増えてきている。明確な定義はないものの、1つあるいは複数の分野に深い専門知識、情報発信力、伝達力を持ち、世の中に大きな影響力を与えられる人材をイメージしていただければ良いだろう。本シリーズでは、今の時代に必要なそんなスキルを身に付け、企業の内外で新たな仕事や働き方を創出する女性エヴァンジェリストたちにスポットを当てる。(取材・文/吉田浩)

 

「貧困女子」から資産形成のスペシャリストへ

 

クレア・ライフ・パートナーズ執行役員の石川福美さん

 

 「資産運用が富裕層だけのものという世間の認識を変えたい。むしろ資産が限られている人こそ、効率的な運用が必要だという考えをもっと広めたいんです」

 そう語るのは、クレア・ライフ・パートナーズの石川福美さん。生命保険、不動産、株、債券、投資信託、海外投資など、あらゆる分野の商品から、顧客の状況に最適な資産形成を助言するコンサルタントとして活躍している。

 強い思いの根底にあるのは、自分自身の経験だ。今でこそプロフェッショナルとして資産運用の豊富な知識を持つ石川さんだが、一時は「貧困女子」として家賃の支払いにすら苦労する生活を味わった。そこから這い上がる過程で、むしろ限られた資産しか持たない人たちにこそ、金融リテラシーが必要だとの考えに至ったという。

 石川さんが最初に就職したのは銀座のフレンチレストラン。接客業が好きで就いた仕事だったが、朝から晩まで働き詰めの毎日が2年間続き、プライベートな時間が全く取れなかったため、派遣の事務職に転身する。ところが、その後バセドウ病を患い、まったく仕事ができない状態に陥ってしまった。

 仕事どころか電車に乗ることもできず、やがて休職。無収入となる一方で、治療費がかさみ、貯金も底をついた。

 「当時は保険にも入っていなかったですし、マズイと思う気持ちはあっても何もしなかったんです。もともとお金のことを考えるのが面倒だと思っていたのに、体調が悪い中でそれを考えるとさらに苦しくなるという防衛本能が働いて、完全に現実逃避の状態でした」

 経済的な困窮からいったん地元の福岡に帰り、療養生活を経て再び上京。派遣事務員としての生活に戻るが、金融知識の浅さからまたしても失敗する。

 「今度は何かあっても大丈夫なようにと、知り合いから勧められるままに26歳の独身にとってはとても高額な月々5万円の保険に入りました。安心材料として保険に入ったんですが、独身女性には絶対に必要ない保障までパッケージで組み込まれていて、生活が圧迫されてしまいました」

 そんなときに縁あって、クレア・ライフ・パートナーズが新規人材を募集していると知った石川さんは、「自分が働かせてほしい」と申し出たという。

 「経済的に困窮していたので、事業の内容がすごく面白そうで、自分にとっても同じ世代の多くの人にとっても、とても必要な分野であり、勉強したいと思ったんです。社長の工藤が書いた本を読むと、自分の知識のなさが今の状況を招いたんだと分かりました。女性で体調を崩す人は多いので、そういう人たちにも情報発信できればいいなと」

 こうして2014年の秋から、創業間もないベンチャーの一員として働くことになった。

 

非正規社員が資産形成に成功したモデルケースに

 

 

 事務員として入社したものの、そこは猫の手も借りたいベンチャー企業。わずか3カ月ほどでコンサルタント業務に回ることになった。工藤社長や他の社員と共にクライアントとの打合せに同席をする傍ら、それ以外の時間はひたすら資産運用について勉強する日々が2年ほど続いた。

 「ウチの会社は顧客に提案する金融商品については、社員自ら実際に投資を行うスタンスなんです。自分でも資産形成に取り組むことで、世の中の情勢や市場動向について敏感になることができます。それで、キャッチアップのスピードが上がりました」

 多忙な日々ではあったが、「この仕事は天職」と思えるほど面白みを感じるようになった。

 知識を付ければ付けるほど、資産運用の奥深さが見えてくる。社会情勢の激変で将来の社会保障や資産形成の在り方に関して、過去の経験則がアテにならない時代。20代や30代の若者にとっても金融リテラシーが非常に重要になっているが、社会人になるまで(あるいはなっても)何から始めていいのか分からないという人は多い。そんな中、真に役立つ情報を発信し、資産形成の選択肢を提供し、市場を醸成する仕事に大きなやりがいを感じていると石川さんは言う。

 スキルの向上に伴い、現在は資産形成を考え始めた若者から運用のベテラン、富裕層まで幅広い顧客を担当するようになった。そんな中でも、特に若い女性にとっては自分がロールモデルになれるのではないかとの思いを抱く。

 「今は女性限定のセミナーを毎月一回行っていますが、何かリスクが表面化してから対応しようとすると本当に苦しいので、最低限の備えをしておく大切さについて話しています。その点で、経済的に困窮していた非正規社員がお金の勉強をして、資産形成できた分かりやすいモデルとして、自分が出ていくのが良いかなと思っています」

 また、高齢化社会の進行に伴う「資産寿命」というテーマにも大きな関心を持っているという。

 「今の30代の人々が98歳以上まで生きる確率が50%という研究結果も出ていて、65歳で退職すると老後の時間が非常に長く、資産が枯渇するという問題が出てきます。その対策を個人が練っていくためのアプローチも考えていきたいと思っています」

 

資産形成コンサルの必要性を発信

 

 クレア・ライフ・パートナーズは、顧客の代理人として個々人の状況にあったコンサルティングの比重を高め、コンサルティングフィーを得るスタイル。日本では、コンサルティングに対して対価を払うという習慣が十分根付いていないという点を石川さんは指摘する。

 「コンサルティングは金融商品だけでなく、会社の福利厚生や税務などの知識も含めて、お金にまつわるすべてのジャンルから一番効率高く運用するにはどうしたらよいか読み解く仕事です。その必要性をどうやって発信していくかがこれからの課題になります」

 人々のライフスタイルが多様化し、どんな人生を送ることが幸せなのか画一的に語れない時代においては、各人が幅広い知識を身に付け、氾濫する情報から取捨選択する能力が求められる。そんな時代にこそ、個々のクライアントに応じた指南役としてのコンサルタントのニーズは高まってくるだろう。

 コンサルタントの仕事以外にも、メディア対応やセミナー運営など、現在も複数業務をこなすが、今後は特に情報発信を意識していくという。その取り組みの1つとして、経済界主催の「エヴァンジェリスト養成講座」を受講。広報・PR業務は取材依頼が来た時に受けるというスタンスだったが、今後は能動的にアクションを起こしていきたいと語る。

 「われわれが発信する情報が埋もれてしまわないように、必要な人にズバッと届くやり方を模索しています」と語る石川さん。とかく難解で、素人には敬遠されがちな資産運用の世界を、分かりやすく伝えていくことが今後のミッションだ。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る