文化・ライフ

新ルール適用でプロ野球の魅力が薄まる懸念

 

 プロ野球は今季から本塁上での危険なプレーに厳格な姿勢で臨む方針を確認している。

 新ルールにより、クロスプレーの際、キャッチャーは本塁前でランナーをブロックすることができなくなる。ボールを持たずに走路を塞ぐことも禁止だ。

 一方でランナーも、走路からはずれた位置にいるキャッチャーへの体当たりは危険なプレーと見なされ、悪質な場合は守備妨害をとられる。

 メジャーリーグでは2011年5月、ジャイアンツのキャッチャー、バスター・ポージーがマーリンズのスコット・カズンズのタックルを受け、左足腓骨骨折、左足首じん帯断裂の大けがを負ったのを機に本塁上のルールの厳格化が求められるようになった。日本はそれに追従したかたちだ。

 キャンプ前半は、どの球団も新ルール対策に追われていた。クロスプレーの際、本塁を空ければ、どうしてもキャッチャーは“追いタッチ”になる。

 「これまでは、ゆうゆうアウトにできていたのが、これからは全部セーフになる。どうしたらいいのか……」

 ある在京球団のキャッチャーは、そう言って頭を抱えていた。

 内野手も大変だ。本塁上でのクロスプレーの場合、昨季よりもワンテンポ早くボールを処理しなければ、ランナーの生還を許してしまう。

 これを受け、今季から巨人の一軍内野守備走塁コーチに就任した井端弘和は、こう語った。

 「ブロックが許されないキャッチャーは、手だけでタッチにいくしかない。特にファーストとセカンドは、昨季よりも前の位置でボールを処理しなければ、(ランナーに)回り込まれてしまう。ファーストとセカンドは受難のシーズンになりそうですね」

 そして困惑の表情で、こう、こぼした。

 「本塁上でのクロスプレーは野球の醍醐味のひとつ。ランナーはキャッチャーのブロックを、どうすり抜けるか。アウトかセーフか。お客さんにすれば、そこが見ていて最もワクワクする部分だったと思うんです。

 明らかに危険なプレーはともかく、ちょっとの接触プレーでも守備妨害、走塁妨害と見なされるようになれば、プロ野球自体の魅力が薄まってしまうんじゃないでしょうか……」

 井端が指摘するように、ホームベース付近でのクロスプレーは、ある意味、プロ野球の華だった。

 ブロックの禁止は、キャッチャーにとって安全面の担保につながる半面、腕の見せ所をも失う。

 太平洋や阪神、大洋などで活躍し、ダイエーのバッテリーコーチも務めた若菜嘉晴も新ルールには懐疑的だ。

 「野球には4つベースがあるが、本塁は重みが違う。僕らキャッチャーは、そこを死守することに誇りを持っていた。

 しかし、審判は、“これからは本塁も他のベースと同じルールでやる”と言っている。もう“死守”という言葉すらなくなるのか。これは、ちょっと寂しいですね」

 死守という言葉が死語になるとしたら、確かにそれは寂しい。若菜の懸念はもっともである。

 

新ルール適用で「プロ野球がエキサイティングになる」との意見も

 

 再び前出の在京球団キャッチャーのコメントを紹介する。

 「僕らはアマチュア時代から“キャッチャーは逃げるな!”と教えられてきた。たとえケガをしても“それは名誉の負傷だ”と。

 でも、これからは走路を開け、(本塁上では)ランナーに飛びつくようにタッチしなければいけないわけでしょう。

 これまでのキャッチャーの守備の意識が180度変わると言っても過言ではない。新ルールについていけるかどうか心配です」

 逆に新ルールの導入により、「プロ野球がエキサイティングになる」と歓迎する向きもある。

 在京球団の元コーチの話。

 「本塁上でのクロスプレーは、たえずケガの危険性が伴う。もし(三塁ベースコーチが)手を回して突っ込ませ、キャッチーのブロックにあって足首を骨折でもしたら、戦力ダウンは避けられない。そうしたリスクを回避するために、セーフになりそうなのに三塁で止めたケースもある。

 しかし、これからは、どんどん(本塁に)チャージさせられる。アウトになってもケガのリスクは減りますから。むしろスピードのあるランナーが重宝されるから、野球の質が若返りますよ。

 野手だって肩が強く、スローイングの正確な選手が評価を得るようになる。そうした意味でも、新ルールは否定的にとらえられるべきではないと思っています」

 ルール変更にはメリットもあればデメリットもある。効果もあれば副作用もある。シーズン前半は、各球団の対応力が問われることになる。(文中敬称略)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る