2017年

  • 連載[燦々トーク]

    「ハワイで子育て」のすすめ(後編)――イゲット千恵子(Beauti Therapy LLC社長)

    3歳の息子を連れてハワイに渡ったイゲット千恵子さん。慣れない土地での子育ては大変かと思えば、「ハワイで子育てできたことが最大の財産」と、多くの人に勧めているそうです。なぜハワイが子育てに適した土地なのか。詳しくお聞きします。起業するなら日本よりハワイ佐藤 イゲットさん…

    20170221EGETT_CATCH
  • 連載[燦々トーク]

    ハワイで起業した理由(前編)――イゲット千恵子(Beauti Therapy LLC社長)

    今回のゲストのイゲット千恵子さんがハワイに移住したのは14年前のことだそうです。幼い子どもを連れての「癒しの旅」が、その後の人生を大きく変えることになりました。なぜハワイに渡ったのか。そしてどんな経緯で起業したのか。じっくりとお聞きしました。病気が癒えて始めたハワイで…

    20170221EGETT_CATCH
  • [連載]年収1億円の流儀

    人をうまく使うには、相手の立場に立つことだと16歳の身で悟った。

    午後からの1日5時間勤務 新倉健太郎さんにお会いした。 不動産売買、個人向け不動産投資コンサルティングを中心に、物件取得アドバイス、プロパティマネジメント、ビルメンテナンスなど不動産に関するサポートサービス全般を取り扱う株式会社フューチャーイノベーション(東京港区)を…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • 神田昌典対談企画 「知」の伝道者

    異端と呼ばれた男の素顔とリーダー論――ゲスト 松井道夫(松井証券社長)

    古い慣習にとらわれない施策を次々に実行し、ネット証券会社の草分けとして業界に風穴を開けてきた松井道夫氏。その実績と業界に与えた影響の大きさについてはあらためて説明するまでもないだろうが、その言動から異端視もされてきた。独特の空気をまとう証券業界の風雲児の哲学に、神田昌…

    201710KANDA_CATCH
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第24回)

    ストーリーで服を決める

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    吉川写真CATCH
  • 家族への愛と従業員へのまなざし(後編)――元谷芙美子(アパホテル社長)

    家族への愛と従業員へのまなざし(後編)――元谷芙美子(アパホテル社長)

    アパホテル社長の元谷さんには2人のお子さんとお孫さんが5人いらしゃします。2人のお嫁さんとも気が合って家族仲はとてもよろしいとか。同時に元谷さんは、アパホテルで働く多くの従業員の母親のような存在です。従業員には実の子同様の愛情を注ぎこんでいるようです。大家族主義を復活…

    20170124MOTOYA_CATCH
  • 連載[燦々トーク]

    女性社長だからこそ得したこと(前編)――元谷芙美子(アパホテル社長)

    今回のゲストは、都心を中心に次々と新しいホテルをオープンさせている、アパホテルの元谷芙美子社長です。女性社長にとって日本は冷たいと言われますが、元谷さんは逆に「日本は女性社長に優しい」と言い切ります。元谷さんが語る女性ならではの特権とは――。世界417ホテルのアパのネ…

    20170124MOTOYA_CATCH
  • [連載]「私の原点」(第3回)

    諦めないことが飛躍につながる―― ゲスト 鉢嶺登(オプトホールディング代表取締役社長グループCEO)前編

    圧倒的に稼げる人とそうでない人との違いは何なのか。事業における成功と失敗の分かれ道はどこにあるのか。本シリーズでは、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた企業経営者たちを直撃し、成功者としての「原点」に迫っていく。3年で辞めると宣言して森ビルに入社江上 鉢嶺社長は1967年生…

    江上治CATCH
  • 仕事へのモチベーションを劇的に高める社員研修があった

    社員研修と社会貢献を両立 高校生たちを前に、自らの仕事体験や熱い思いをプレゼンするのは、一流アスリートでも有名経営者でもない一介のサラリーマン。その、ただの会社員の話に、生徒たちは食い入るように聞き入っている。NPO法人じぶん未来クラブが主催する「シゴトのチカラ」プロ…

    2017シゴトノチカラCATCH
  • [連載]イゲット千恵子の「賢人はハワイに学ぶ」(第8回)

    外食産業は教育産業だ ―― ゲスト 椎村賢哉(AINO LLCオーナー)後編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子CATCH
  • [リーダーの育て方]~夜の銀座に学ぶ~

    母親の目で辛抱強く見守る「クラブ稲葉流」リーダー育成術――白坂亜紀(クラブ稲葉オーナーママ)

     日本中がバブル景気に沸いた1980年代。後に「夜の銀座の顔」となる白坂亜紀氏は女子大生ママとして世間の注目を集めた。96年、東京・銀座にクラブ「稲葉」2店舗をオープン。以後、10人以上のオーナーママを育ててきた白坂氏に、「稲葉流」リーダー育成術を聞く。文=大澤義幸 …

    201710GINZA_P02
  • [リーダーの育て方]~ゴリラに学ぶ~

    ゴリラに学ぶ理想のリーダーシップ――山極壽一(京都大学総長)

     リーダーは、フォロワーの支持を得て初めてリーダーになる。つまり実力も必要だが、それ以上に優しさや気配りも求められる。では、そのバランスを兼ね備え、参考にすべき存在はないか。そのひとつの答えがゴリラだ。圧倒的な力を持つゴリラだが、その力を行使することはほとんどない。そ…

    201710KYOTO.CATCH
  • [リーダーの育て方]~明治維新に学ぶ~

    維新の立役者、西郷・大久保はいかに育てられたのか――加来耕三(歴史家・作家)

     明治維新の立役者、西郷隆盛と大久保利通は、なぜ幕藩体制を打ち破るリーダーとなり得たのか、そしてどう育てられたのか、歴史家・作家の加来耕三氏に話を聞いた。文=古賀寛明原石の西郷を磨いた島津斉彬の教養と情報 来年は、明治維新からちょうど150年目に当たります。このタイミ…

    201710西郷隆盛CATCH
  • [リーダーの育て方]

    「全社員が経営者である」――吉田忠裕(YKK会長CEO)

     ファスナー、スナップ・ボタンのファスニング事業と窓やドア、ビルのファサードなどのAP(建材)事業を柱に、世界71の国と地域に進出しているYKKグループ(以下YKK)には、「善の巡環~他人の利益を図らずして自らの繁栄はない~」という企業精神が根付いている。周囲を利する…

    201710YKK_P01
  • [リーダーの育て方]

    キヤノングループで異彩を放つ酒巻流「リーダーのあり方、育て方」――酒巻 久(キヤノン電子社長)

     レーザービームプリンター、ドキュメントスキャナー、デジタルカメラのシャッターや絞りユニットなどを生産するキヤノン電子は、キヤノングループの中でも異彩を放つ子会社だ。売上高の半分はキヤノン向けだが、今年で在任18年目の酒巻久社長は早くから「キヤノン本体に頼らない経営」…

    201710キヤノンCATCH
  • [リーダーの育て方]~トップアスリートに学ぶ~

    試合に出る選手よりも、出場できない選手に気を配る――立川理道(ラグビー日本代表主将)

     前回のワールドカップで優勝候補の南アフリカを破るなど躍進を遂げたラグビー日本代表。2019年大会は日本で開催されることもあり、さらなる活躍が期待されるが、その代表チームを共同主将のひとりとして束ねるのが立川理道選手。その高いリーダーシップで所属チームのクボタ、スーパ…

    201710ラグビーCATCH
  • [リーダーの育て方]

    リーダー育成には若い頃から平等にチャンスを与える――金丸恭文(フューチャー会長兼社長)

     日本を代表するITコンサルティングファームであるフューチャーの金丸恭文会長兼社長は、20代からIT業界で頭角を現した。他の会社が引き受けたがらないような案件でも、チームをまとめ、実績を残してきた。そのリーダーシップを金丸氏はどうやって身につけたのか。そしてフューチャ…

    201710金丸CATCH
  • 成功者の「筆跡」に共通するポイントとは

    文字は心の状態を表す PCやスマホの普及によって、自らの手で文字を書く機会は随分と減った。久しぶりに文字を書こうとして、ごく簡単な漢字が思い出せずに愕然とした経験のあるビジネスパーソンも多いのではないだろうか。 とはいえ、デジタル全盛の時代だからこそ、手書きのお礼状な…

    201710筆跡CATCH
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第23回)

    女性のファッションについて知る

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    西岡慎也CATCH2
  • 永田町ウォッチング

    堅実路線にシフトした安倍改造内閣の落とし穴

    エラーが少ない“守備型内閣” 「国民から大きな不信を招く結果となり、あらためて深く反省し、お詫び申し上げる」 8月3日、第3次安倍第3次改造内閣の発足後、官邸で記者会見に臨んだ安倍晋三首相は冒頭、加計学園問題や南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠ぺい問題に…

    201710NAGATACHO_CATCH

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界11月号
[特集]
運の科学

  • ・北尾吉孝(SBIホールディングス社長)
  • ・江口克彦(江口オフィス社長)
  • ・畑村洋太郎(畑村創造工学研究所代表)
  • ・藤井 聡(京都大学大学院工学研究科教授・内閣官房参与)
  • ・角居勝彦(日本中央競馬会調教師)
  • ・桜井章一(雀鬼会会長)

[Interview]

 安永竜夫(三井物産社長)

 「やるべきことは2つ。方向性を指し示し、トップ同士の関係を構築する」

[NEWS REPORT]

◆東芝メモリ買収の影の主役 産業革新機構の収支決算

◆電気自動車がガソリン車を駆逐するまであと10年

◆60代を迎えた孫正義 ソフトバンク300年の計への足固め

◆出版不況の風向きは変わるか!? 常識を覆すオンリーワン作戦!

[政知巡礼]

 若狭 勝(衆議院議員)

 「自民党のしがらみ政治をぶった斬りたい」

ページ上部へ戻る