文化・ライフ

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

人生へのリベンジでサッカー指導者の道に進んだ非エリート系

 リオデジャネイロ五輪でメキシコ五輪以来、48年ぶりの表彰台を目指すサッカーU-23日本代表を率いる手倉森誠は、いわば、“時代に乗り遅れた男”である。

 高校卒業後、鹿島アントラーズの前身・住友金属工業蹴球団(当時JSL2部)でプレーしていたが、目立った活躍はしていない。

 同じ頃、フジタ工業サッカー部(JSL2部)でプレーしていた宮沢ミシェルは「手倉森? 中盤の前だったっけ? そのへんのポジションにゴツイのがいたなというのは覚えているな」と語っていた。

 念願だったブラジルへのサッカー留学こそ果たしたものの、チームに戻るとポジションはなかった。Jリーグ参入を見据え、JSL2部の本田技研工業から主力選手を引き抜いていたのだ。

 「僕としては面白くないですよ。“オマエに期待しているからブラジルに行ってこい”と言われ送り出されたのに帰ってきたら本田の選手ばかりになっているんですから。あの言葉は、いったい何だったのかと思ってしまったんです」

 サッカーへの情熱を失った手倉森はパチンコや競馬にうつつを抜かす日々。間もなくスタートするJリーグも「どうせ盛り上がるわけないよ」と高をくくっていた。

 ところが、である。Jリーグは空前のブームを呼び、選手たちは一夜にしてスターとなった。

 「オレって何てバカなことしたんだろう」と悔やんでも、もう後の祭りである。

 同級生の井原正巳、中山雅史は日本代表でも活躍し、自分だけが取り残されたような気分になった。

 「このままでは終われない」

 28歳で引退し、指導者への道を歩み始めた背景には、人生へのリベンジの意味もあった。

 「NEC山形でプレーしていた時、監督の石崎信弘さんから“W杯を経験した選手たちが指導者になったらオマエかなわないよ。(コーチを)やるんだったら、今しかないぞ”と言われたからなんです」

 手倉森が率いるU-23は“谷間の世代”と言われる。成功体験の少ない選手たちを“その気”にさせるにはアメとムチがいる。

 手倉森は“谷間”どころか“谷底”を経験した指導者である。だからこそ彼らの気持ちが分かるのだと、本人は言う。

 「谷間の世代と言われる選手たちを谷間じゃなくすことが日本サッカー界にとっては必要なこと。彼らがどう変わってくれるか、そののびしろが楽しみです」

 指導者と選手がともに成長しているチーム――U-23には、そんな印象がある。

10年間サラリーマン生活を送った陸上界の非エリート系指導者

 正月の箱根駅伝で1977年の日本体育大以来、39年ぶりの完全優勝を果たした青山学院大の原晋監督も手倉森同様、“非エリート系”の指導者である。

 中京大学時代の実績と言えば日本インカレ5千メートルでの3位くらい。同大は関東学連に所属していないため、当然のことながら箱根を走った経験はない。パチンコ店の新台入荷の日に、一番最初に並ぶような学生だったという。

 地元の中国電力に入部し、陸上部に籍を置いたものの、故障もあって5年で現役生活に別れを告げた。それ以降の10年間はサラリーマン生活を送っていた。

 そんな原に高校時代の後輩から声が掛かる。

 「先輩、うちの駅伝を強化することになったのですが、監督をしてみませんか?」

 とはいえ、青学大は箱根から28年も遠ざかっていた。原によれば「ゼロからというよりもマイナスからのスタート」。箱根出場を果たしたのは監督就任5季目だった。

 「上意下達の指導では、もう選手たちは付いてきません」

 伝統やしきたりを重んじる陸上界にあって、原は自他ともに認める「異端児」である。

 「通常、陸上界で頑張った方が監督になるのが一般的な流れだと思うんです。

 だけど、私は10年間、普通のサラリーマンをしていました。世の中があって陸上界があることを知っている。

 世の中(サラリーマン)を経験させていただいたことが、今、陸上界で新しい風を吹かせていることにつながっている。私にすれば、普通のことをやっているだけなんですけどね」

 そして、こう続ける。

 「僕自身、そんなに真面目な学生じゃなかったから、今の学生たちの気持ちが分かる部分もある。ちょっと息抜きしたがっているな、遊びたがっているな、とか。要所要所でアドバイスできるのは昔の経験があるからです」

 手倉森しかり原しかり、ある意味“らしくない”指導者が好チームをつくっている事実に、時代のニーズを感じる。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る