文化・ライフ

坪田一男(つぼた・かずお)慶応義塾大学医学部教授。1955年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許取得。米ハーバード大学にて角膜フェローシップ修了。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術における世界的権威。再生角膜移植のほか、近視・乱視・遠視・老眼などの最先端の治療に取り組む。近年は研究領域を抗加齢医学=アンチエイジング医学に広げ精力的に活動。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事など。著書に『老けるな!』(幻冬舎)、『長寿遺伝子を鍛える』(新潮社)、『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』(文春新書)ほか多数。

 

牛乳と健康をめぐる議論に、新しい説が浮上!

イラスト/坂木浩子

イラスト/坂木浩子

 突然ですが、あなたは牛乳が好きですか? もし、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、オナラが出てしまうというタイプなら、そのオナラは無臭だろうか、臭いでしょうか?

 この連載でも何回かご紹介してきたが、「牛乳はアンチエイジングの敵か味方か?」「飲むべきか、飲まざるべきか?」というのは、かなり前から行われてきた議論で、いまだに賛否両論だ。

 だが、最近またまた大変面白い研究結果や解釈が登場してきた。

 そもそも、牛乳に対して否定的な説のトップにあげられるのが、日本人には「乳糖不耐」の人が多いということだろう。確かに、日本人には牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、オナラという形でガスが発生しやすくなるタイプの人が多い。

 また、牛乳には、乳製品を多く摂る欧米では、動脈硬化が多いという調査結果もあるが、確かに、牛乳に含まれる乳脂肪は、動脈硬化やエイジングの原因になる飽和脂肪酸だ。

 さらに、血糖値コントロールはアンチエイジングを実践する上での重要なポイントのひとつだが、牛乳に含まれる乳糖は吸収されやすく、血糖値が上がりやすい。

 しかし、僕自身は牛乳が大好きなこともあり、どちらかといえばずっと肯定派だ。実際、牛乳を摂取している群のほうが健康で長生きするという疫学研究報告も存在する。

 また、乳糖不耐症は小腸での乳糖分解酵素の働きに問題があるために起こるのだが、大腸の腸内腸内細菌にとって乳糖は素晴らしい栄養源だ。

 腸内細菌は、僕たちの免疫力に大きな影響を与えるほか、ホルモンやビタミンの産生にも深くかかわっていて、そのエサとなる乳糖は、哺乳類のミルクにしか含まれていない。だから、腸内細菌のために牛乳を飲んだほうが良い、という説もある。

 そんな中、新たに牛乳肯定派を後押しする新たな研究成果として話題になっているのが、「牛乳を飲むと、エイジングの元凶である酸化ストレスを抑制する水素が体内で発生する」「しかも、乳糖不耐症の人ほど、水素がたくさん発生する」というものだ。

牛乳を飲むと、大腸内で水素が発生!

 最近は、酸化ストレスが老化の原因になるという「酸化ストレス仮説」も進化していて、酸化ストレスがすべて悪いわけではない、と考えられるようになってきた。

 つい最近も、京都大学の篠原隆司教授らの研究チームにより、「マウスの精子形成においては、ある程度の酸化ストレスが必要だ」という研究成果が発表されたばかりだ。

 もちろん、そのままヒトに適用できる理論とはならないし、慢性的かつ過剰な酸化ストレスは、精子形成にもマイナスになる。しかし、運動は酸化ストレスを生じさせるが、その運動によって男性ホルモンが増大することもよく知られているから、抗酸化サプリメントを摂り過ぎて男性機能が抑えられてしまう可能性については、頭の片隅に入れておいても損はないだろう。

 さて、こうした酸化ストレスをめぐる議論の中で、浮上してきたのが、水素による酸化ストレスコントロールだ。

 水素は、拡散が非常に早い。そのため、ミトコンドリアなどの細胞の小器官にも到達しやすい一方、細胞内でシグナルとして使われる酸化ストレスにはあまり影響しないのでは……と期待されている。つまり、水素は抗酸化サプリメントよりもマイルドかつ適度に抗酸化力を発揮するのだ。

 僕も水素に早くから注目し、眼科領域における研究も進めてきた。その結果、水素水の角膜疾患における有効性が示され、新たな研究も進行中だ。

 ところが、水素水を飲むより牛乳を飲んだほうが、ずっと多くの水素を身体に供給できることが分かってきたのである。しかも、前述したように、乳糖不耐症の人ほど大腸内で水素が大量発生する。消化しきれなかった乳糖が腸内細菌によって発酵し、水素や二酸化炭素のガスを発生させるからだ。

 大腸内で発生した水素は、大半がオナラとして体外に排出されるが、一部は体内に吸収される。僕はこのことを知って、ますます牛乳が好きになった。

 ただし、腸内細菌によってはメタンガスも発生する。臭いオナラが出たらメタン、臭くないオナラなら水素と解釈してもいいだろう。臭くないオナラは健康の証だ。あなたもぜひ牛乳を飲んで、水素のオナラを出そう!

★今月のテイクホームメッセージ★

 牛乳を飲んで体内で水素をつくり、酸化ストレスコントロールしよう!

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る