政治・経済

 「素材産業は日本のリーディング・インダストリー」と位置づけた経済産業省は、組織改正を行い、素材産業の育成・発展に本腰を入れ始めた。最先端素材における日本の技術力は誰もが認めるところだが、これを維持し、世界に先んじるための取り組みが始まった。

 

経産省が素材産業を支援する背景

 

 素材産業が日本の製造業の未来を担っていることは、経産省の対応からもうかがえる。

 2016年6月、経産省は組織改正を行い、製造産業局を再編、新たに素材産業課を新設した。

 これまで繊維課に属していた炭素繊維を素材産業課に組み込むなど、先端素材をひとつにまとめることで、複合材などの先端素材を一括して支援できる体制に整えた。

 これまで戦後の日本の産業は、繊維から始まり、造船、自動車、電機産業が牽引役となり成長を続けてきたが、それを支えてきたのが鉄鋼や化学などの素材産業だった。

 例えば一時、半導体や液晶パネルなどで日本が世界で圧倒的ポジションを得た背景には、機能性化学製品があったからこそ可能だった。

 しかし進展するデジタル革命により、企業の経営環境は大きく変化しており、顧客のニーズはますます多様化している。

 最近の顧客ニーズは、単なる機能ではなく、ソリューションを求めるなど、新たな取り組みが必要となっている。経産省としてもそれに対応しようということだ。

経産省

素材産業に力を入れる経産省

 

素材産業は日本のリーディング産業

 

 その素材産業課は、昨年、「素材産業におけるイノベーションの役割と期待」というレポートを発表している。

 ここでは素材産業を「我が国のリーディング・インダストリー」と位置づけている。中でも機能性化学品は、世界市場は約50兆円あり、リチウムイオン電池や液晶ディスプレーの素材に用いられる電子材料などで日本企業は高いシェアを有している。

 例えば液晶ディスプレーに使う偏光フィルムでは、日本メーカーが世界シェアの10割を占める。またガラス基板では5割、偏光板では6割、ブラックレジストで7割、カラーレジスト7割など、いずれも高い占有率を誇る。

 液晶ディスプレーそのものでは、日本企業の凋落は激しい。10年ほど前まではシャープを筆頭に高いシェアを維持していたが、現在ではサムスン以下、中韓メーカーの後塵を拝している。

 起死回生策として、日立、東芝、ソニーの液晶部門を統合し「日の丸連合」としてスタートしたジャパンディスプレイ(JDI)も、経営不振から抜け出せず、先日、台湾の電子部品メーカーなどで構成される台中連合の傘下に入ることが決まったばかりだ。

 しかしその液晶ディスプレーを構成する部品は、前述のようにメードインジャパンで占められている。

 その一方で、「ユーザー側の製品サイクルの短期化や、市場規模の拡大に伴う新興国メーカーの参入と積極的な投資など、機能性素材を巡る環境変化が起きており、それにより日系企業のポジションが変化している」とも記している。

 一例を挙げれば、2008年には8割ほどあったリチウムイオン電池に占める日系企業比率が、最近では5割を切っている。この傾向は、他の機能性素材についても当てはまる。

 では今後も優位性を保つにはどうするか。経産省は「ユーザー産業ニーズへの迅速な対応やそれらを先取りした開発提案を可能とするイノベーションの質とスピードの高度化」「増大する研究開発費用や設備投資に対応できる企業体力の確保」の2点が必要だと指摘する。

 

経産省が進める素材大国への道

 

 そのうえで「素材イノベーションの高度化のためには素材開発の質とスピードを上げるオープンイノベーションの取り組みや素材側から社会変革をもたらす新素材の創出・提案力の強化が必要」として、具体的には(1)ユーザーとの垂直統合による新素材開発の加速化(2)Society5.0につながるコネクテッド・インダストリー(3)素材イノベーションエコシステムの確立――への取り組みを呼び掛けている。

 「ユーザーとの垂直統合」とは、素材開発段階から、ユーザーと連携し、一体となって開発するということだ。自動車産業などでは、部品メーカーは組み立てメーカーと一体になって開発・製造を行う。それが日本の自動車産業の強さにつながっていた。素材においてもこうした取り組みが必要だというのだ。またこうした取り組みに対しては、経産省としても積極的に予算を投じている。

 その一例が次世代車載用蓄電池の開発事業で、現行のリチウムイオン電池の性能を大幅に上回る電池を開発するため、素材メーカー、電池メーカー、自動車メーカーが連携して取り組んでいるが、これに対しては47億円の予算がついた。また、自動車の軽量化につながる新素材の開発にも約40億円の予算を割り当てている。

 「Society5.0につながるコネクテッド・インダストリー」は説明が必要だ。

 まず「Society5.0」は、政府や経団連が唱える日本の成長戦略の根幹で、IoTやAI、ビッグデータやロボットなど、最先端のデジタル技術を駆使することで、生活や社会の課題を解決し、効率的に生産性を高めていこうというものだ。一方、「コネクテッド・インダストリー」とは、ヒト(人材)・カネ(資金)・モノ(技術)に加えて、データや情報が新たな経営資源になる時代における産業像だ。

 一見、素材産業と関係ないようにも思えるが、これからはさまざまな業種、企業、人、データ、機械などがつながって新たな付加価値や製品・サービスを創出する時代となる。

 日本はこれまでの技術の蓄積というリアルデータが膨大にある。これを共有・活用することで、開発スピードを加速できるとともに、素材側からの価値提案力の強化も可能となる。

 経産省の取り組みとしては、超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクトが動いており、有機機能性材料メーカーと計算機科学エキスパートの本格的コラボレーションを行い、材料設計、プロセス、解析技術にスパコンやAIを駆使することで、開発期間・試作回数を従来の20分の1に短縮することを目指す。

 素材の研究から商品化までには10年前後の長い時間が必要だが、それを大幅に短縮できる可能性がある。このプロジェクトには先端素材メーカー18社が参加していることからも、注目度の高さが分かる。

 3番目の「エコシステムの確立」とは、オープンイノベーションによって産官学の広い範囲からアイデアを集め、事業化するとともに、ベンチャーの育成を支援しようというものだ。産業革新機構のスピンアウトファンドとして創設された「ユニバーサル マテリアルズ インキュベーター」が、シーズ企業に出資、サポートを行っていく。

 以上見てきたように、高機能素材を開発する環境は整ってきた。では、日本の強みをどう引き出していくのか次の課題だ。

 

経済産業省 関連記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年6月号
[特集] 人材輩出の「新御三家」
  • ・[サイバーエージェント]経営人材を育てる方法 研修より緊張感ある現場経験
  • ・中山亮太郎(マクアケ社長)
  • ・大竹慎太郎(トライフォート社長)
  • ・塚原文奈(ストアーズ・ドット・ジェーピーCEO)
  • ・[楽天]ベンチャー精神は創業者が体現する
  • ・体育会的ノリと目標必達の企業風土が育てた起業家群
  • ・[DeNA]意志と情熱を後押しする人材育成術
  • ・橋本 舜(ベースフードCEO)
  • ・鈴鹿竜吾(ライトマップ社長)
[Special Interview]

 飯島彰己(三井物産会長)

 人が成長するために必要なこと

[NEWS REPORT]コロナ禍後の経済地図を読む

◆避けられない合従連衡 日の丸電機の進むべき道

◆自動車業界は大再編必至 生き残れるのはどこだ!

◆存続の危機を迎えた百貨店 小売り業界のEC加速が止まらない

◆“会わずに診る”コロナで広がるオンライン診療

[特集2]

 社長のセルフブランディング

 第一印象/SNS・ネットツール活用/言葉の力/プレゼン技術

 [特別インタビュー]友近(お笑い芸人)

 最強のセルフブランディング術「憑依芸」を語る 

ページ上部へ戻る