マネジメント

 経済ニュースがあれば必ず名前が挙がり、政財界に強い影響力を持ち続け、「怪物」の名を欲しいままにした小佐野賢治氏。インタビューは、絶頂期の小佐野氏を直撃したものだ。

(1974年9月号)

小佐野賢治氏の願い 栄光或る静かな余生を!

 「今の日本で小佐野に真っ向から対抗できる人間は誰もいないんじゃないか。いささかでも小言をいえるのは石坂泰三ぐらいだろう」と、小佐野の動静をよく知るある経済記者は言う。やや過大評価の気味はあるにしても、航空問題、国民相互銀行買収……と、小佐野の〝実力者ぶり〟は群を抜いている。しかも、それらはわずか氷山の一角にすぎないであろう。

小佐野賢治

小佐野賢治(おさの・けんじ)
〈1917〜86〉国際興業社主(※肩書は当時)山梨県出身。海軍への自動車部品納入で財をなし、戦後、強羅ホテル、山梨交通などを買収。1947年国際興業を設立した。後に総理となる田中角栄と密接な関係を築いた。ロッキード事件では81年に実刑判決、控訴中の86年に死去した。

 ある日の早朝7時15分、記者は東京八重洲にある国際興業の本社に小佐野を訪ねた。

 古びた建物の外見とはうって変わった、よく手入れもされ金も掛かっていそうな応接室に通され、待つほどもなくワイシャツ姿にノーネクタイ、入道のような小佐野が「やあ、しばらくでしたな」と入ってきた。

 主を迎えた応接室の空気がその瞬間ピリリッと引き締まる。早速、質問の第一矢を放つ。

 「今の正直な心境は……?」

 「何もないよ」と、にべもない返事が返ってくる。

 「本当ですかねえ」

 「うん、別に。仕事もしなくていいし、もう金持ちだからね。このまま平和に過ごせればいいんで、ほんとに淡々としているんだ」

 60歳に手が届くばかりの年齢になったとはいえ、いささかも衰えをみせぬ精悍な、風雪を刻み込んだ顔が、その〝枯れた返答〟を裏切っている。

 小佐野は現在、世田谷の上野毛に家を新築中だという。

 今の家は終戦直後、同郷の先輩・小林中(日本航空会長)から譲られたもの。今の中町の家はこの稀代の億万長者には似つかわしくない簡素な屋敷である。

 事業一途に専念し、家など寝る器ぐらいにしか頓着しなかったこの男が、家を新築するとはどういう風の吹きまわしだろうか。事実、小佐野自身が語るがごとく「もうこのまま、静かに栄光ある人生を……」送りたいというのであろうか。小佐野自身もそんな想いに駆られる時があったとしても、周囲が、彼の過去が、そして何より現在の彼の占める比重がそれを許すわけもない。それにしても、燃えるような闘志と、倦くなき事業欲と、類のない根性と、他人の真似のできない努力で「裸一貫からここまで来た」怪物の予想外の言葉である。もっとも、それを俄かに本気と受け取ってしまうのも芸がない。

 「では理想とする晩年は、どんな人生ですか」と追い打ちをかける。

 「何にも僕は考えずにね。今までやってきたとおりやって、もう事なかれ主義で人生を送ればいいと思ってるんだ。働いて、働いて、ここまで来たんだから、もういいよ」

 絶頂を極めた男にとって〝最高の現在〟を少しでも長く維持したいとする守勢があるとすれば、小佐野もやはり一個の人間の弱さを持つといえる。

 多くを得れば多くを失うのもまた人生の断面である。小佐野のように強烈無比なバイタリティーの持ち主にとって、下り坂を降りることを拒否する精神はとりわけ強いに違いない。

小佐野賢治氏と田中角栄首相との管鮑の交わり

 もっとも、小佐野が願う現状維持のためには、盟友・田中政権存続が欠かせない条件の1つとなることは、衆目の一致するところ。福田・三木離反による党内状勢、終焉しないインフレ、革新勢力が増大する国内情勢、加えて激動する国際情勢と、田中政権の行方は険しい。

小佐野賢治 「今度の参院選挙で辞められないんじゃないかな、逆に。あれで辞めるようじゃだめだよ。こういう時こそ立ち上がってほしい。もういっぺんやろうと言う根性がなきゃいかん。角さんにはそういう根性があるからね、やるだろうね。やりますよ」

 自分のこととは打って変わって、〝親友〟のために熱弁をふるう小佐野である。

 「人間っていうのは、会社でも何でもそうなんだけど、繁栄している時に去っていくのは、その人生に悔いがないよ。しかし、落ちぶれた時に去っていくのは人間としてやっぱり一抹の寂しさがあるわけですよ。だから、会社でも経営していい時に後進に道を譲ってということは、人間としていいけどさ、会社が良くない時に去っていくということは寂しいでしょうね。政治家なら、こういうふうに与党と野党の差が少ない時に、これを盛り返して、キチッとした環境を整えて次期総裁に譲るってことならいいだろうけどね」

 逆境の時こそ強くなるのが、この現代版「管鮑の交わり」の真骨頂なのである。

 大正6年生まれの小佐野に対し、田中首相は大正7年生まれの1歳違い。2人の出会いは昭和22年。両者の顧問弁護士を兼ねていた正木亮弁護士(故人)の紹介による。

 「その時、この無名の青年代議士は将来、相当いけると思われましたか」と聞くと、小佐野は、「そりゃ、やっぱり……思ったね。いやあ、面白いよ。ざっくばらんでね。実行力があるからね、あの人は」と答える。

 爾来、お互いによく似た境遇、アケスケにズバズバいう性格、度胸満点な行動力、コンピュータのような計算力がより2人のキズナを強め、「日本一の政治家、日本一の事業家」を夢見て、あらゆるものを排除しながら突進してきた。

 政治家と事業家の仲といっても、この2人ほどの稀有な例はまことに類がない。奇しき縁と言わねばなるまい。

 もっとも世間はそこに〝悪因縁〟をみる。出ては消え、出ては消えた〝黒い霧〟の噂である。

 しかし、一部ジャーナリズムに称される「不死身のTOライン」は決定的なダメージを受けることなく乗り切ってきた。風雪を耐えて30年、今や2人の仲は〝利害を超越した間柄〟といっていいようだ。

 しかし、大胆に推測を下すなら、それは同時に2人の相互依存関係の弱まりをも示すのではなかろうか。「コンピュータ付ブルドーザー」がこけても「ソロバンに洋服を着せたような人」(某氏の小佐野評)は倒れないとする見方が多い。

小佐野賢治氏の神髄 飽くなき事業欲と厳しい自己管理能力

 「叩かれ、叩かれ、あることないことをね。それでも何も言いません。何もしません。普通の人ならもう神経衰弱にもなるし、怒りもするんだろうけど、ただ黙々といろんな人生に向かってやってきたのみだからね」と、小佐野は来し方を述懐する。確かに「政商」といわれ、財界主流派からはその〝実力〟を恐れられ、毛嫌いされてきた。毛並みのいい学歴のある彼らにとって、どこの馬の骨とも分からない小学校しか出ず何をやってきたか不明な男が、ジリジリと実力を涵養してくるのは愉快なことではない。しかし小佐野は排斥されればされるほど、その抵抗をテコとして負けじ魂を燃やしてきたフシがある。

 「自分自身がしっかりやっていれば、何でもないよ。そんなもの。『男は敷居を跨げば7人の敵あり』というんだから、敵があることもひとつの励ましでありますよ。こんな世の中で、『競争は文化の花』って言葉もあるように、叩いてくれる人があっていいんじゃないかね」

 〝艱難が汝を玉にする〟のである。小佐野は悪条件をバネとして自らを玉として磨き上げた。

 今や、彼の実力はある工事に激しい受注合戦を繰り広げたT、S、F3社の調停に入り、「小佐野に睨まれたくない」と円く収めたと言われるほど。しかも、「誰にも頭を下げず向こうから頭を下げざるを得なくなるように仕向け、頼まれて動く形をとる」と評される近年の行動様式は、株式を取得し、誰にも無視できない発言力を確保し、要請を受けてのり出した日本航空、全日空、帝国ホテル等々の人事に如実に現れている。

 そんな生き方に、小佐野は強い自負心を持っている。そして営々と築き上げた巨額の財力と三舎も避ける実力がその生き方を支えている。

 「怪物視されるのは、今の経済界のトップの人たちはサラリーマン経営者が多くて、実力がなさすぎるからじゃないですか」とする、ある人の見かたにも一理あるというべきだ。

 「何よりも他人に掣肘されることを嫌う」小佐野のこと、妥協を要求され行動の自由を束縛される財界活動なんか今や目じゃないだろう。

 もっとも、これだけの実力を付けるのに小佐野が払った努力も並大抵のものではない。

 昭和16年に田村町の一角で自動車部品商として独立して以来、日本にいる限り7時出社を1日として欠かしたことがないというのだから驚異的だ。考えてもみよ、35年間である。1年間続けるのでさえ、並みのことではない。尋常な人間なら二日酔いすることもあるであろうに。超人的というより〝非人間的〟といったほうがより的確だ。まさに怪物である。

 「これは自分の信念だからね。二日酔いして朝起きるのが嫌なら二日酔いなどしちゃいけない。したとしても、朝は勤めるべきことはチャンと勤め、やるべきことはチャンとやる、ということでないと具合が悪い。二日酔いしたから今日は会社に行くのが嫌だとか、遅刻して行こうとか、そういう人間の根性がダメだよ」と小佐野はいう。

 「しかし、寝坊したいと誘惑にかられたことだってあったでしょう」と、聞くと、「そりゃ、あったね。付き合いで遅くまで飲まなきゃならんこともあるしね。それも、うまい酒ばかりならいいけど、これだけ仕事をしていると、イロイロあるからね。たまにはまずい酒だってあるわネ。まずい酒ほど時間が遅くまでかかるもんだよ。そんな時は人間だから翌朝は眠いよ。だけど、やっぱり起きてこなきゃダメですよ。信念の問題だよ」と小佐野はあっさり答える。しかも、夕食は家で食べぬ主義だというのだから、早朝から晩まで働くのであろう。そして夜は銀座で飲むことがあっても、早めに切りあげ、毎晩9時半には就寝する。だから平均8時間の睡眠時間は確保しているのである。

 それにしても、『信念の魔術』という著書もあったが、単なる「モーレツ主義」とか「自己管理」とかを超越した執念のような徹底性が感じられる。人一倍強い完全欲、憑かれたような事業欲、あるいはそれ以上の〝何か〟が小佐野をつき動かしているのであろう。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る