政治・経済

甘利大臣辞任に象徴される自民党の自浄作用低下

 ちょっと前の話になるが、触れておかなければいけないだろう。甘利明経済再生担当相が辞任した一件である。

 昨年、安保関連法案が可決成立し、臨時国会は見送られ、今年は新年早々に開会した通常国会。外野が何を叫ぼうと、「ずっと凪状態」だと野党議員が自嘲気味に嘆くほど穏やかだった永田町。ところが、『週刊文春』のスクープ記事により事態は一変、安倍晋三政権の要で、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉では、諸外国から“タフネゴシエーター”と呼ばれていた甘利氏が現金授受問題で辞任したのだ。

 政治とカネの問題は、いつになったら終わるのだろうか。第2次安倍内閣を振り返っても、今回の甘利氏だけではない。2014年、初の女性首相最右翼と見られていた小渕優子前経産相が政治資金管理団体の問題をきっかけに辞任し、昨年は西川公也元農水相が辞任に追い込まれた。また、下村博文前文科相も政治献金をめぐる問題で何度も国会で追及された。

 これだけ問題を起こしているにもかかわらず、安泰でいられる政権も珍しい。野党がだらしないと言えばそれまでだが、かつての自民党であればもっと自浄作用が働いていただろう。元大物衆院議員秘書は寂しそうにこう語る。

 「自民党ももう終わりだね。派閥がしっかりしていたころなら必ず倒閣運動に広がって、瞬く間に安倍政権は崩壊していたはず。ところが、今や長老だって、派閥のリーダーだって“音なし”となっている。早晩、自民党は国民から愛想を尽かされる」

 派閥の功罪は相半ばかもしれないが、党内で切磋琢磨して自分たちのグループで天下取りを競っていた時代は、それが自浄作用となっていた。ところが、派閥の力は削がれ、個々の議員の能力や度量が小さくなったと、元秘書は嘆く。

 また、自民党中堅衆院議員はこう語る。

イラスト/のり

イラスト/のり

 「昔は“雑巾がけ”を一生懸命して、階段を一歩一歩踏み上げていくシステムがわが党にはあった。しかし、先輩方でいまだ未入閣の人がいる一方、雑巾がけもせず、いきなり飛び級で入閣したりする。年功序列がいいとはいわないが、どこか歪んでいるようで怖い」

 今の自民党をうまく言い表しているようだ。誰もが目先の利を得ようとしているため、損な役回りを避ける。次の選挙でいかに効率よく当選するかどうかを考える。だから、今の政権に対しての批判もしなくなる。これも、派閥の力が縮小していったことの弊害なのだろうか。

甘利大臣の後任、石原新大臣は失言癖で格好のターゲットに

 さて、甘利氏の後任には、石原伸晃元自民党幹事長が就任した。しかし、早くも自民党内からは「安倍首相はいきなり“軽量級”を据えてきた。大丈夫か」と、危ぶむ声が聞こえてきた。

 というのも、石原氏は失言癖で知られるご仁。環境相だった14年6月、東京電力福島第1原発事故に伴う汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり「最後は金目でしょ」と発言した。そのほかにも、朝の民放出演の際、東京電力福島第1原発事故で汚染された土壌の保管先に関し「福島原発第1サティアンしかない」(12年9月)、記者会見で「脱原発」の動きに関し、「大きな事故(福島第一原発事故)があったわけだから、集団ヒステリー状態になるのは分かる」(11年6月)など、ことあるごとに思慮に欠いた発言が問題とされてきた。

 政府は1月6日、TPPに伴い改正が必要な11の法律の概要を自民党に示した。関連する法律はひとまとめにし、計8本を3月にも提出するといわれている。つまり、TPP関連法審議はこれからというときに支柱を失い、場外で失言する恐れのある石原氏で大丈夫かと、心配しているのである。

 加えて、減速気味の経済のかじ取りをどうやっていくのか。株価は下落傾向、今年の春闘の行方も気になるところ。下手な口出しでまたぞろ水を差すようなことがあれば、一気に支持率低下を招く恐れがある。自民党関係者はこう不安を口にする。

 「第1次安倍政権では、辞任ドミノによって政権がガタガタになり、崩壊した。経済通でもなく、TPPに精通しているわけでもない石原氏は格好のターゲットになるでしょう。論戦の場に引っ張り出して、失言でもしようものなら、“あのとき”の二の舞。何としても慎重になってもらわないと」

 何しろ今年最大のヤマ場は夏の参院選。1つの綻びが、とんでもない結果を招くことにもなりかないというのだ。風雲急を告げる永田町冬の陣の行方や、いかに――。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る