政治・経済

盤石に見える安倍体制に、自民党内部から叛旗を翻したことで注目されたのが野田聖子議員だ。今秋の自民党総裁選に出馬を目論んだものの、現執行部の周到な推薦人の切り崩し工作に遭って断念。安倍総裁は「選挙なし」の再任となった。私が注目したのは、総裁選が幻と終わった後の朝日新聞のインタビューで語る野田さんの姿である。思った通りを語り、しかも言葉にユーモアがあった。生真面目な若手政治家ばかりの中で、これは重要である。今回は、「政治家・野田聖子」が誕生する前夜までの経緯を聞いてみた。

野田聖子氏が語る ギネスブックに載った祖父・野田卯一

德川 お父さまの野田卯一(ういち)さんのご本『カーター外交の谺』には、お母様の光(みつ)さんがずっと病で伏せていたと書いてありました。思い出の中でのご両親は。

野田 私は養子として野田家に入ったので、両親といっても野田卯一と光の実の子どもではありません。実際には私の実父の両親、つまり祖父母にあたります。野田卯一というのは本当に忙しい人で、会えるのがお正月と終戦記念日くらいで、8月15日には小さい頃から靖国神社にいつも連れて行かれるくらいでした。祖母は私が物心ついた頃から寝たきりで、病弱でしたが、とても奇麗な人でした。

德川 養子に入った経緯は。

野田 祖母の光の実家は「島」というのですが、祖母の兄と祖父が一高東大の同級生で親友同士でした。そして祖母の兄が戦争で亡くなってしまいます。それで祖父と祖母が結婚する時に、最初は祖父・卯一が島家に養子に入る予定でしたが、祖父は頑固に「いやだ」と言って、結局島家が出した条件は、第1子を島家の養子にするというものでした。私の父、稔が第1子で、生まれてすぐに島家にもらわれていきましたが、祖父母には子どもがその後生まれず、父には私を含めて子どもが3人おりまして、私が野田家に養子に入ることになりました。私が22歳か23歳の時です。そういう複雑な家なんです。

德川 養子に入られたのは、政治家の跡目を継ぐためですか。

野田 いえ、もっと現実的な問題でした。祖母が亡くなって、祖父もかなりの高齢だったので、後がいないとお墓も何もダメになっちゃうというので、私が野田家のご先祖さまを守る仕事をもらったのだと思います。議席を継がなくてはならないなんていう、たいそうな家柄ではありませんでした。

德川 祖父・野田卯一さんのエピソードをお願い致します。

野田 祖父は日本政治史には名前を残しませんでしたけれど、ギネスブックには名前が載っているんですよ(笑)。私の父を生んだ後、祖母は産後の肥立ちが悪くて寝たきりになってしまいました。それで、出張や訪問をした先から祖父は長い手紙を書いては、祖母に送っていたんです。祖母もその手紙を大事に取っておいて、それが本にまとめられて『光への手紙』全25巻になったわけです。ギネスブックに載ったのは「世界で一番たくさん妻へ手紙を書いた男」という理由でした。

米国留学を経て、17歳で大学生になった野田聖子氏

德川 アメリカへ留学されたということですが、どれくらいの期間ですか。

野田 高校の時に、1年足らずです。ミシガン州のジョーンズヴィルという、町というよりは村でしたね。当時はまさに、マクドナルドは来るわ、ケンタッキー・フライド・チキンは来るわ、みたいな「アメリカは素晴らしい」という時代の高校生だったわけですが、実際に渡米してみて等身大のアメリカ、それもど田舎に住んだのでギャップが大きかったですね。私が日本で勝手につくり上げていたイメージと全然違うアメリカ人が実際にいることが分かったのが、留学の最大の収穫でした(笑)。

德川 アメリカでの生活は楽しかったですか。

野田 今だから楽しく語れますが、当時はやっぱり嫌でしたね。私は私立の学校だったので幼稚園から英語をやっていたつもりだったのに、それが実は英語ではなかったことに気付かされました(笑)。発音が全然違っていたんです。最初は言葉コンプレックスがひどくて、とうとうその年のクリスマスにはホームシックになってしまいました。クリスマスにみんな集まって、私のことなんか気を使わずに英語でバリバリ喋るから、ぽっかり孤独でした。雪は降り積もって外には出られないし、楽しいことが何もなくて、本当にホームシック状態でした。

 でも、その後何となく一皮剥けちゃったんですね。年が明けると、なぜかすらすら喋れるようになって。そうして生活にかなり慣れたところで、アメリカに残ろうと思っていたのですが、いろいろな理由から急遽帰国することになります。ところが帰国しても元の高校は学年が下がるので戻りたくない。既にピアスの穴も開けちゃったし、多分無理だろうと(笑)。幸いアメリカでは高校をちゃんと卒業していて、SATも受験しているから、アメリカ人としては大学入学資格があるので、日本の大学へ行けないか、となるわけです。

 当時の日本でSATの資格で入れる大学は限られていて、ICUか早稲田の国際学部か上智の外国語学部くらいでした。母が奔走してくれたところ、上智の学部長さん、確か外国人の先生だったかと思いますが、こちらと意気投合したようで、「上智に決まったからね」と母から連絡がきました。それで17歳で大学生になれたわけです。

野田聖子氏 たまたま行った面接で帝国ホテルに入社

德川 どんな女子大生だったのでしょうか。

野田 当時は大学に入ってあまり勉強しなくても何とかなるという時代だったんですが、うちは3回授業を欠席すると「不可」になるし、試験もきつくて、なかなか単位が稼げない学部だったんです。しかも公用語が英語なので、1年間アメリカの高校にいたくらいでは、次元の高い専門用語が、なかなか分からなくて。だから、人生で一番勉強した時ですね。それから、競技スキーのクラブに入っていましたから、冬の間はずっとスキー場、合宿のない時はインストラクターのアルバイト。わりと硬派でしたね。華やかではなかったです。

德川 就職先は帝国ホテルを選ばれましたが、これはどういう経緯ですか。

野田 そこしか行けなかったんです。当時の日本航空には縁故採用があって、内定は取れていたんですが、それが駄目になりました。祖父が日航の社長と知り合いか何かで、入社試験を受けさせてもらって合格したのですが、その後羽田沖の日航機事故が起きたんです。それで日航が「自粛」ということで、地上職の採用をやめてしまったんです。この時「世の中は甘くない」と思い知りました。それでいったんは「じゃあ、大学院に行こうかな」と考え直しました。取りあえず、大学最後の夏休みに思い出のために、母と妹とヨーロッパの旅に出掛けて、帰ってきた時には就職活動の3次募集くらいになっていました。周りにもまだ内定が決まっていない人たちがいたので、いろいろなところの面接に冷やかし半分に付き合っていたんですね。それで、たまたま友だちが「帝国ホテルを受ける」と言うので「あー、帝国ホテルだったら英語使えるよね」みたいな気持ちで、面接に行ってみたんです。そこで運命の出会いがありました。当時の人事担当の小林哲也さん(現・帝国ホテル会長)が私を見て「ビビビ」と感じてくれたらしく(笑)、若干名採用のところを採っていただきました。でも、就職して間もなく野田家に養子に入ったので、みんなが怒っていましたね。「島で入社したのに、野田になったから面倒臭い」って(笑)。小林さんも「途中で名前を変えるな!」と(笑)。(以下後篇に続く)

文=德川家広 写真=幸田 森

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る