政治・経済

十数年前、日本一有名な経営者として、その姿をメディアで見ないことのなかったライブドアの堀江貴文。プロ野球参入を訴え、総選挙にも打って出る。しかしテレビ局買収に失敗し、その1年後に逮捕され、経営者としての人生は終わりを告げた。しかしその影響は、今なお続いている。(経済界電子版編集部)

 

堀江貴文氏とライブドアが一世を風靡するまで

 

珍味の堀江貴文と主食の三木谷浩史

 「堀江君は面白いけれど、言ってみれば珍味。けっしてメーンディッシュにはなれない。メーンディッシュになるのは三木谷君のような人だよ」

 これはITベンチャーの兄貴分的存在の経営者から、2003年頃に聞いた言葉だ。

 当時の堀江は、経営破綻した無料プロバイダ「ライブドア」を譲受し、自ら立ち上げた「オン・ザ・エッヂ」→「エッヂ」の社名をライブドアに変えたばかり。既に東証マザーズに上場は果たしており、起業家として注目されるようになっていた。

 とはいえ冒頭の先輩経営者の言葉にあるように、当時はまだ際物扱いだった。

 ところが04年、近鉄バファローズがプロ野球からの撤退を表明したのをきっかけに、ライブドアは球界参入を表明、その時から堀江の名前は全国区となっていく。ライブドアの新球団構想は、途中から楽天が加わったことで、一段と盛り上がりを見せる。結果、珍味の堀江は財界応援団をバックに持つメーンディッシュの三木谷浩史の前に屈するが、この無謀ともいえる戦いは、堀江ファン拡大につながった。実際、『稼ぐが勝ち』等、堀江が出す本は軒並みベストセラーになったほか、堀江を表紙に起用した雑誌は空前の売れ行きを記録した。

 堀江は翌年には総選挙に出馬、郵政民営化に反対し自民党を離党した亀井静香に勝負を挑んだ。結局、この時も堀江は敗れるが、常に強い者に向かっていくドン・キホーテ的なその姿勢は、若者を中心に圧倒的支持を受ける。今のZOZOの前澤友作同様に、その一挙手一投足に注目が集まった。

堀江貴文氏逮捕でライブドアショックが幕開け

 堀江の最大の魅力は、本音をオブラートで包まず本質をズバリと言い当てるところだ。

 例えば堀江の言葉で最も有名になった「お金で買えないモノはない」。この言葉の本質は、「お金ほど客観的な評価はない」というもの。情実や忖度など、あいまいなもので意思決定がされるより、お金に置き換えて考えたほうが、公正な決定が下せるという意味だった。このようにキャッチーな言葉を操る堀江を、多くの若者は自らの代弁者として支持した。

 しかし06年にニッポン放送の株を取得し、当時その子会社だったフジテレビの支配をもくろむと、潮目が変わった。

 それまでは「面白い変な奴」として堀江の存在を許していた日本のリーダーたちが、堀江は既得権益をおびやかす「危険分子」とみなすようになった。

 堀江にしてみれば放送とインターネットの融合は必然だった。しかし、長らくお茶の間の主役を独占していたテレビ側の人間は、新興勢力に飲み込まれる恐怖感から政財界を巻き込んで徹底抗戦する。

 結果、堀江はフジテレビ買収に失敗するが、それだけでは終わらなかった。

 06年1月16日、東京地検特捜部によるライブドア本社や堀江の自宅の家宅捜査によってライブドアショックの幕は開いた。容疑は風説の流布など証券取引法違反で、1月23日に堀江は逮捕され、11年には最高裁で懲役2年6カ月の実刑判決が確定、堀江は収監される。

 堀江の逮捕によって急成長を続けてきたライブドアは空中分解、今でもライブドアはLINEポータルサイトとして名が残っているが、会社名は消滅した。

 堀江は東京地検特捜部による捜査を「国策捜査」として強く批判しつづけた。その是非はともかく、一連の騒動ではっきりしたのは、日本社会の変革への及び腰の姿だ。

 

堀江貴文氏の逮捕とライブドアショックが及ぼした影響

 

堀江叩きに象徴される日本社会の病巣

 

 アメリカでは00年にプロバイダ大手のAOLがメディアコングロマリットのタイムワーナーと合併している。これは結果的にはうまくいかず、その後、合併も解消されるが、新勢力と旧勢力のバトンタッチは比較的スムーズに運ぶ。アメリカの時価総額上位10社に、10年前の上位10社が1社しか残っていないのも、新陳代謝の速さを物語る。

 ところが日本では一度できあがった体制は、なかなか崩れない。ネットとテレビの融合にしても、かつてはソフトバンクの孫正義がテレビ朝日買収をしかけ、楽天の三木谷もTBSに触手を伸ばすが、いずれもうまくいかなかった。

 エスタブリッシュメントの三木谷でさえ受け入れられなかったのだから、異端児の堀江が拒絶されるのも当然だった。

 現在、堀江は経営の第一線から離れているものの、民間ロケット開発に取り組み、北海道で実験を行っている。このロケット開発にしても、アメリカではイーロン・マスクを筆頭に複数の起業家が宇宙ビジネスに参入、実用化が目前に迫っている。

 ところが日本の場合、いまだ三菱重工の独占状態にあり、そこに堀江が出資するインターステラテクノロジズが徒手空拳でチャレンジしている程度で、実用化ははるか遠い先だ。その意味で、堀江が逮捕された10年前と状況はほとんど変わっていない。

 先日、トヨタ自動車とソフトバンクグループ(SBG)が提携を発表したことを受け、天下のトヨタがベンチャーにすり寄ったとの記事を多く見かけたが、SBGは既に創業から35年がすぎた。

 創業者の孫にしても60歳を超え、一時は真剣にバトンタッチを考えたほどで、ベンチャーと呼ぶことはできない。その意味で、現在、日本発で世界を動かそうという野心を前面に出す若手起業家は残念ながら見当たらない。

萎縮してしまったベンチャー経営者たち

 それどころか、ライブドアショックは若い経営者の心を萎縮させてしまった。ベンチャーが知名度を上げる手っ取り早い手段は、経営者が宣伝塔になることだ。しかし目立ち過ぎた堀江が逮捕されて以降、若手経営者はおしなべて貝になり、派手なふるまいを慎むようになった。

 堀江がプロ野球参入を発表した時の年齢は、まだ31歳だった。それでも大衆を味方につけ、社会にムーブメントを起こした堀江を見て、世の中を動かすことに年齢は関係ないとの期待を抱かせた。だからこそ、その挫折は、「やはり現状を変えるのは無理なのか」という深い失望感を与えた。希望が大きかった分、失望はより深かった。

 その意味で、ライブドアショックは、日本の活力を確実に奪う結果となった。

 堀江は最近でもメディアやメールマガジンなどを通じて発信を繰り返し、インフルエンサーとしての役割を演じている。もしライブドアショックがなかったら、堀江は、そして日本経済はどうなっていたのだろうか。(敬称一部略)

 

関連記事:平成の経済事件簿―ニュースで振り返る30年

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る