テクノロジー

10年ほど前に流行したフィットネスプログラムによって日本でも広く知られるようになった「ブートキャンプ」という言葉は、元々は米軍の新兵訓練施設のこと。今ではさまざまな分野において軍隊式の厳しいトレーニングを指すようになったが、ソフトウェアエンジニアの育成においてもブートキャンプ方式を取り入れた学校が日本に登場した。創業2年で早くも実績を重ね、評価を高めているCODE CHRYSALIS(コードクリサリス)のカニ・ムニダサCEOに話を聞いた。(取材・文=吉田浩)

 

カニ・ムニダサ・コードクリサリス共同設立者&CEOプロフィール

カニ・ムニダサ氏

高校生までスリランカで育ち、東京農工大機械システム工学科を卒業後、日米の企業で18年間働く。IT企業の戦略サポートや顧客サービスなどに従事するも43歳の時に思い立ち、米国のコーディングスクールHack Reactor(ハックリアクター)でプログラミングを学ぶ。シリコンバレー式のエンジニア養成校を日本で設立することを決意し、ヨルダンでコーディングスクールを運営していたヤン・ファン氏と2017年にコードクリサリスを共同設立。

 

コードクリサリスブートキャンプの特徴

 

シリコンバレー式コーディングスクールとは

 プログラミングを学びたいという需要は、学生やビジネスパーソンの間で年々高まっている。学校教育現場での必修化の動きを見ても分かるように、語学力と同じくプログラミングコードを書くスキルが、今後ますます重視されるようになると見られているからだ。

 では、どこで学べばよいのか。米国では、シリコンバレー式と呼ばれるコーディングスクールが人気を集めているという。3カ月程度の期間で集中的に学び、初心者でもプロフェッショナルのレベルのコードが書けるようになるのが特色。その手法を2017年7月に日本で初めて導入したのが、コードクリサリスである。

 創業者でCEOのカニ氏はこう語る。

 「自分が初めてプログラミングを学んだのは43歳でしたが、その年齢になっても自分が知らない自分を発見できたのが驚きでした。そこで、人の能力を開発する仕事として、やってみたいと思って始めたのがこの学校なんです」

 内容ははっきり言って厳しい。プログラムの質、量ともに、社会人であれば会社を辞めて勉強に専念しなければ卒業できないレベルだ。卒業生たちの多くが「キツかった」と感想を漏らす。授業を理解したり、生徒同士でコミュニケーションをとったりするために、ある程度の英語力も求められる。

コードクリサリスブートキャンプ

ブートキャンプ式のハードなカリキュラムを導入しているコードクリサリス

入学前から始まる厳しい選抜

 入学希望者には最初からさまざまな課題が与えられる。まず、ウェブサイトの入学申し込みボタンをクリックすると出てくるコーディングの課題を解かなければ、申し込みフォームに記入すらできない。全くの初心者は、コードの書き方に関するガイドラインを見ながら解いていくことになる。そこで挫折するようでは、授業についていくのは到底無理だからだ。

 次に行われるのが、ペアプログラミングテストと呼ばれるもの。生徒は一切キーボードを打たず、先生が次々に与える問題の答えを口頭で伝える形式。そこで評価されるのは、自分の考えを上手く説明するためのコミュニケーション力だ。頭に浮かんだことをどんどん口にしたり、分からなくても先生に質問したりする積極性が求められる。

 それをクリアしてもまだ終わりではない。今度は入学前のプレコースとして、終了までに約2カ月は必要な大量の宿題が与えられる。これらを完全にクリアして、晴れてブートキャンプに入ることができるのだという。

コードクリサリスを受講するのはどんな人たちか

 開講してから約2年間、生徒の属性は大きく分けて3パターンあるとカニ氏は言う。

 「一番多いのが完全な素人で、プログラミングスキルを将来のキャリアに活かしたい人たち。これまで、ミュージシャンや学校の先生、英会話教師の外国人、海外から来たバレエダンサーといった人たちが受講しました。次に多いのが新たなソフトウェアの作り方を学ぶなど、スキルアップしたいエンジニアです。そして金融会社の社員や起業家など、エンジニアと対等に話をするために知識を身に付けたい人ですね」

 3カ月の受講料はプレコース込みで103万円と、決して安くはない。しかもその間、ほかのことは一切できないほどハードな日々を送ることになる。それでも、仕事を辞めてまで受講を希望する猛者たちが絶えないのは、卒業した暁にはどこに行っても通用する実力が付くことが分かっているからだ。

 選考のハードルを高く設けているため、これまで1回あたりのブートキャンプ参加者は多くて12人程度で、8人や6人の時もあったとのこと。それでも

 「ビジネス的には多くの生徒を受け入れた方がメリットがありますが、基準を下げることはしません。もっと緩い内容にした方が人は来ますが、頑張る人たちを本当にヘルプするなら、数が少なくても世界で戦えるエンジニアを育てた方が良いです」

 と力を込める。

コードクリサリスブートキャンプ2

世界で戦えるエンジニアを育てるため、授業のレベルは落とさない

コードクリサリス卒業生の進路はどうなっているか

 卒業生たちはソニーやグーグルといった大手企業に就職したり、自ら起業したりと、ブートキャンプで得た力を存分に発揮しているという。現在、卒業生たちのソフトウェアエンジニアとしての初年度年収の平均は652万円と、業界平均を300万円上回っているとのことだ。

 企業が実施する入社テストへの対策や模擬面接、レジュメ作成などのサポートも行うが、就職先は自ら探してもらうのがコードクリサリスの方針。それでも、今のところエンジニアたちの就職率は100%だ。最近では、ヘッドハンターや企業の採用担当者からも、注目されるようになっている。

 「給料が以前の3倍になった人もいる一方、待遇は度外視して以前から憧れていた企業に入ることを選んだ人もいます。われわれとしては、給料が高い企業に入ってもらった方が実績としてアピールはできますが、ここで勉強して夢をかなえてくれたことのほうが嬉しいですね」

 

コードクリサリスが重視するエンジニアに必要な要素とは

 

チームプレーができるコミュニケーション力

 エンジニアとしてコードを書く実力はもちろん、コードクリサリスで重視されるのがコミュニケーション力だ。その理由についてカニ氏はこう説明する。

 「エンジニアの世界はチームスポーツになっていて、昔のように命じられたことを一人黙々と行うものではなくなっています。シリコンバレーでは、エンジニア同士や、プロダクトマネージャー、マーケッターなど、さまざまな人達が議論しながらプロダクトを作っていく。そんな中、日本のエンジニアからの発信がほとんど聞こえてきません。コードを書けるだけでなく、自分がやっていることをバリューとして提供できないと限界があります。また、英語でコミュニケーションを取りながらプログラミングを学ぶうちに、直接世界に発信できるようになりますし、プロダクトも自然とグローバルマーケットを視野に入れたものになります」

「自分はできる」というマインドセット

 もう1つ、カニ氏が強調するのが、エンジニアの自立性だ。コードクリサリスでは、受け身の学習ではなく、生徒が与えられた問題をどう解決するかという点を大事にしている。それをクリアしていくことで、「自分はできる」というマインドセットが培われるようなカリキュラムにしているという。

 「世の中に貢献できて、自分の意見を言えるエンジニアのリーダーを育てたいなと思っているので、お客さん扱いはしません。付いてこられなければ退会になるというプレッシャーの中で人間を作っていく。生徒たちが卒業するときにいつも感動するのが、自信や姿勢が本当に変わっていることなんです」

カニ・ムニダサCEO2

エンジニアに必要な要素としてコミュニケーション力とマインドセットを重視するカニ氏

 

カニ・ムニダサCEOが描くコードクリサリスの未来

 

 学習意欲の高い個人だけでなく、エンジニア養成機関として企業からも注目され始めたコードクリサリス。今後の成長と事業の安定のために、企業との提携を強化していくことも重要になりそうだ。

 ブートキャンプがスタートした当初、某大企業の社員が立て続けに3人も入学のために休職しようとし、人事部に断られたため、やむなく退職したことがあった。不思議に思った人事担当者がコードクリサリスのことを知り、今ではその企業からは休職扱いで入学できるようになったというエピソードもある。

 「企業とは単発ではなく、どんな問題があってどう解決するかを一緒に考えるパートナーになりたいですね。実績をさらに積み重ねて、さらに信用を付けていきたいと考えています」

 企業との関係を強化する際の課題は、「日本でやっている意味を忘れないこと」だとカニ氏は言う。決して外国人をないがしろにするわけではないが、外資系企業や外国人ばかりを相手にしていては、日本で事業を行っている意味が薄れてしまう。最終的には生徒の50%を日本人にするのが理想だ。

 日本人の生徒がまだ少ない理由として、英語力の問題と自己投資に対する考え方の違いがあるのではないかとカニ氏は指摘する。

 「勉強のためのお金は、親か会社か国が払うものという考え方が日本人には根付いているようにも見えます。ウチの卒業生の年収が平均の2倍であるといったことがもっと知られれば、価値を分かってもらえるのではないでしょうか」

 自分と向き合い、必死に努力して能力開発に成功した先に見える世界がある。その景色を見られる日本人が1人でも多く増えることが、カニ氏のモチベーションとなっている。

 

【テクノロジー】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る