マネジメント

 「企業価値」の意味するところは広く、その考え方も様々であるが、ここでは主に定量的に測定できるものを取り上げる。経済紙などで伝えられる上場企業の株式時価総額やM&Aの買収額などはよく知られているが、どのような意味があるのだろうか。

 こういった企業価値の把握は何も上場企業やM&Aに関係する企業だけに必要というわけではない。たとえば、後継者が決まっていない企業や事業譲渡を検討しているならば必須だろうし、自社が買収の標的になるかも知れない。市場で算定される企業価値を知ることは、経営者だけではなく従業員やステークホルダーのためにも必要なことである。以降、最近のM&A事例を取り上げ、「企業価値の評価法」について考えてみたい。[提供:経営プロ]

M&Aの世界で使われている企業価値の評価法

 以下、サントリーホールディングスによる米ビーム社の買収ケースの概要である。

・ビーム社の過去3ケ月の平均株価を24%上回る1株当り83.5ドルで買収

・株式時価総額136億ドルに長期有利子負債20億ドルを加えた企業価値(EV)は約160億ドル→これが買収額

・営業利益5.75億ドル、減価償却1.1億ドル→EBITDA(*):6.85億ドル、EV/EBITDA倍率(*):160億ドル÷6.85億ドル=23.3倍

 一般的なM&A のEV/EBITDA倍率は10倍までが目安といわれているので、かなり高いように思えるが…たとえば、以前話題になったソフトバンクのスプリント買収は12倍程度であった。

 この買収金額は妥当なのか?企業文化の異なる海外企業とのシナジー効果は期待できるのか?といった疑問もあるが、買収金額や倍率に正解がある訳ではない。この事業資産からどのように収益を上げていくかは、今後の経営次第ということになる。

 M&AにおけるEV/EBITDA倍率が意味するものは、「買収額に対して、何年分のキャッシュフローで回収できるか」を表した数字である。算出の前提となる各数字は過去実績に基づくものであり、環境変化や今後の経営戦略などにより変わってくる。高いか安いかは一概には言えないだろう。

企業価値の評価方法

 企業価値の評価方法には大きく以下の3つがある。

①資産評価法 コスト・アプローチ

 企業の保有する資産・負債を時価で評価する方法、中小企業や企業を清算するときに使われることが多い。

②収益評価法 インカム・アプローチ

 企業が将来生み出すキャッシュフローを資本コストで割り引くことでその現在価値を算出する方法。DCF(Discounted Cash Flow Model)法がよく使われる

③市場評価法 マーケット・アプローチ

 上場企業については株式時価総額に負債の金額を加えた金額を企業価値とする方法。未上場企業については類似する上場企業の株価指標から類推する。算定指標としてEV/EBITDA倍率がよく使われる。

企業価値を評価することは経営資源を最適化することの判断材料になる

 「企業価値をそんな数字だけでは表すことはできない」という意見もあるだろう。その通りで、上記は事業を売り買いする前提で敢えて定量評価したものである。ただ、事業を売却・買収する際にはこのような算出法により値段が決まることも事実である。

 環境変化の激しい昨今、「自社事業をいくらで売却できるか、他社事業をいくらで買収できるか」を知っておくことは、事業の取捨選択を行い、経営資源を最適化する際の判断材料になる。特にグローバル環境で事業展開しているビジネスオーナーや経営者にとっては普段から把握しておきたい指標である。

■参考 M&Aの専門家が重視する「EV/EBITDA倍率」■

 *【EBITDA】

・EBITDA(Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation, and Amortization):利払い前・税引き前・償却前利益

・算出式:「税引き前当期純利益+支払利息+減価償却費」→簡略化すると「営業利益+減価償却費」

・EBITDAは元々、海外企業などのM&A を考える際に、国によって異なる会計基準、税率や金利などによる差異をなくし、制度の違う環境にある企業の価値を判断する目的で考えられた指標。税や利息、減価償却費など企業毎で異なる要素を排除して、本来の事業を忠実に測定しようとするもの。

 *【EV/EBITDA倍率】

・EV/EBITDA倍率:EV(Enterprise Value)/ EBITDA(Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation, and Amortization)

・EV=株式時価総額+純負債(有利子負債-現預金)、EBITDA=営業利益+減価償却費

・EV/EBITDA倍率=(株式時価総額+純負債(有利子負債-現預金))/(営業利益+減価償却費)

・EBITDA(1年間のキャッシュ利益)に対してEV(企業価値)が何倍あるかという数値で、何年間で投資が回収されるかという指標。

【事業価値向上パートナー・柴田隆博】

keieipro_logo_R

 

 

 

【経営プロ関連記事】

シャープを傘下に収めた鴻海・郭会長の勝算は?
事件は現場で起きている!複雑難解なインド法規制の実態に迫る】
【経営トレンドワード】クロスボーダーM&A
M&A需要で資金調達を急ぐ企業が増加、その勝算は?
これまでの人事はもういらない!?激変する人事の「4つの役割」
【人と組織が活きる経営判断】第3回 価値観の変化を先取りする需要創造

 

 

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る